マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. バレンタインデー、本命じゃない人への「義理チョコ」のそつのない渡し方

バレンタインデー、本命じゃない人への「義理チョコ」のそつのない渡し方

カテゴリ:
くらし
解決!アスクミー JIJICO

今年もバレンタインデーがやってくる

冬は次から次へと行事がある季節。お正月が終わったと思ったらもう、バレンタインデー商戦が始まっています。このバレンタインデー、愛する人に気持ちを表す記念日として世界各国で祝われています。

バレンタインデーが日本に定着したのは1970年代後半と言われますが、「チョコレートを贈ることで、女性から男性へ愛を伝えられる日」という日本独自のスタイルで習慣化してきました。このスタイルをオリジナルとして、本命でない人に渡す「義理チョコ」や女友達など友達同士で交換する「友チョコ」なども、今や馴染みある言葉になっています。

義理チョコを渡す際の3つのポイント

ビジネスシーンではこの「義理チョコ」、職場の上司への感謝を表すのに一役買ってくれる期待大です。また、男性社員とのコミュニケーション向上にもいいのでは?「義理チョコ」を渡す際は、次の3つの点に気を付けましょう。

1. 価格は1000円前後で十分です

高級な一品を贈る必要はありません。何千円もする高級なチョコレートは、相手の負担になるだけでなく、ひょっとして自分に気があるのかな?という期待を持たせかねません。あくまでも「義理チョコ」としての本分を守ることが大事です。「皆さんに配っているのですよ」とアピールすることを忘れずに。日頃お世話になっている上司、先輩、同僚に、同じぐらいの金額で同じようなチョコレートを渡すようにしましょう。

2. 早く出社して机に置いておきましょう

「義理チョコ」は、渡すタイミングが大事です。職場の1日が始まってしまうと、忙しさに紛れて渡しそびれてしまう可能性も。

みんなよりも少し早く出社して、机の上に置いておきましょう。そうすることで、「義理チョコ」が公になるというメリットもあります。

また相手の人にとっても、「義理チョコ」をもらったことを職場で話すきっかけになるので、良いムードで1日をスタートできます。逆に人目につかないところで渡したり、業務終了後に渡したりはNG。こそこそしているような印象を与え、予期せぬ噂の素になり兼ねません。

3. 必ず一言、手書きのメモを添えて

チョコレートには、手書きのメモを添えて贈りましょう。「いつもお世話になり、ありがとうございます。○○より」だけでもいいのです。

デジタルの時代だからこそ、手書きの文字に感謝の思いが映されるというもの。とはいえ長文だと、「義理チョコ」の手軽さが消えてしまいます。

感謝の言葉を入れるにしてもひと言ふた言を意識して。またメモやパッケージはいわば「見た目」です。「見た目」が美しく整った姿であることも贈りものとしての必須条件。持ち運びの際に汚れたり、破れたりしていないか気を付けましょう。

義理チョコは職場のコミュニケーション手段として活用できるかも

若い世代の人は驚くかもしれませんが、ひと昔前までは日頃の感謝を表すのに、職場の上司にお中元・お歳暮を贈ることが、さほど珍しいことではありませんでした。

以前と比べ働き方や職場の環境が多様化するにつれ、お中元・お歳暮の習慣は減ってきたようです。世の中がカジュアル化してきたといえる今の時代、「義理チョコ」は上司や職場の人に感謝を表すギフトとしての手頃な口実になるのではないでしょうか。

職場のコミュニケーションは人と人との関係が基本です。良い空気を作り出すひとつの手段としてうまく活用して下さい。

城戸景子

外見とマナーを仕事の即戦力にするイメージコンサルタント

城戸景子さん(STUDIO STELLA)

Share

関連するその他の記事

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

30分で5品も作れるハロウィンレシピ!

ようやく暑さもおさまり本格的な秋ですね。そして、ここ数年大いに盛り上がりを見せているのがハロウィンです。そこで今回は、私が運営している料理教室bonnecuisineでも好評を博した、わずか30分で5品もハロウィンレシピが作れる方法をご紹介いたします。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

増税前に買いだめした日用品や化粧品。ストック品の収納場所に困ったいまこそ意識を変えるチャンス

10月1日からの消費税アップの前に、少しでも、家計の負担を抑えようと、食品以外の細々とした消耗品などを、大量に購入してしまったという人も多いはず。普段は目につくところに置かないそんな大量のストックが、家の中を占領していませんか。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

子どもの反抗期、秋の夜長におふとんができることとは?

夏休みや大型連休も終わり、「子どもたちには、そろそろ落ち着いて学生生活を送ってほしい」と願う保護者も多いでしょう。口数も減った難しい年頃の子どもに、親として何ができるでしょうか。

米田創

米田創さん

その人にあった寝具で快眠へと導くプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す