マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. ネットでのチケット転売はダフ屋行為ではない!?

ネットでのチケット転売はダフ屋行為ではない!?

カテゴリ:
法律関連

ダフ屋とは?

10fc2c3da09bcd3a74692a8d5f3088b2_m

ダフ屋ってご存じですか。
コンサート会場やスポーツ会場で「余ったチケットあるよ。」と声をかけ、非常に高額な値段でチケットを売る人です。
ダフ屋については、都道府県の条例あるいは古物営業法で処罰されるおそれがあります。

たとえば東京都では「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」第2条にダフ屋行為を禁止しており、「6月以下の懲役または50万円以下の罰金」と規定されています。
また、古物営業法第2条で「古物」について次のように定義されています。
「一度使用された物品(中略)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう」。
ですから今回のチケットのような新品のチケットでも売買、譲渡が行われたものは「古物」に該当し、この取引を「業」として、営利目的で反復継続して行うには「許可」が必要で、無許可で行うと罰則(3年以下の懲役または百万円以下の罰金)あります。(古物営業法2条、3条、31条)

チケット転売がネットでは堂々と行われている現状

ダフ屋行為というのは、あらかじめ不特定多数の者に転売する目的でチケットを購入し、これを転売する行為のことを言い、上記のとおり条例で禁止されています。
なぜ、これが禁止されるかというと「チケットがどうしても欲しい」という客の心理につけこんで、高額な値段で不当な利益を得ることになるからです。
ただ、ネットのオークションサイト、あるいは、チケット転売を目的とするサイトもあり、堂々とチケットが転売されています。
定価で転売されていることはなく、定価の数倍、激しい場合は数十倍の値段で取引されていることもあります。

ネットでのチケット転売も違法とされる可能性はある

ダフ屋とネットでは何が違うのでしょうか。
結論から申しますと、ネットでの転売でも違法とされる可能性はあります。
新聞等でも、あるアイドルグループのチケットを高額で転売し、多額の利益を得たとして古物営業法違反で逮捕されたとの報道もありました。

ダフ屋行為を規制する条例は「公共の場所又は公共の乗物において」転売することを禁止しており、ネットでの売買はこれには該当しないため、古物営業法違反での逮捕となったと思われます。
数枚程度であれば「あらかじめ転売目的で購入した」と認定することが難しいですが、
大量のチケットを高額で転売した場合は「最初から転売目的であった。」とダフ屋行為と認定されやすいのです。
ネットでチケット購入そのものが違法とは判断されなくても、主催者側は「転売されたチケットでの入場を拒否する」等チケットに記載している場合もあり、入場が拒否されることもありますから、十分注意が必要です。
主催者側としては、高額チケットの購入はファンに不利益になるとともに、そこで資金が枯渇したファンは会場でのグッズを購入しない等主催者側にも不利な事態を招くので禁止しているのです。
 

中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作さん(中村法律事務所)

Share

関連するその他の記事

ゴーン氏 犯罪人引渡し条約の締結がない国に逃亡 今後の行方は

年の瀬に世界をかけめぐった、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏が国外逃亡したというニュース。出国先であるレバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでおらず、日本の司法権が及ばないことから、身柄の引き渡しは困難を極めます。今年の4月に予定されていた初公判を含め、今後どうなるのでしょうか。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

名古屋・小5いじめで同級生が10万円以上要求 「恐喝」に当たるのか?

愛知県名古屋市の小学5年生の男児が、同級生6人から繰り返し現金を要求され、あわせて10万円以上を支払っていたことがわかりました。同級生の行為は「恐喝」に当たるのでしょうか。法的な責任は?弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか

学校ごとに細かく制約が定められている校則。髪型や服装だけでなく、「本当に必要なのか」と合理性が疑わしい〝ブラック校則〟について、見直す動きが始まっています。法律家の立場から見た学校ルールづくりについて、河野晃弁護士に聞きました。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

織田信成さんがモラハラ被害を提訴。モラハラとパワハラの違い、職場のハラスメント対策とは

プロスケーターの織田信成さんが、関西大学アイススケート部の監督として在任中に、女性コーチからモラハラ行為を受けたとして大阪地裁に提訴しました。近年、相談件数が増えているという職場でのモラハラ行為。どのように対処すればいいのでしょうか。モラハラの問題に詳しい、弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す