マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 携帯キャリア各社のテザリング実質有料化。なんとなく腑に落ちない?

携帯キャリア各社のテザリング実質有料化。なんとなく腑に落ちない?

カテゴリ:
お金・保険
解決!アスクミー JIJICO

auが2018年4月1日からのテザリング有料化を発表

本年3月2日にKDDI(au)が、4月1日より行われるテザリングオプションに関する価格改定を発表しました。そもそもテザリングとは何でしょうか?ここでおさらいしておきましょう。

テザリングとは、英語の【tether】(=つなぐ)に由来する言葉で、主にスマートフォンをアクセスポイントとしてインターネットに接続することを指します。具体的には携帯電話会社(キャリア)の回線でインターネットに接続されている状態のスマートフォンをWi-Fiのアクセスポイントとして使い、PCやゲーム機その他のWi-Fi対応機器をインターネットに接続する際に使います。

これを使うことにより、例えば屋外のWi-Fiがない場所でもスマートフォンを経由してインターネットに接続することができます。

このテザリング機能は、今までは携帯電話会社のパケットパック(月額20GB、30GBなど)を契約していれば、その容量の範囲内にて実質無料で使えていたのですが、これが4月1日より有料となることが発表されたため、様々なところで意見が出ています。

実はもともとテザリングは月額1,000円程度の有料オプションだったのが、継続してキャンペーンを行っていて無料になっていたという背景があり、今回このキャンペーンが3月31日で終了することになったのです。

これはauとソフトバンクが発表しましたが、ドコモに関しては「まだキャンペーンは継続する」と言っていますので、しばらくは引き続き無料で使えるということになります。

同じ通信をするのに別料金がかかるのは違和感があるが、影響は限定的か

この状況に対して、「そもそも月額で数十GBという容量を購入しているのに、なぜ追加で費用を取るのか?」という意見があります。

この点について、キャリアの言い分としては、テザリングでの利用は「普通のスマートフォン単体での通信に比べて大容量かつ長時間使うことが多いので、ネットワークにかける負担が大きい」と説明しています。

しかし、現在ではスマートフォンも多機能となり、単体でも高画質の動画を見たりすることができます。そのような使い方ではネットワークにかける負担という意味ではあまり変わらないのに、別の機器を使うからといって別料金がかかる、というのはちょっと納得がいかない気分になりますよね。

一方で、テザリングをよく使う顧客層としては、「仕事で使うので通信費用は会社持ち」というケースも多いので、実際に有料化されても影響は限定的な気もします。

格安SIM系ならテザリング無料のところもあるので複雑な状況

ところで、最近大手3社のキャリアとは別のいわゆる「格安SIM」が売り出されていますが、大手キャリアの子会社であるUQ WIMAX、Y!Moblieなどもこれらを提供しています。

そして、これらの会社と契約すればテザリングを利用しても従来通りオプション料金などはかからないという一見矛盾したような状況があり、このことがさらに混乱を招いています。

今回の有料化の背景としては、大手キャリアにおける「通信費や通話料の定額化などで以前より収益性が低下してきたが、その反面、高画質動画や情報量の多いコンテンツが増えてきて、ネットワークにかかる負荷は急増している。」という状況があり、そのためのインフラ投資の施策と考えることができます。

ですから、比較的多くの通信帯域を使う人にはその分の料金を負担してほしいということで今回の措置となったと考えられます。

これまで無料でテザリングをしていた人は、キャリア見直しの機会かも

今後また状況が変わり、キャンペーンが継続されて無料に戻るかもしれませんが、テザリングをよく使う人には納得しづらい状態であることは確かです。

様々な選択肢がある今日、結果的に格安キャリアに移行する人が増えるのではないかとも考えられますが、最近では移行も比較的簡単にできるので、これを機会に適正な通信費について考えてアクションを起こしてみるのもいいと思います。

目代純平

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

目代純平さん(チェックフィールド株式会社)

Share

関連するその他の記事

住宅ローンの不安は誰に相談すべき?専門家に相談すれば不安は解消するか

マイホームの購入はワクワクする買い物でしょう。しかし、住宅ローンを組むことへの不安も大きいと推測します。住宅ローンについて相談できる場所は複数ありますが、それぞれ特色が異なります。3つの相談先の特徴や得意分野をご紹介します。

横山晴美

横山晴美さん

住宅購入を通して家計相談にも乗るFP

定年後も生活水準を下げないための心得とお金の貯め方、使い方

定年後も生活水準を下げないために「職業寿命」「資産寿命」の延命はもちろんのこと、余裕資金を生み出すための「自宅の活用」、早い段階で固定費削減です。

山下幸子

山下幸子さん

家計簿診断とライフプランニングのプロ

資産運用で注目!「iDeCo(イデコ)」のメリットと注意点

節税しながら資産運用できると注目の「iDeCo(イデコ)」。2017年に改正されより多くの方が使えるようになり、FP相談の場でもお客様の関心が高い制度です。「どんな仕組みなのか?」「利用する際の注意点は?」知っておきたいポイントをお伝えします。

今村浩二

今村浩二さん

女性が安心できる貯蓄プランをつくるプロ

ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき

「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

林朋寛さん

中小企業をとりまく法的問題解決のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す