マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 法律関連
  4. NHK放送受信料の時効をめぐる攻防 民法168条1項前段の時効とは

NHK放送受信料の時効をめぐる攻防 民法168条1項前段の時効とは

カテゴリ:
法律関連
解決!アスクミー JIJICO

最高裁がNHK受信料の時効適用に関して支払い義務は消滅しないと判断

先日、最高裁判所は、NHKが20年間受信料を請求していなかった事案で、その場合でも民法の時効は適用されず支払義務は消滅しないとの判断を初めて示しました。

NHKの受信料債権と民法の時効をめぐる法律問題はとても複雑です。少し整理してみましょう。

受信料という定期金債権に民法168条の時効が適用されるかが問題となった

今回、最高裁は、NHKの受信契約に基づく受信料債権が、いわゆる「定期金債権」にあたることは認めました。定期金債権というのは、ある期間、定期的にお金などを受け取ることを目的とする債権のことで、年金や恩給などがこれに当たるとされています。最高裁は、受信料も一定のお金を定期的にもらう以上定期金債権に当たるとしました。

定期金債権に当たる場合、民法168条1項前段の、「定期金の債権は、第一回の弁済期から20年間行使しないときは、消滅する」という規定が適用されるかどうかが問題となります。今回の裁判で、上告人は、NHKは20年以上受信料の請求をしていなかったのだから、民法168条1項前段によって消滅時効が完成しており自分に受信料を支払う義務はないと争いました。

最高裁は放送法の趣旨にかんがみて時効は適用されないと判断

しかし、最高裁は、受信料債権が定期金債権に当たるとしたにも関わらず、民法168条1項前段の時効の規定は適用されないと判断しました。そんな「払わなかった者得」を許せば、公平に受信料を負担させる放送法の趣旨に反すると考えたのです。

この点、法律にルールが書いてあるのに適用されないの?と不可解に思う人がいるかも知れません。ここが定期金債権のややこしいところで、定期金債権というのは、基本権と支分権という2つの権利に分かれます。基本権というのは「受信料を徴収できる根本的な権利」のことで、支分権というのは、この基本権から生み出される「毎回の具体的な受信料請求権」です。

こう書いてもわかりにくいと思いますが、民法168条1項前段の時効というのは、この定期金債権のなかの「基本権」の消滅時効について書かれたものです。仮にこの規定が適用され放送受信料の「基本権」自体が消滅してしまえば、NHKは毎回の受信料を請求する根本的な権利を失うことになります。

そうなると、NHKはこの上告人が今後将来も同じ場所にテレビを設置していたとしてもずっと受信料を請求できないということになるのです。最高裁は、それではあまりにも不公平だから、民法168条1項前段を適用するのはやめようと判断した、と理解してもらえればよいと思います。

民法168条はあまり適用されない傾向にある?

それにしても、そんな感覚的なことで、定期金債権の(基本権の)消滅時効について明確に規定しているように読める民法の規定を適用しなくてよいのか、という疑問は残ります。しかし実際には、定期金債権であっても民法168条が適用されるのは非常に稀であるのが実態です。日本の裁判所はできるだけ、あまりに大きな力を持ってしまう民法168条を適用しないようにしようとしている、といってもよいかと思います。

このように、今回は、放送受信料の中でも根本的な権利(基本権)についての時効が争われた事案でした。他方で、この基本権に基づく毎月(毎回)受信料請求、つまりは支分権に関する時効もこれまで争われています。

これについては、平成26年に最高裁が、民法169条により5年の消滅時効にかかると判断し、長年、時効が5年か10年かと争われていた問題に決着をつけました。そのため、冒頭の今回の裁判でも、NHKは上告人に対して、最後の5年分の受信料しか請求していませんでした。

少し複雑な受信料の時効に関する問題でしたが、ご理解いただけたでしょうか。

永野海

交通事故と債務問題のプロ

弁護士

永野海さん(中央法律事務所)

Share

関連するその他の記事

相続登記の義務化と手続きの簡略化で所有者不明土地の問題解決へ。放置物件の有効利用は進むか?

法改正で放置物件の処遇がスムーズになり、問題の解消が期待されます。現在、地方に空き家を所有している人、これから相続問題を考える人にとっては、どのような意味があるのでしょうか。司法書士・行政書士の能登ゆかさんに聞きました。

能登ゆか

能登ゆかさん

相談者の心に寄り添う司法書士

あっせん団体「ベビーライフ」廃業で問題に。特別養子縁組とは?海外に比べ養子制度が浸透しないワケ

特別養子縁組の制度とはどのようなものでしょうか。海外へのあっせんや出自情報の管理など、今後の課題は。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「同性婚の不受理は違憲」歴史的と言われる判決のポイントは?同性婚をめぐる法整備への第一歩となるのか?

同性婚をめぐる全国初となる判決が、3月17日に札幌地裁で出されました。裁判の争点や、判決のポイントを弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

銀行の認知症対応が柔軟に 家族が認知症になったら預貯金は引き出せる?お金の管理はどうすればいい?

家族が認知症になると、医療費や介護費など、お金のことも大きな問題となります。認知症に備え、家族が考えておきたいお金の対策を司法書士の池内宏征さんに聞きました。

池内宏征

池内宏征さん

次世代に負担ない相続対策「家族信託」の専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す