マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 有休取得「3日増」政府目標、実施企業に助成も生産性向上がカギに

有休取得「3日増」政府目標、実施企業に助成も生産性向上がカギに

カテゴリ:
ビジネス

有休取得「3日増」政府目標に

政府は、2018年度の各企業の有休取得について、前年度比で「3日増」を目指す新たな目標を掲げる方針を固めました。
政府はまた、有休取得を増やした企業には助成優遇措置を講じるとしています。

政府が目指す「2020年に有休取得率70%」

厚生労働省の「就労条件総合調査」よると、有給休暇の2014年1年間の平均付与率18.1日、平均取得率48.7%、労働者1人当たりの平均取得率は8.8日に留まっています。
従業員規模別でみると、1,000人以上で平均付与率19.1日、平均取得率54.7%、労働者1人当たりの平均取得率10.4日に対し、100人未満では平均付与率17.0日、平均取得率43.7%、労働者1人当たりの平均取得率7.4日と、いずれも低く、特に労働者1人あたりの取得率では3日も差が開いています。
従業員規模が小さいほど代替要員に乏しく、有休が取得できない・取得しにくい就労環境であると予想されます。

大手企業では、年次有給休暇の連続休暇に奨励金を支給するなどし、自主的に有休取得率アップを目指していますが、多くの中小企業では企業の体力も強くなく、なかなかそうはいきません。

生産性向上のための仕組みとセットであることが不可欠

ただ単に有休取得を増やそうとしても簡単に増えるわけではなく、そこには生産性を向上させる仕組みとして、労働時間の短縮とも併せて検討するなど、働き方全体を変えていく仕組みを考えていかなければなりません。
この働き方を変えていくための施策に対して国は助成をすべきで、代替要員の確保する費用を助成し、実際に有休取得が一定日数以上増加できたら、次の施策を打つための費用を助成するなど検討して欲しいところです。

2017年度の厚生労働省関連の一部助成金では、一定の生産性要件を満たしていると助成額がアップされる仕組みになっています。
この生産性要件を、より多くの中小企業が達成しやすい要件にするなども、今後さらに検討をして頂きたいと考えます。

労働力が減少しているとされる今、企業の体力弱体化につながらないよう、単に有休取得を増やした企業に助成し優遇措置を講じるだけではなく、生産性向上のための施策とのリンクが必要不可欠ではないでしょうか。

成澤紀美

IT業界を元気にするSE出身社労士

成澤紀美さん(社会保険労務士法人スマイング)

Share

関連するその他の記事

在宅勤務でリモートセクハラが問題に。Web会議のためにテレワークマナーは必要?

在宅勤務が広まるとともに「リモートセクハラ」がSNS上に登場し、問題になっています。快適に在宅勤務を続けるための最低限のテレワークマナーとは?社会保険労務士の谷川由紀さんに聞きました。

谷川由紀

谷川由紀さん

働き方改革支援・アンガーマネジメントのプロ

流行り病を克服した後における組織の在り方について

新型コロナウイルスの影響で、働き方や組織の在り方が見直されているかと思います。戦隊ヒーローとして有名な「ゴレンジャー」をモチーフに、理想的な組織について紹介いたします。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で加速する「オンライン面接」 2021年卒の就活を成功させるには

企業では、説明会や選考をオンラインに切り替えて実施する動きが広がっています。「オンライン面接」の対策をはじめ、今年の就活を成功させるために必要なこととは。ライフキャリアカウンセラーの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

身体とココロの免疫力をアップしてコロナに備える

ウイルスについて正しく理解し、心と身体の両面においてどのように備えるべきかについてご紹介します。

内田朱美

内田朱美さん

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す