マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 今から持っておきたい 退職後インドアでできる趣味

今から持っておきたい 退職後インドアでできる趣味

カテゴリ:
くらし

インドア趣味をもっておきたい理由

cebd702f35d7bf21b08e975015948320_m

部屋で、独りでできる趣味はあるでしょうか。
これから先、退職したあとに自宅にいると、「配偶者から煙たがられるから、なるべく外で何かを行いたい」、そう思っている人がいるかもしれません。
しかし、部屋でできる趣味を何かしら持っておくと、これから先、役に立つこともあるのです。
例えば、病気やけがで自宅療養しなければならないときや、病院や施設に入院等しているときなど、テレビやラジオなどを見聞きしたり、本を読んで過ごしたりしていても、ずっとそれが続くと飽きてしまうものです。
しかも、自由に動けない場合にはなおさらです。
もともとそれらが好きなら別ですが、長い期間その状態になると仮定した場合はどうでしょう。

かくいう筆者も、交通事故に遇ってヒザを骨折したとき、入院・その後の自宅療養などで、6ヶ月近く不便な毎日を過ごしました。
もともと出不精のうえ自宅でできる趣味がなかったため、最初はテレビを見たりパソコン作業や本を読んだりなど、外に出なくてよいのがうれしくさえ思っていましたが、次第に飽きてくるのです。
こうなると、なんだかつまらない毎日になり楽しくありません。
そのときに感じたのが、インドア趣味があったほうが楽しい時間を過ごすことができるのだろうなということです。

趣味を持っていないことを後悔する人

余命宣告を受け、終末医療の施設に入所している人の中には、趣味を持たなかったことについて後悔する人が多いとのこと。
もともと趣味のある人は、療養中でも趣味を続行したり見つけたりるなどして、その時間を有意義に過ごすことができますが、何の趣味も持たずに過ごしてきた人にとっては、何をしてよいのかわからない時間になり、あれこれマイナスのことを考えたり、気力を無くしたりしてしまいがちです。
そもそも、限られた時間を区切られているため、今から何か趣味を見つけようと思っても、それが思いつかなかったり見つからなかったりして、なぜ趣味を持っておかなかったかと悔やんでしまうのでしょう。

インドア・アウトドアどちらにしても、“趣味”を持っている人は、自分なりの時間を使うのが上手です。
よく、仕事人間で「仕事が生きがい」だった人ほど、退職後に何をしていいのかわからず、「生きがい」を失ってしまうと言われますが、そうならないよう、退職後のライフスタイルも考えておきたいものです。

趣味にかけるお金、作品の行方

コレクション的な趣味は、それを集めるためにお金がかかります。
まして集め始めると、あれもこれもと欲しくなり、それなりの支出を伴うものです。
しかし、その集めたコレクションは、自分にとっては宝物であっても、他人から見たらガラクタでしかない場合もあります。
現実的には、これらのモノは本人が死亡したときに、最終的にどのように処分してよいのか悩むケースが多いのです。
また、お金をかけない趣味でも、「作品」を作る場合には、その作品をどうするのかまで併せて決めておくと家族は助かります。

退職後に使う時間は、仕事をしていた時間相当分をどのように使うのかということでもあります。
「自分の人生」という“時間”を有意義なものにするために、何かしらの趣味を持っておきたいものです。
その中に、お金をかけず、部屋で、独りでできる趣味も1つは持っていると、いざというときにも役立ちます。

明石久美

窓口1つで老後、葬儀、相続・死後整理をサポートするFP

明石久美さん(明石シニアコンサルティング)

Share

関連するその他の記事

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す