マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. オリンピックの禁煙対策。世界基準に追いつかない日本の法律規制

オリンピックの禁煙対策。世界基準に追いつかない日本の法律規制

カテゴリ:
法律関連

世界が注目するオリンピックにおける禁煙対策

日本で開催されているラグビーワールドカップは当初の予想を超えて、大いに盛り上がっていますが、来年2020 年にはさらなる盛り上がりが期待される東京オリンピック・パラリンピックを控えています。
これらの大会は「スポーツ」を通じて健康増進に取り組む契機となることが期待されています。
その観点から、国民の更なる健康増進のためには早急に受動喫煙防止対策の強化を図り、その実効性を高める必要があるのではないでしょうか。

我が国における受動喫煙による死亡者数は年間1万5000人、能動喫煙による死者は、年間12万~13万人に上るという推計があります。
日本の場合、喫煙はマナーの問題ととらえる人が多いのですが、そうではなく重大な健康問題としてとらえる必要があります。

世界的に遅れている日本の受動喫煙防止対策

平成 28 年 10 月厚生労働省が出した「受動喫煙防止対策の強化について」によると、原則建物内禁煙(喫煙室設置可)としましたが、多数の者が利用する施設内であってもその用途が個人の住宅と同様と考えられる場所(ホテルの客室等)については、新たな制度の対象外としました。

しかしながら、世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会(IOC)が日本に要望しているのは、あくまでも例外なき全面禁煙と考えられます。

世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会(IOC)は、「たばこのないオリンピック」を共同で推進することとしており、日本を除く近年の競技大会開催地及び開催予定地は、公共の施設や職場について、罰則を伴う受動喫煙防止対策を行ってきています。
(例)
・ ロンドン …建物内禁煙。
・ リオデジャネイロ …敷地内禁煙。
・ 平昌(韓国)…原則建物内禁煙。ただし、飲食店等では、喫煙室の設置が認められている。

以前より気になっていることは、「たばこ」についての我が国の対応の甘さについてです。
過去開催都市のロンドン、リオデジャネイロにおいては、会場のみならず、関係施設・ホテル宿泊施設等については建物内全館禁煙としてきました。

日本では、来年4月に改正される健康増進法で、建物内に喫煙所を置くことを認めています。
しかしながらこの施策はIOC、WHOが目指すオリンピックとは大きくかけ離れていると言わざるを得ません。
今からでも遅くありません。関係施設内の全館禁煙を検討してはどうでしょうか?

村井敏夫

独自の消臭トータルケアで悪臭を解決する臭気判定士

村井敏夫さん(日本消臭抗菌予防株式会社)

Share

関連するその他の記事

「やまゆり園」事件、判決で「主文後回し」が意味することとは

入所者と職員ら45人を殺傷した「やまゆり園」事件の裁判。青沼潔裁判長は、結論である主文を後回しにして、判決理由を先に読み上げました「主文後回し」となるのは、どのようなケースなのでしょうか。また、意味することとは。弁護士の小野寺雅之さんに聞きました。

小野寺雅之

小野寺雅之さん

刑事事件の弁護と被害者救済のプロ

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

転売目的でマスクを買い占め、インターネット上で高額で販売する「転売ヤー」の行為が社会問題となっています。高額転売は違法なのでしょうか?弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

政府が1月31日に、東京高検検事長・黒川弘務氏(62)の定年延長を閣議決定したことが、大きな議論となっています。検察官の定年延長に至った背景や問題点について、弁護士の田沢剛さんに聞きました。

田沢剛

田沢剛さん

法的トラブル解決の専門家

新型コロナウイルス感染症が拡大。「感染隠し」を筆頭とした会社と社員の間に生じるトラブルとは?

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。感染症に罹患したとき、それを隠して勤務する、体調が悪いことを知りながら業務を続けさせるといった「感染隠し」などの職場トラブルには、法的にどのような問題があるのでしょうか。弁護士の中村有作さんに聞きました。

中村有作

中村有作さん

損害賠償と労務関係のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す