マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 法律関連
  4. 相続でトラブルにならないために事前に家庭内で準備すべきこととは?

相続でトラブルにならないために事前に家庭内で準備すべきこととは?

カテゴリ:
法律関連
解決!アスクミー JIJICO

年末年始といえば、帰省してご実家に戻られる・あるいは親戚の方と会う機会が増えることが多いのではないかと思います。久々に会って親や親戚の遺産の話で出てきてトラブル勃発・あるいは再燃、ということをしばしば聞きます。超高齢化社会で、寿命が延び・その間に介護問題も出てきて、それがのちに相続トラブルにつながるケースも見られます。

相続でのトラブル発生を防ぐためには?まずは財産の把握から!

それでは、こういったいざ相続になったときにトラブルにならないように事前に家庭で準備できることといえば、どういったことがあるでしょうか?ここでは一番身近な親族である、親にまつわる相続トラブルを防ぐという観点からみてみます。

まずは、親の財産の棚卸しをしてみたり、負債を含めて財産目録を作ってみる・相続関係図を作ってみることで、将来相続が発生したときどんな問題が出てきそうか、あらかじめ予測してみるとよいでしょう。

最近は市販のエンディングノートや遺言書キットに財産一覧や相続関係図が作成できるようなものが付いていたりしますので、そういったものを利用するといいです。

特に親の財産に不動産があって、

  • 将来空家になる可能性がある
  • 山林で誰も継がない可能性がある
  • 親の代かそれ以前から遺産分割されないままになっている不動産がある

というような場合は、今後どうするか事前によく家族で話し合いをしておくべきでしょう。

財産管理のための任意後見・法定後見制度の活用も視野に入れよう

相続に関連してのトラブルでありがちなのが、相続人の一人が何ら権限なく事実上親の財産を管理していて、その間のお金に使途不明金があるときです。

一番いいのは、まだ親が元気で、自分の財産管理ができているうちに、将来誰に財産の管理を託すか決めてもらい、財産管理の委任契約や任意後見契約(将来親が認知症などになったとき委任を受けた人が家庭裁判所に申立をして監督する人を選んでもらうというもの)を作っておくことでしょう。

任意後見契約の場合は必ず公正証書を作成し登記をすることになりますから、あとあと財産管理に関するトラブルを防ぐには一つの方法だと思います。ただ、任意後見の場合、親が判断能力が低下しても後見監督人という人の選任なくずるずると財産管理が行われるケースがありますので、委任を受けた人に任せきりにしないことが必要です。

親がすでに任意後見で行うのが難しいときは法定後見制度によることになります。親族によるお金の管理をめぐる問題が多い現状から、親族が後見人等になることが認められなかったり、後見制度支援信託制度といって、日常使用しない一定額を信託銀行等に預けることを前提とされることが最近は増えています。

相続対策のための遺言書作成も重要

他方、将来相続トラブルになりそうな場合には、遺産の処分などについてあらかじめ親が元気なうちに遺言書の作成をしておくことで少しでもあとの紛争を予防できる場合があります

よくあるご相談で相続トラブルになりやすい事例としては、

  • 再婚などしていて家族関係が複雑な場合
  • 相続人の間の仲がもともと悪かったり、相続人の配偶者が口出しする可能性がある

など、将来不和が生じる可能性がある、などが挙げられます。

ですから、こういったケースに当てはまる場合には、親に遺言書を作ってもらうことを検討するのも必要です。

遺言により、それぞれの実情にあった形で財産の処分ができますし、財産を残す人の想いが尊重され、紛争が防げるとも言われています。

よく利用されるのは公正証書遺言(公証人の前で話し、作成してもらう遺言)と自筆証書遺言です。それぞれのメリット・デメリットがありますので、 遺言者を作成する人のニーズに応じてケースバイケースでどういった形で遺言書を作るのがいいか決めることになります。

いずれにせよ、紛争防止になる遺言書でないと作った意味がなくなるので、内容はよく吟味する必要があります。また後で遺言書に書かれた内容に不満が出たりすることを防ぐ上でも、家族でよく話し合っておくことも大事です。

片島由賀

逆風を追い風に変える弁護のプロ

弁護士

片島由賀さん(勁草法律事務所)

Share

関連するその他の記事

その音楽アプリも違法? 悪質なリーチサイト・リーチアプリを規制する改正著作権法が10月1日施行。リンクの投稿も規制対象に?

違法コンテンツに誘引する「リーチサイト」「リーチアプリ」に関する規制が10月1日に施行。今後ユーザーが気をつけるべき点とは? 弁護士の拾井央雄さんに聞きました。

拾井央雄

拾井央雄さん

知的財産や技術系法務に強い理系出身の法律のプロ

「嵐」チケット高額転売の女性に有罪判決 「チケット不正転売禁止法」とは

人気アイドルグループ「嵐」のコンサートの電子チケットをSNSで高額転売で有罪判決。「チケット不正転売禁止法」で違法とされる行為などを、弁護士の河野晃さんに聞きました。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

リツイートしただけで権利侵害に? ツイッター投稿画像の自動トリミングを巡る判決が話題に。今後ユーザが気を付けるべき点とは

ツイッターのタイムライン上で発生する「画像の自動トリミング」を巡る判決が、ネットユーザの間で注目されています。今後ユーザが気をつけるべきポイントついて、知的財産権とIT分野に精通する、弁護士の内田誠さんに聞きました。

内田誠

内田誠さん

知的財産権とIT分野における「技術×法律」を得意とする専門家

気になるCM「あげるくん」で認知度増?改正著作権法が海賊版対策強化として施行 違法ダウンロードの対象や罰則は?

違法にアップロードされた著作物へのリンク情報を掲載し、海賊版に誘導する「リーチサイト」の規制も盛り込まれています(2020年10月1日に施行)。改正により、どのような行為が違法となるのでしょうか。罰則は。弁護士の得重貴史さんに聞きました。

得重貴史

得重貴史さん

国際法務・知財に豊富な経験とスキルを持つ弁護士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す