マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. テロ等準備罪法案国会提出 準備で処罰や冤罪懸念など問題は山積み

テロ等準備罪法案国会提出 準備で処罰や冤罪懸念など問題は山積み

カテゴリ:
法律関連

共謀罪新設法案を与党が国会に提出

1dc7a9a5c015781130b61d19506c3784_m

平成29年3月21日に共謀罪新設法案が閣議決定されたのを受けて,与党では今国会中の成立を目指すことが確認されたとの報道がなされました。
この共謀罪新設法案は,組織的犯罪処罰法に「テロ等準備罪」を創設するもので,①組織的犯罪集団の活動として,②組織により行われる重大な犯罪の遂行を2名以上で計画した場合にあって,③計画に係る犯罪の実行のための資金又は物品の取得等の準備行為が行われたときに処罰するものとされています。
この法案について指摘されている主な問題点について解説してみます。

共謀罪新設法案は基本的人権の尊重を蔑にする恐れがある

まず,刑罰は,それ自体が重大な人権侵害となるため,刑罰権の行使が必要最小限度でなければならないこと(抑制的であること)は,基本的人権の尊重という憲法原理から当然に導かれるものです。
現行刑法が法益を侵害した行為(「既遂」)を処罰することを原則にし,「未遂」やその前段階の「予備」,さらにその前段階の「陰謀」を例外的に処罰しているのはその顕れです。
「予備」,ましてや「陰謀」が処罰されるのは重大な犯罪に限定されており,そうであるにもかかわらず,テロ等準備罪として処罰の対象とされる犯罪が非常に広範囲に及んでいるため,現行刑法の基本原則と相容れず,基本的人権の尊重という憲法原理を蔑にしてしまいかねないという問題があります。

準備で処罰や冤罪の懸念など問題は山積み

次に,処罰の対象とされる「組織的犯罪集団」,「計画」,「準備行為」といった犯罪の構成要件が明確ではないため,結局は,「犯罪を共同して実行する意思」を処罰することに繋がるといった問題があります。
これでは,外部から伺い知れない人間の内心を処罰することとなり,憲法で保障された思想・良心の自由を侵害しかねず,これを表現する自由さえも脅かされることになります。

しかも,「テロ等準備罪」などと呼称したところで,市民運動や労働組合活動等に対して適用されないなどとは法文上は読み取れず,捜査当局の恣意的な判断のもとに運用されると,戦前の治安維持法を彷彿させるような監視社会を招きかねないと批判されています。

そのほか,テロ対策とはいっても,どうしてこれまでの法律で対処できないのか,どうして広範な共謀罪の新設が必要なのか,どうして法定刑で一律に多数の共謀罪を新設する必要があるのかなどについて,国民が納得できるような説明がなされていないといった問題も指摘されているところです。

近代市民革命,二度の世界大戦といった歴史を経て,国家権力による人権侵害を可能な限り排除しなければならないと確信して創り上げられた立憲民主主義社会においては,共謀罪新設法案は,時代に逆行するものとの誹りを免れないのではないでしょうか。

田沢剛

法的トラブル解決の専門家

田沢剛さん(新横浜アーバン・クリエイト法律事務所)

Share

関連するその他の記事

ゴーン氏 犯罪人引渡し条約の締結がない国に逃亡 今後の行方は

年の瀬に世界をかけめぐった、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏が国外逃亡したというニュース。出国先であるレバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでおらず、日本の司法権が及ばないことから、身柄の引き渡しは困難を極めます。今年の4月に予定されていた初公判を含め、今後どうなるのでしょうか。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

名古屋・小5いじめで同級生が10万円以上要求 「恐喝」に当たるのか?

愛知県名古屋市の小学5年生の男児が、同級生6人から繰り返し現金を要求され、あわせて10万円以上を支払っていたことがわかりました。同級生の行為は「恐喝」に当たるのでしょうか。法的な責任は?弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか

学校ごとに細かく制約が定められている校則。髪型や服装だけでなく、「本当に必要なのか」と合理性が疑わしい〝ブラック校則〟について、見直す動きが始まっています。法律家の立場から見た学校ルールづくりについて、河野晃弁護士に聞きました。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

織田信成さんがモラハラ被害を提訴。モラハラとパワハラの違い、職場のハラスメント対策とは

プロスケーターの織田信成さんが、関西大学アイススケート部の監督として在任中に、女性コーチからモラハラ行為を受けたとして大阪地裁に提訴しました。近年、相談件数が増えているという職場でのモラハラ行為。どのように対処すればいいのでしょうか。モラハラの問題に詳しい、弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す