マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. ビジネス
  4. 「18歳成人」への引き下げが起業に与える影響と可能性

「18歳成人」への引き下げが起業に与える影響と可能性

カテゴリ:
ビジネス

若者の起業意識の高さと今までの課題

2022年4月から、成年年齢が18歳に引き下げられました。私が主宰する起業18フォーラムにも、問い合わせが増えています。

18歳で成人とされることは、多くの方面に影響を与えそうです。とくに、今まで未成年とされていた10代での起業に大きなメリットがある反面で、懸念や新たに必要とされる支援もあります。

日本政策金融公庫総合研究所の調査によると、18歳から29歳までの36%が「起業経験がある」もしくは「起業に興味がある」と答えています。若者の安定志向が度々報道される中、36%という数字は想像以上に大きく、大変驚かされました。自立心があり、経済的にも社会的にも組織に依存しないバイタリティをもった若者が増えているとすれば、今後の日本にも期待できそうです。

18歳成人の引き下げによる3つのメリット

以前の20歳成人では、10代で起業するためには、必要な諸契約の度に親権者の同意書が必要であり、起業したくても本人だけでは自由にできない現実がありました。今回、18歳成人となったことで、その辺りの状況が変わってきます。

ひとつ目のメリットは、18歳になれば、自分の意志で起業できることです。「親への迷惑」という心の負担がなくなりました。

ふたつ目は、進路選択の幅が増えたことです。より早く起業に挑戦できることで、進学か就職かという二択ではなく、独立、あるいは「進学しながら起業」という進学と就職の中間点も選べるようになりました。

最後のメリットは、経済的に自立しやすくなったことです。賃貸契約や奨学金の契約も本人の意志のみで進められるようになりました。経済的な理由から学業や起業を諦めていた若者にも、自分で人生を選択できる機会が増えたのです。

18歳成人引き下げによる懸念と求められること

一方で、18歳成人になったことで懸念することもあります。18歳は行動力がある反面、社会経験が乏しいため、多くのリスクがあります。

初めての起業で成功する人は多くありません。失敗を繰り返す中で徐々にコツをつかんでいくものです。壁にぶつかった際の心のケアや孤立支援、お金の教育が必要になるでしょうし、軽い気持ちで起業に挑戦し、お金のトラブルに巻き込まれた若者を救済する仕組みも必要になるでしょう。

おわりに

起業に一番必要なものは、行動力と意志です。18歳成人の引き下げによって、行動力と意志をもっている若者にチャンスが増えたことは喜ばしいことです。

ただ、その輝かしい芽を伸ばすためには、型通りの行政からの支援だけでなく、行政と若者の橋渡し役、孤立している若者の発見など、様々なサポートが必要になります。成年年齢の引き下げは、幅広い層に起業の機会を与えてくれたのかもしれません。

新井一

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

起業コンサルタント

新井一さん(起業18フォーラム)

Share

関連するその他の記事

花見のスタイルが多様化⁈ 花見と学生起業を考える

春になると多くの人が楽しむ〝お花見〟は、家族と、あるいは気のあう仲間と、ときには会社のメンバーと。桜を囲む相手は違っても、花を見ながら春の訪れを感じたい人も多いでしょう。海外からも注目の、日本の誇るべき文化、花見。最近は新しいスタイルが増えているそうです。今回は新しい花見スタイルと起業について考えていきます。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

大学生が在学中に起業するメリットとは? 環境のよさを活かし成功をつかもう

しばしば注目される学生起業。学校施設を使えたり、同世代をターゲットにする場合、マーケティングし易いなどのメリットがあります。今回の記事では、学生起業のメリットとデメリットを解説。起業に興味のある学生は、一読の価値ありです。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

インターネット広告の効果的な使い方とは?

最近はフリーランスの方や、メルカリなどをきっかけにして自らインターネットで商取引する人も 増えています。自分で商いを行う際には、集客のために「インターネット広告を出稿したい、 でも莫大な費用がかかりそう」と考えている人も多いのではないでしょうか? 本記事では、「インターネット広告で効果を得るためにはどのくらいの費用をかければいいのか?」 解説していきます。

奥雄太

奥雄太さん

即戦力のWebマーケティング人材を育成するプロ

今年の目標を立てるだけでなく一年間忘れず達成させる方法とは?

年始に一年の目標を立てる人は多いと思います。ですが、12月に「今年の目標は何でしたか?」と聞いて、覚えている人は半分くらいでしょうか。1月はやる気に満ち溢れ、「今年は●●する!」と意気揚々ですが、数か月も経つと「仕事が忙しくて」「やっぱり〇〇が落ち着いてから」などの理由(言い訳!?)が次から次に頭に浮かび、いつの間にかフェードアウトしてしまうのです。 せっかく立てた目標です。一体どうすれば、実際に行動に移し、達成感のある年末を迎えることができるのか、一緒に考えてみましょう。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す