マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 40歳からの運動不足解消 ストレッチの次は3分間のトランポリン!

40歳からの運動不足解消 ストレッチの次は3分間のトランポリン!

カテゴリ:
美容・健康
解決!アスクミー JIJICO

2018年3月30日の「40歳から運動不足解消は何から始めたら良いの?」コラムでは、初級編として「体をしなやかにするストレッチ」をご紹介しました。今回はその次のステップとして中級編に進んでいきましょう!

運動不足が続くと死につながるリスクが高まってしまう

40歳前後で中間管理職のポジションにつき、デスクワークがますます増え、
「ちょっと歩いただけでもすぐに疲れてしまう…」
「階段を上ると直ぐに息切れしてしまう・・・」
そんな体力低下に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

このような方は1日5000歩も歩かず、エレベーター、エスカレーターなどを利用し心臓や肺に負担をかけない日常のため心肺機能が衰え、全身の血液が循環していない状態に陥っている可能性があります。

長い間、この状態が続くと血管が硬くなる動脈硬化や血液ドロドロの状態による血栓が出来て脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞など最悪の場合には突然死にもつながります。

そんな不安を解消してくれる運動とは何でしょうか?

有酸素運動が血液をサラサラにしてくれる!

ドロドロ血液をサラサラ血液にするのに有効な運動とはウォーキング、ランニング、サイクリング、水泳、エアロビクスなど長時間継続して行える“有酸素運動”です。

ただし有酸素運動ってつまらない!面白くないから続かない!という声が多数あるのも分かっています。そこで、20分以上の有酸素運動が苦手な人は3分でも効果のある有酸素運動をご紹介いたします。

「3分トランポリン」がおすすめ!3つのメリット

それはトランポリンです。トランポリン運動には3つのメリットがあります。

1.短時間で体力が向上する!

~ジャンプ動作を繰り返すことで、全身の血液とリンパが循環し代謝が一気に向上します。心臓にも負荷がかかるため心肺機能の向上につながり、短時間でも体力の向上が望めます。

2.姿勢が良くなる!

~まっすぐ真上に飛ばないと、トランポリンから落ちてしまいます。そのため自然と体幹の筋肉が鍛えられ、姿勢改善に効果があります。

3.気持ちがポジティブになる!

~心と体は密接に繋がっています。人は落ち込むと俯き加減になり、嬉しい時は自然と上を向いたりジャンプしたくなります。そこで朝のテンションの上がらない時間帯にトランポリン運動をすることで自分の気持ちが前向きになります。この体も心もすっきりした状態で、仕事場に向かえば最高の1日のスタートを切ることが出来ます。

トランポリンの使い方・3分間メニュー

自宅でも簡単に出来る3分間メニューをお伝えします。

その場ジャンプ20回→左右開閉20回→腰をひねる20回→前後開閉20回→5回飛んだら90度回転→反対回し→スクワットジャンプ10回→片足ケンケン10往復

という動きをしてください。こちらの動画を参考にしてみてください。
【トランポリンエクササイズ】
https://www.youtube.com/watch?v=JP4iuqRe6Oc

3分間タイマーをセットして行いますが、きつい人は1分から始めてみてもOKです!直径90cmの自宅用トランポリンはインターネットでも4,000~5,000円という値段で手に入ります。立て掛けておけば、スペースを取られることはありません。

長時間の有酸素運動が苦手で続かないという人は、まずはご自宅で3分のトレーニングから始めてみることをおすすめします。

日高靖夫

40才からの体づくり専門家 パーソナルトレーナー

日高靖夫さん(株式会社Y'S BODY FACTORY)

Share

関連するその他の記事

介護予防のキーワードは「楽しく集える場を作る」こと。高齢化社会のいま、取り組むべきこととは?

高齢化が進む中、自治体などによりさまざまな介護予防の施策が実施されています。参加者の伸び悩みが課題になる一方で、多くの地域住民が集まり、介護予防への意識喚起に成功しているところもあります。その理由と事例について解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

冬に爪が割れる…保湿が爪先美人の第1歩。でこぼこや縦線の予防にも効果

冬になると爪が割れて、セーターやタイツなどにひっかかり、ストレスを感じることが多いですよね。その原因は爪の水分不足にあります。指先ケアの方法ついてご紹介します。

渡辺幸子

渡辺幸子さん

あなたの好きを幸せに変えるネイルと香りのスペシャリスト

人生100年時代にフィットネスブーム到来。ボディメイクだけではないその役割とは

働き方改革で、現役世代が自由に使える時間が増えたこと、75歳以上の医療費が窓口負担増になるなどを背景に「健康寿命を延ばしたい」と考える人が増えました。進化し続けるフィットネスクラブは、今後私たちの生活のなかでどのような位置づけになっていくのでしょうか。「40才からの体づくり専門家」でパーソナルトレーナーの日高靖夫さんに聞きました。

日高靖夫

日高靖夫さん

40才からの体づくり専門家 パーソナルトレーナー

マラソン愛好者必見!冬トレーニングで圧倒的レベルUPを実現する鍛え方

春の大会に向けてトレーニングを積んでいるランナーも多いかと思います。冬は、日が短くなるうえ、雪が積もるなど走れる時間なども限られてきます。しかし、上達し記録を伸ばすための鍛錬は走ることだけではありません。冬の間だからこそ取り組むべきトレーニングについてご紹介します。

八巻稔秀

八巻稔秀さん

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す