マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. こう伝えればカドが立たない!飲み会の上手な断り方と注意点

こう伝えればカドが立たない!飲み会の上手な断り方と注意点

カテゴリ:
くらし
解決!アスクミー JIJICO

上手な断り方は「仕事」「体調」「家族」の3つがある

これからのシーズン、忘年会や新年会で飲み会に誘われることも多くなるでしょう。そんなときの「上手な断り方」を知らないでいると、のちの人間関係にも大きな支障をきたしてしまうことがあります。

そこで今回はそんなあなたに飲み会を断る3つのルールをお教えしましょう。1.仕事 2.体調 3.家族 を理由に断ると相手にも失礼がなく自身も追い込まれることがありません。

例えば、
「今日までに仕上げる原稿がまだできていません」
「先日から体調がすぐれず回復させたいと思っています」
「両親が○○から来ます」
「娘が久しぶりに帰ってくるのですよ」などがあげられます。

「嘘も方便」という言葉がありますが、これは禅の世界の言葉で「相手も自分も幸せでいるための嘘」のことを言います。

いやいや参加して奪われた自分の時間が惜しくて人を責めたり、飲めないお酒を飲んで体を壊しては何にもなりません。どうしても行けないと思ったならば「相手も自分も幸せになれる断り方」で心身の平安を保ちましょう。

ただ飲み会は「親睦を深め、より良い交流につなげる」というのが目的です。それを忘れてはいけません。少しの時間でも出席する方向で考えることが望まれます。

「一言目で断らないこと」「誘ってくれたことへの感謝」が重要

それでは最後に飲み会に誘われて一番気を付けなければいけない注意点は何でしょう。「一言目で断らない」ということです。

まず誘ってくれたことに感謝する言葉を言います。
「誘ってくれてありがとう」そしてあなたの気持ちを言います。
「私もとても行きたいです」「ただ・・・」とお断りの言葉につなげます。

これを言うか言わないかで事態は180度変わってきます。
「クッション言葉」と言って大きな衝撃を避けるための必須言葉になりますので必ず言うようにしましょう。

「2度と誘うものか」と思われないことが重要です。

そして最後に「今度はぜひ参加しますのでまた誘ってください」という言葉も忘れないようにしましょう。

このように自分の要求を正しく伝えられるスキルはコミュニケーション能力に欠かせません。会話の基本に「要求は伝えたほうが必ず良い方向に行く」という原理も覚えておきましょう!

永田之子

コミニケーションカウンセリング、マナーと話し方のプロ

永田之子さん(トークナビ)

Share

関連するその他の記事

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す