マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 「時差通勤」は運用と従業員の自己管理能力が重要

「時差通勤」は運用と従業員の自己管理能力が重要

カテゴリ:
ビジネス
解決!アスクミー JIJICO

時差通勤を導入する企業、その狙いは生産性のアップ

残業時間の削減(労働時間の削減)のために「時差通勤」を導入する会社が出てきました。「時差通勤」とは、たとえば通常は9時から⒙時までで休憩1時間、つまり1日の労働時間が8時間だとしたら、各従業員の事情に応じて労働時間を10時から19時、あるいは8時から17時というように時間帯だけをずらすことを言います。1日8時間の労働時間は変わりません。

会社にはいろいろな部署があり、それぞれの部署が違う業務を担当しています。ある部署は、取引先の都合で午前中は問い合わせが多いけれど午後は少なくなるとか、別の部署では反対に朝は暇だけれど10時くらいから忙しくなってくるとか、業務の状況はさまざまです。

工場のように、9時にラインが動き始めて17時に止まるような職場では、従業員が一斉に出勤して一斉に終わって帰るのが効率的です。しかし、本社など総務や経理、営業などの部署が混在しているところでは、それぞれの業務に見合った時間帯に出勤したほうが生産性が上がる可能性はあると思います。

労働基準法では、始業(仕事を始める時間)と終業(仕事が終わる時間)は全従業員一斉にすることが原則ですが、「時差通勤」はその例外と言えます。他にも一斉出勤の例外として「フレックスタイム制」「変形労働制」があります。

時差通勤とフレックスタイム制は似ているけど異なる制度

「フレックスタイム制」は、1か月の労働時間を決めて、始業や終業の時間は従業員が仕事に合わせて決めることができる制度です。

具体的には、今月の労働時間が170時間だとしたら、ある日は11時から16時まで、ある日は8時から19時まで出勤したとしても、合計が170時間になればよしとします。開発や研究職など、作業ではなく従業員の知識や技術に依る職場で多く導入されています。

「変形労働時間制」は、あらかじめ仕事量に応じて、忙しい時期には労働時間を多くする、暇な時期には労働時間を短くすると会社が決めておく制度です。小売業など毎月の業務量が予測しやすい業種で多く導入されています。

運用面では定時制より複雑な面もあるので従業員の自己管理も重要

「時差通勤」「フレックスタイム制」「変形労働時間制」の目的は、労働時間の短縮です。運用がうまく行けばその目的は達せられますが、弊害もあります。

私は小売業の現場で、「変形労働時間制」で働く従業員の労務管理をやっていました。「変形労働時間制」は、通常の勤務よりも給料の計算、特に残業代の計算が複雑になります。

人によっては、出勤時間を間違えて遅刻や早出残業が発生してしまうこともありました。また、忙しい時期に10時間労働の日が続くとか、従業員の健康にもよくない働き方が許されてしまうこともあります。

こういった弊害を防ぐためには、「フレックスタイム制」も「変形労働時間制」も従業員一人一人の自己管理能力が非常に重要になってきます。

「時差通勤」も、従業員の一斉労働時間管理から出勤時間帯毎の管理になるので、少なからず人事管理の手間は増えます。

制度自体はいい仕組みですが、運用が始まれば予想できなかった不具合が発生することも予測されます。会社はしっかりとしたしっかりとした人事管理を行うのと同時に、従業員に「自己管理」を呼び掛けていくことも大切です。

小倉越子

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

小倉越子さん(小倉越子社会保険労務士事務所)

Share

関連するその他の記事

トヨタ社長の「終身雇用難しい」発言からも伺える、バブル世代の行く末!?

トヨタをはじめ、日本を代表する大手企業の経営者による、終身雇用の見直しの可能性を示唆する発言が、大きな話題となりました。終身雇用はなくなっていくのでしょうか。また、時代を見据えたバブル世代の心構えとは。

影山正伸

影山正伸さん

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

「#令和の就活ヘアをもっと自由に」P&Gの就活キャンペーンにみる企業の変化、令和の就活はどう変わる?

2021年春以降の卒業予定学生も大いに関心を持って見ていた今年の内定式。 会社説明会や面接の解禁日などを定める、いわゆる〝就活ルール〟が変わるなど、就活事情も大きな転換期にきているようです。 令和の就活事情について、ライフキャリアカウンセラーの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?

台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。

小川芳夫

小川芳夫さん

ファシリテーションの活用を支援するコンサルタント

人手不足解消に期待される「特定技能」制度の課題とは?

人手不足解消のために始まった「特定技能」制度。企業の期待も外国人の期待も大きいが、外国人の就労と企業の求人ニーズが結び付いていないことが現在の課題ではないか。

小倉越子

小倉越子さん

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す