マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. セレブ婚を目指しすぎての婚活疲れにはご用心!

セレブ婚を目指しすぎての婚活疲れにはご用心!

カテゴリ:
くらし

小泉進次郎さんの結婚が話題に

小泉進次郎さんと滝川クリステルさんとの結婚のニュースはもう先月のことで、今回は初入閣でメディアが賑わい、来年はベビーが誕生です。世間を楽しましてくれる政界のホープの追っかけの人の中には、あわよくば妻の座を期待しセレブ婚を夢見た方もいらっしゃるかもしれません。

長引く婚活疲れはどこからくるのか?

さて、私達の日常生活において新しい出会いは楽しみなものですが、一方で初対面ではお相手に気を使います。婚活は、そんな初対面どうしが、お相手に気を使いながら、何度も何度も異性との出会いを重ねていきます。

「ステキだなぁ」と思えた人にお申込みをしても断られる現実と「嫌な思いはさけたいな」の気持ちを持って初対面の方との出会いを繰り返していく現実と、かつては自分自身が思い描いていた「キラキラした未来」とのギャップが大きすぎて今の自分が受け入れられなくなることで精神的に疲れが出てくるのです。

こうなると、婚活を前向きに考えられなくなり、長引くと婚活疲れの始まりです。

婚活疲れにはどのように対処すればいいか?

婚活に「疲れた」と思ったら、違う何かを見つけてみましょう ! 婚活は、生涯一緒に生活をしていくお相手を探す活動です。お相手によっては、あなたのこれからの人生が「セレブ婚」に変わるかもしれないのですから、慎重になるのも、当然です。

女性は常に憧れを持って生きていくものです。今の自分の心に何もなくなり「疲れた」と思えるなら、一度キッパリ婚活をお休みしてみましょう。ただ、何となく婚活を続けていても、お相手からすると魅力的な人には見えません。婚活が忙しくて今まで出来なかった事など、新しく挑戦してみるのもグットだし、癒しを求めた旅に出てみるのもお勧めです。

癒しと言えば先日、映画館で「なるほどだなぁ」と感心したことがあります。私は通路から2席目でした、やがて上映されてクライマックスに差し掛かる頃、お隣の女性はハンカチを出し映画が終了までずっとシクシクモードでした。

確かに胸キュンの場面はありましたが、私は泣くまでではなかったのですが、察するところ、暗く人目につきにくい端の席は、ストレス解消の格好の場所なのかもしれません。そして、「泣く」という行為で心が癒されるのでしょう。「涙」は悲しみだけではなく、精神的な浄化作用もあると研究結果もあるようですから。

そう考えると、心を癒す方法って人それなりにあるものだと勉強になりました。

一人で悩みを抱え込まず相談できる相手を見つけましょう!

婚活の悩みはデリケートですから相談しにくいのも分かります。実は、悩みを相談する相手が居るだけで婚活はスムーズにいくものです。あなたをよく理解してくれるアドバイザーを探しアドバイスを受けてみましょう

私も仕事柄、色んなご相談をお受けしています。お話しを伺っていると、意外と皆さん気がついていない点があります。それは自分の本当の気質や性格など「素の自分自身」のことです。そして、ご自身の「素の自分自身」をもっと見つめることで「婚活疲れが楽になるのに」と思う時があります。

心理カウンセラー岩田明子さんの言葉です「本来の自分のまま生きることが難しく感じられるのも、他人からの抑圧や自分に合わない環境にいることなどにより、現在にいたるまでに蓄積された嘘の自分らしさと、本当の自分らしさとの境界線が、自分でもわからなくなっているからなのです。」

冒頭の「セレブ婚」は憧れる結婚かもしれないですが、それが本当の自分らしさの結婚なのかと自分自身に問いただしてみると、婚活がもっと楽になるのではないでしょうか。

田渕光玲

昔ながらの人情味溢れる仲人士

田渕光玲さん(わだちの会 結婚相談所)

Share

関連するその他の記事

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

営農型太陽光発電ビジネスコンサルタント

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す