マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. ビジネス
  4. 今年の目標を立てるだけでなく一年間忘れず達成させる方法とは?

今年の目標を立てるだけでなく一年間忘れず達成させる方法とは?

カテゴリ:
ビジネス

年始に一年の目標を立てる人は多いと思います。ですが、12月に「今年の目標は何でしたか?」と聞いて、覚えている人は半分くらいでしょうか。1月はやる気に満ち溢れ、「今年は●●する!」と意気揚々ですが、数か月も経つと「仕事が忙しくて」「やっぱり〇〇が落ち着いてから」などの理由(言い訳!?)が次から次に頭に浮かび、いつの間にかフェードアウトしてしまうのです。

せっかく立てた目標です。一体どうすれば、実際に行動に移し、達成感のある年末を迎えることができるのか、一緒に考えてみましょう。

達成可能な目標を立てる

目標を達成するには、何が大切だと思いますか? 行動を継続すること? 定期的に自分の行動を振り返ること? どちらも大切なことですが、何よりも重要なのは「達成可能な目標」を設定することです。今の自分に達成不可能な目標を設定すると、やる気を失う前に、「何をしたら良いのかがわからない」状態になり、「結果的に何もしていません」ということになりがち。私が運営する起業18フォーラムの入門セミナーに参加される会社員の皆さまにも、「世界平和」や「カーボンニュートラル」、「社会貢献」が起業の目的だと言われる方が少なくありません。確かに素晴らしい目標ですが、個人で達成できる具体的な行動まで落とし込まなくては、そこに向かっていくことすらできなくなってしまうでしょう。

目標設定時には、以下の3つのことを意識してみましょう。
1 ゴールが遠すぎないか
2 具体的な行動に落とし込めているか
3 達成したい理由が明確か

特に3つ目の「理由(Why)」も、とても重要です。私たちが「志」を持って行動するためには、「何をするか(What)」や「やり方(How)」だけでは足りません。「なぜそれをするのか」という想いが必要なのです。宣言した目標を早々に投げ出してしまう人の常套句が「仕事が忙しくなったので」です。しかしそんな人でも、ゲームや旅行、デートにはしっかり時間を割いていたり・・・。要は優先順位、目標達成への想いの差なのです。

目標を忘れないようにする

達成可能な目標を具体的な行動に落とし込み、優先的に時間を割く決意ができたら、その行動を継続するための準備をしましょう。例えば、以下の5つなどはいかがでしょうか?

1、常に見えている場所に目標を貼り出す
多くの人が、年末には年始に立てた目標を忘れてしまっていることから、まずは忘れないための工夫をすることが大切だと思います。ひとつの案として、常に目につくところに目標を書いておくのはいかがでしょうか?

例えば、モニターの背景として目標を表示させる。手帳の表紙に書いておくなどです。付箋を貼ったり、目標を書いたカードをお財布の中に入れるのも良いですが、いつの間にか無くなったり、一度も目に留まらなかったりする可能性もあります。常に視界に入る場所に貼り出しておく方が、自然と意識できるようになるでしょう。また、目標を忘れないようにするためには、文字だけでなく、写真やイラストなどにして、感覚に訴えることも有効です。

2、定期的に見直しをする
たとえ目標を覚えていたとしても、立てただけで放っておいては意味がありません。例えば、マラソン初心者が、フルマラソン完走の目標を立てたとします。頑張ればできるというものではないので、日々のトレーニングが必要でしょう。継続的にランニングをし、1か月後には10 km、3か月後20 km、半年後30 km・・・と、徐々に距離を伸ばしていくと思います。走りながら、タイムを縮めたり、より楽に走るための改善を行いながら、達成状況を見つつ、次のトレーニング計画を変更していくことになるでしょう。

このように、一度立てた目標は、定期的に達成状況に応じてアップデートすることも大切です。常に無理のない、少し努力すれば達成できるゴールに照準を合わせることで、投げ出してしまったり、結果、忘れてしまったりすることなく、進み続けることができるでしょう。

3、小さな達成感を積み重ねる
前述の定期的な目標のアップデートは、モチベーション維持に役立ちます。フルマラソン完走で初めて達成感を得るのではなく、途中の小さな成功でプチ達成感を積み上げることで、常に目標を意識し続けることができます。

4、自分に褒美をあげる
小さな目標を達成する毎に、ご自身にご褒美をあげてください。旅行でも、欲しいものを買うでも、好きなものを食べるでも、何でも良いと思います。それが楽しみなイベントとなり、自然に頑張れるでしょう。

5、性格によっては「ムチ」も用意
いわゆる「飴」だけでは甘えてしまうタイプの人は、思い切って「鞭」も用意しておくと良い場合もあります。ノルマを目上の人と約束したり、ブログで読者に宣言し、経過を定期報告するなども効果的です。

まとめ

他人との約束を守り続けると、信用が積み上ります。そして、自分との約束を守り続けると、自信がついてきます。ダイエットや筋トレに成功したことのある人なら、その感覚はすぐにお分かりいただけると思います。達成可能な目標を立て、自分のペースでコツコツと進んでいけば、誰もが望む未来に近づいていくことができます。諦めて投げ出してしまうこともあるかもしれません。ですが、それを繰り返しているようでしたら、今年こそ、このコラムを最後まで読んでくださった今こそ、そんな自分を変えていくきっかけにしてください。

今年を、達成感で溢れる、素晴らしい一年にしていきましょう!

新井一

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

起業コンサルタント

新井一さん(起業18フォーラム)

Share

関連するその他の記事

将来起業したいと考える新社会人にとって大事なこと

将来、起業することを見据えて就職する人が増えているのではないでしょうか。そこで今回は2022年の4月に新社会人となった皆さまに、「もし将来、起業したいなら、会社員時代をこう過ごそう」ということについて詳しく紹介いたします。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「18歳成人」への引き下げが起業に与える影響と可能性

成年年齢が18歳に引き下げられたことは、10代若者の起業に大きな影響を与えました。18歳成人の引き下げによる3つのメリット、一方で懸念されること、そして起業を考えるすべての人への新たな可能性についてお話しします。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

花見のスタイルが多様化⁈ 花見と学生起業を考える

春になると多くの人が楽しむ〝お花見〟は、家族と、あるいは気のあう仲間と、ときには会社のメンバーと。桜を囲む相手は違っても、花を見ながら春の訪れを感じたい人も多いでしょう。海外からも注目の、日本の誇るべき文化、花見。最近は新しいスタイルが増えているそうです。今回は新しい花見スタイルと起業について考えていきます。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

大学生が在学中に起業するメリットとは? 環境のよさを活かし成功をつかもう

しばしば注目される学生起業。学校施設を使えたり、同世代をターゲットにする場合、マーケティングし易いなどのメリットがあります。今回の記事では、学生起業のメリットとデメリットを解説。起業に興味のある学生は、一読の価値ありです。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す