マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 入試で得点の不正操作、被害者には法的に何ができる?

入試で得点の不正操作、被害者には法的に何ができる?

カテゴリ:
法律関連
解決!アスクミー JIJICO

医科大の女性受験者減点問題に弁護団が結成

東京医科大学の入試に関し、大学側が意図的に女性受験者の点数を一律に減点していたことが物議を醸しています。この問題に対し、全国の弁護士が立ち上がり、「医学部入試における女性差別対策弁護団」を結成したことがニュースになっています。なお、女性の他にも3浪以上の受験者にも減点措置が取られていたようです。

大学側の一応の反論として、女性が育児により長時間勤務できなくなる、といったことを主張しているようですが、だからといって同意なく差別的に減点操作するというのは妥当ではなく、また主張そのものも現代社会の観点で考えると、時代錯誤そのもので呆れてしまいますね。この大学は、元々は裏口入学が問題となっており、大学内部に大きな問題を抱えていると言わざるを得ません。

不正に減点されていた被害者は法的に何ができるのか?

得点の不正操作につき被害を受けていたことが発覚した女性受験者、3浪以上の受験者はどういった対応が可能か検討します。

まず考えられるのは、大学が受験の合否判定に際して行った不利益な取り扱いが違法・不当であるということを前提として、損害賠償請求というものが考えられます。受験料の返還、慰謝料の支払いといった内容は請求可能であろうと思います。

また、得点の開示を求め、不当な差別がなければ合格していたという方の場合、合格資格の付与を求めるということも考えられます。もっとも、あえて入学したいという方は少ないかもしれませんが。さらに、差別がなければ合格していたという方については、仮に合格していたとすれば掛からなかった費用についての損害賠償という内容も考えられます。例えば、不当に不合格扱いとなり、浪人するのに予備校代などを支出したという場合、その代金を請求できるということです。

今後の徹底調査と不正に対しては厳しい措置が望まれる

今回の問題については、大学受験の採点のあり方について一石を投じたものと思われます。外部に公表している採点基準以外に表に出ていない裏の採点基準を設定している大学は、内心冷や冷やしているのではないでしょうか。

色々な報道をみていると、特定の医学部については特に女性が合格しにくい大学がほかにもあるということのようです。大学受験というものは、その人の一生を左右しかねない大きなターニングポイントです。この機会に、本腰を入れて調査し、不正のある大学には国から何らかの措置をとるなど厳しい態度で接していただきたいと思います。

河野晃

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

河野晃さん(水田法律事務所)

Share

関連するその他の記事

人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか

学校ごとに細かく制約が定められている校則。髪型や服装だけでなく、「本当に必要なのか」と合理性が疑わしい〝ブラック校則〟について、見直す動きが始まっています。法律家の立場から見た学校ルールづくりについて、河野晃弁護士に聞きました。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

織田信成さんがモラハラ被害を提訴。モラハラとパワハラの違い、職場のハラスメント対策とは

プロスケーターの織田信成さんが、関西大学アイススケート部の監督として在任中に、女性コーチからモラハラ行為を受けたとして大阪地裁に提訴しました。近年、相談件数が増えているという職場でのモラハラ行為。どのように対処すればいいのでしょうか。モラハラの問題に詳しい、弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「女性メガネ禁止」に疑問 職場で見た目重視のルールはどこまで強制できるのか

SNS上で大きな議論が巻き起こった「女性従業員のメガネ禁止」。「身だしなみ」の名のもと、企業が服装について細かく規定することは、問題がないのでしょうか。社会保険労務士の大竹光明さんに聞きました。

大竹光明

大竹光明さん

人事労務コンサルティングの専門家

「こども六法」が話題 いじめは法律の力で対処できるのか

いじめの解決に役立つようにと、子ども向けに法律をわかりやすく解説した「こども六法」(山崎聡一郎著、弘文堂刊)が、ベストセラーとなっています。法律を学校問題の解決にもっと役立てようという動きが広がっています。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す