マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. ブラック産業医が社会問題に 産業医の果たすべき役割とは?

ブラック産業医が社会問題に 産業医の果たすべき役割とは?

カテゴリ:
ビジネス

従業員解雇に力を貸すブラック産業医が社会問題に

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_m

「ブラック産業医」と呼ばれる人が問題になっています。
「ブラック産業医」とは、会社と手を組んで、従業員の解雇に力を貸す産業医のことです。
具体的には、「産業医」が、「この健康状態では勤務に耐えることができない」と独断で診断して、それを理由に会社が従業員を一方的に辞めさせるといった行為に加担する医師です。

産業医の果たすべき役割

もそも「産業医」とは何でしょうか?
「産業医」とは、50人以上の従業員がいる事業所(会社)では、必ず置かなくてはならないと法律で決められている医師のことです。
一般的には、会社と業務委託契約を結び、健康診断の結果に対する所見を述べたり、安全衛生委員会に出席して意見を述べたりなど、従業員の健康管理をするのが主な仕事です。

私も、会社で労務管理をやっていたときには、産業医とつきあいがありました。
一人暮らしの若い従業員が急に具合が悪くなったときなどは、時間外診療に応じてくれたり、精密検査が必要な従業員には大きい病院を紹介してくれたりと、力になってくれる医師でした。
一方で、産業医と、体調を崩した従業員の主治医との見解が違い、対応に苦労したこともあります。
特に、長期間休んでいた従業員の復職面談では、様々な問題が発生しました。
例えば、従業員当人は一日も早い職場復帰を望んでいるのにもかかわらず、なかなか産業医との面談の時間が取れなくて、無駄に会社を休むことになってしまったり、主治医は復職可能と診断したのに、産業医が復職不可能と判断して、職場復帰が先伸びになってしまったりしたケースなどです。
このような場合、会社としては、産業医の意見を優先するので、従業員には我慢してもらわざるを得ませんでした。

産業医の責務は、従業員の健康を守ることですが、医療の全ての分野を熟知しているわけではありません。
特に、メンタル疾患となると、専門外の産業医が多いので、産業医としてもリスクを避けたいがために慎重な対応を取っていたようです。

会社と協力し従業員の雇用継続を支援するのが産業医の役目

29a2a61a6af0f548bbe4c67d7e627b81_m

しかし、冒頭に書いたような「ブラック産業医」の行為は、許されることではありません。
メンタル疾患や難病を抱えるなどの従業員を、会社と手を組んで退職させるのではなく、会社と協力して従業員の雇用継続を支援するのが産業医の役目だと思います。

ある会社の従業員が癌にり患し、長期入院後復職する際に産業医と面談をしました。
その時産業医に、「困ったことがあったら、何度でも面談する。負担がかかるような勤務状況になったら、こちらから会社に助言する」と言われて、とても安心したそうです。その人は、り患して2年たった今も元気に勤務しています。

産業医に支払う報酬は、とても高額です。
医師なら誰でもいいというわけではなく、会社は信頼できる「産業医」を選び、従業員のために活用することを考えなくてはいけません。

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

小倉越子さん(小倉越子社会保険労務士事務所)

Share

関連するその他の記事

ウーバーイーツで話題のギグワーカーは自由な生き方を後押しできるか?

ここ数年「ギグワーカー」という働き方を選択する人が増えています。まだまだ耳慣れないギグワーカーとはなんなのか、起業支援キャリアカウンセラーの新井一さんに聞きました。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ(運営・ペッパーフードサービス)」の店頭に張られた一瀬邦夫社長直筆の「お願い文」がネット上で話題になっています。なぜ炎上を招いてしまったのでしょう?ブランディングの点から解説します。

堀田周郎

堀田周郎さん

企業や個人が気づいていない魅力を引き出すブランディングのプロ

イトーヨーカドー、パルコなど元日の計画休業を発表。働き方改革による業績への影響は?

働き方改革の一環で、年々元日の計画休業を実施する企業が増えています。イトーヨーカドーやパルコなども2020年より実施を発表しています。年始商戦による業績への影響はないのでしょうか?

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

大阪府庁がPC強制終了で残業削減、働き方改革で「ジタハラ」?メリットはあるの?

大阪府が残業抑制のために終業時間後の午後6時30分に、職員のパソコンの電源を自動的に切るしくみを来年度中に導入すると発表しました。「ジタハラ(時短ハラスメント)」が生まれる可能性はないのでしょうか。社会保険労務士の影山正伸さんに聞きました。

影山正伸

影山正伸さん

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す