マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 限定正社員制度を喜ぶ人、憂う人

限定正社員制度を喜ぶ人、憂う人

カテゴリ:
ビジネス

限定正社員のメリット・デメリット

限定正社員制度を喜ぶ人、憂う人

「限定正社員」という言葉は今年の春頃からよく聞かれるようになりました。この制度は、「アベノミクス」の成長戦略の一つとして捉えられています。では、限定正社員制度とはどのようなものなのでしょうか?

以前より「地域限定正社員」という働き方があります。これは一定の地域内でのみ配属することや、異動に制限を設けることを条件に契約する正社員のことです。勤務地が通勤可能な範囲内に限られ、原則として転居を伴う転勤がありません。「エリア総合職」や「エリア限定社員」と呼ばれ、特に大企業の人事施策として利用されてきました。

限定正社員も従来型の地域限定正社員と同じような制度であり、勤務地や仕事の内容を限定した「無期雇用契約の正社員」です。限定正社員のメリットとしては、「子育てや介護などと両立しやすい」「派遣社員やパートよりも待遇が良い」「仕事内容が変わらないため専門性を高めやすい」といったことが挙げられます。しかし、地域や仕事内容が限定されているだけに、事業所閉鎖や担当業務が無くなった場合は解雇の可能性が高くなることは否めません。

企業と派遣社員・パートは喜び、正社員は憂う?

では実際のところ、限定正社員制度が導入された際に、喜ぶ人、憂う人は一体誰なのでしょうか?まず、企業にとっては、勤務地や仕事内容を限定することで正社員よりも低いコストでの採用が可能となるだけではなく、限定された契約に見合った仕事が無くなれば契約解除を行いやすくなります。したがって、限定正社員を導入するメリットは大きいといえるでしょう。また、現在、派遣社員やパートとして働いている労働者にとっては、地域や仕事内容が限定された上での「無期雇用」は魅力的です。なおかつ、現状より待遇面が改善されると考えれば歓迎する人も多いと考えられます。

一方、現在、正社員で働く人たちはどうでしょうか?限定正社員という選択肢が新たに増えることで、何かしらの理由でその道を受け入れざるえない状況になれば、その後は契約内容によって職を失うリスクが高まります。雇用の安定度が下がるため、制度の導入に否定的な人も少なくないでしょう。

限定正社員制度の導入に関しては、企業側と労働者側の立場の違いや雇用形態などによってメリットとデメリットはさまざまです。ただ、今後ますます人材が流動化する世の中になっていくことは間違いありません。そのような中でも人々が安定的に仕事に就けるようにするためには、多様な働き方ができる制度・仕組みを整備していくことが求められるといえるでしょう。

成澤紀美

IT業界を元気にするSE出身社労士

成澤紀美さん(社会保険労務士法人スマイング)

Share

関連するその他の記事

在宅勤務でリモートセクハラが問題に。Web会議のためにテレワークマナーは必要?

在宅勤務が広まるとともに「リモートセクハラ」がSNS上に登場し、問題になっています。快適に在宅勤務を続けるための最低限のテレワークマナーとは?社会保険労務士の谷川由紀さんに聞きました。

谷川由紀

谷川由紀さん

働き方改革支援・アンガーマネジメントのプロ

流行り病を克服した後における組織の在り方について

新型コロナウイルスの影響で、働き方や組織の在り方が見直されているかと思います。戦隊ヒーローとして有名な「ゴレンジャー」をモチーフに、理想的な組織について紹介いたします。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で加速する「オンライン面接」 2021年卒の就活を成功させるには

企業では、説明会や選考をオンラインに切り替えて実施する動きが広がっています。「オンライン面接」の対策をはじめ、今年の就活を成功させるために必要なこととは。ライフキャリアカウンセラーの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

身体とココロの免疫力をアップしてコロナに備える

ウイルスについて正しく理解し、心と身体の両面においてどのように備えるべきかについてご紹介します。

内田朱美

内田朱美さん

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す