マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. ついつい「自分磨き」に奔ってしまう婚活の迷い子へ

ついつい「自分磨き」に奔ってしまう婚活の迷い子へ

カテゴリ:
くらし
解決!アスクミー JIJICO

「自分磨きの婚活スクール」がブームとか。本来、婚活とは、結婚活動を指しますが、なぜ結婚活動から自分磨き活動へ進んでいったかを考えてみました。

出会いより「自分磨き」に進んでしまう婚活方法の変遷

いまや就活のあとの「婚活」は常識になってきています。この「婚活」という言葉は、2009年の流行語大賞で世の中にデビューし10年あまり。世の中へ浸透率は高いようです。

十数年前まで『結婚相談所』や「仲人」も、地元密着でした。しかし「婚活」が広がるにつれ、多様化が進み、地域をお越えて様変わりしました。

婚活パーティーに合コン、ネット婚活や街コンと婚活の場も増えました。方法もまた大きく変化をしました。ハローワークで仕事を見つけるがごとく、自分自身でお相手を見つけることができる!これは大きな変化だといえます。元々、結婚相手は自分で見つけるものですが、以前は、相談所や仲人が間に入って精査をしていました。しかし今はその分、出会いの数がかなり増えました。「出会って理想のお相手を探す」という活動方法に変わりました。

そこに登場してきたのが、「もっと自分を磨いて、自分の会いたい人に振り向いてもらう
自分磨きスクール」、婚活スクールです。

理想の相手に出会いという欲求と現実の中で生まれる「自分磨き」

自己啓発的な部分、例えば外見磨きや内面磨き、スピリチュアル的なものまで、学ぶことから教示されるものまで幅広い。

これらは、結婚相談所などでしているメイク講座など出会いの場をうまくスムーズにするためのものとは目的が違ってきているようです。スクールに通うきかっけは、「結婚したい」という純粋なものからだと思いますが、「自分の理想の人に会いたい⇒もっと自分を磨く⇒理想の人に出会える」公式を信じ自己磨きを続け、延々と婚活を続けるようになる方もいるとか。

婚活の本来の目的に立ち返って考えてみよう

ここで、婚活という本来の意味に戻ってみると、結婚相手を探すこと。そこで大事なのが、将来の自分像、どんな風な結婚生活を送りたいか、どんな人生を送りたいのか、という事、このプランがなければ、まさしく婚活の迷い子でお相手選ぶはなかなか進まない。

若い頃の恋愛であれば勢いで結婚もできますが、20代後半からの出会いは「勢い」だけではなかなか難しいです。だからこそ、自分の人生プランと結婚は大きな結びつきが必要です。将来の人生設計の中でそれが必要なのかどうかを考えつつ、活動をする必要があるように感じます。

とはいえ、現実ばかりを突きつけられるのも、正直、意欲が減退してしまうこともあるかもしれません。理想と現実のちょうどほどよい「塩梅」をみつけることが肝心。理想を追いかけることに熱心過ぎたり、結婚活動と遠い学びが続くようであれば、今の活動の仕方に疑問をもつ客観的な視点も必要ではないでしょうか。この活動の目的は?あなたのキャリアプラン・将来設計は?今一度、振り返る時かもしれません。

自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子さん(M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター)

Share

関連するその他の記事

シニアの「家じまい」、終活で快適なセカンドライフを送るために大切なこととは?

リタイア後の身辺整理の際に、「家じまい」を選択することを終活のひとつにする人も。老後の家じまいについて、いつ頃から考えておくべきでしょうか。ファイナンシャルプランナーの土田茂さんに聞きました。

土田茂

土田茂さん

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

キャッシュレス決済の種類、ポイント還元のメリットは?迷える中高年に向けて仕組などを解説!

アプリによるQRコード決済が飛躍的に進み、スーパーやコンビニだけでなく、キャッシュレス決済対応の店舗が急速に増えています。セキュリティーの問題など、デメリットも含めた上での利用方法、使いこなす際の注意点などを、ファイナンシャルプランナーの平原憲治さんに聞きました。

平原憲治

平原憲治さん

顧客の性格に合わせた提案が得意なファイナンシャルプランナー

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す