マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 最新の婚活事情 30代の婚活はどのようにすればいい?

最新の婚活事情 30代の婚活はどのようにすればいい?

カテゴリ:
くらし

30代の婚活

今年も残り3か月余りとなりました。これから年末にかけて一番成婚が誕生する黄金期間となります。結婚希望の皆さんは、この流れに乗り遅れないように行動されてください。

いつかは結婚したい。そのいつかは永遠に来ないかもしれません。楽観視していても30代にさしかかると、気が付けば周りは皆結婚して子供がいて幸せな家庭を築いている頃です。

20代のころは、親も結婚の事を心配してくれたけれど、今は結婚の話はタブーになっている。それに加えて、そろそろ親の介護が心配になってきた。自分自身は疲れやすくやる気が起きなくなった。

このコラム読者の皆さんの中には、心当たりのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?心当たりがある方も、ない方も「結婚したい」と思われているのなら年齢は関係ありません。今からでも大丈夫です。その為にもしっかりと婚活市場の現状を把握しておきましょう。

最新の婚活事情

今は、婚活を始めるのは、20代からが普通です。そして20代の方は余りお相手に高い条件を求めすぎない傾向があり、すんなりと成婚される方が多いのです。それを考えると婚活を始めるのは、少しでも若く輝いている内がベターなのです。

だからと言って30代、40代からの婚活は難しいからあきらめたほうがいいのでしょうか?いえいえ、私が運営している相談室では40代から60代までの成婚が、実はとても多いのです。

ですから30代や40代でもあきらめる必要はありません。ただ、そこにはあなたに見合ったあなただけの戦略が必要です。大切なのはいくつになっても結婚したいなら結婚を諦めないこと。あなたに見合った戦略で活動すれば、結婚は諦める必要は全くありません。

婚活される方々はそれぞれ「理想像」を持っています。そしてその理想のお相手と結婚したいと思っています。本当に「理想のお相手」と結婚したいなら、もっとしっかりと現実を見ることも必要です。

婚活10箇条

さあ、結婚相手が見つかる「婚活10箇条」を学んでください。

1. 恋愛は素敵な人と、結婚は現実的な人としたい。
2. 自分がどんな人と合うか分からなかったらまず色々な人と会ってみよう。
3. 自分が会いたいと思う人がいない人は、自分もお相手から会いたい人と思われていない。
4. コミュニケーション力は、恋愛で磨かれる。
5. 人は、守る人がいると格段に成長できる。
6. 人は、恋愛をすることで成長できる。
7. お見合いに勝る出会いはない。
8. 幸せな結婚をしたいならまず、自分を大好きになる事。
9. 見栄やプライドは、 婚活の妨げになる。
10. 柔軟な発想は良いご縁を引き寄せる

上記の婚活10箇条の中で、自分で出来ることから始めてみましょう。どれも難しいことはありませんから。

「言い方上手は生き方上手」です。言葉には、言霊といってもの凄いパワーがあります。同じことでも、言い方を考えて言うと、角が立たず人間関係が良くなります。自分の発する言葉に愛情を持ち、言葉を磨いていると人生が豊かになり自然と周りに人が引き寄せられその中にあなただけの「運命の人」がいます。

ぜひあなただけの運命の人と素敵な出会いをしてください。

金井美枝子

年齢や状況に左右されず、成婚を引き寄せる仲人

金井美枝子さん(金井美枝子結婚相談室(日本仲人協会東京南支部))

Share

関連するその他の記事

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

営農型太陽光発電ビジネスコンサルタント

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す