マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. ピコ太郎は「PPAP」が本当に使えなくなるの?

ピコ太郎は「PPAP」が本当に使えなくなるの?

カテゴリ:
法律関連

ピコ太郎さん安心してください

ピコ太郎は「PPAP」 鈴木壯兵衞0203_01 (2)

商標権の発生には特許庁による審査が必要です。特許庁の審査官が登録査定をし、その後、登録料を納めるという手続をへて、登録されて始めて商標権の効力が発生します。

PPAPは「審査待ち」というより、特許庁による「駆除待ち」の段階というのが正しいでしょう。
ベストライセンス株式会社の代表のU氏は、2013年に弁理士登録(登録番号10625)を抹消されています。
「弁理士会の秩序又は信用を害するおそれのある会員」として、弁理士法の規定による退会の処分を受けたのです。
この退会処分後の2014年頃から表1のように大量の商標出願をしていますが、その殆どは登録されず、駆除されつつあります。

2014年のU氏の商標出願6376件はすべて駆除され、特許庁(独立行政法人工業所有権情報・研修館)の検索サイトJ-PlatPatの情報としては存在しません。
2015年のU氏の商標出願6656件は、2件を残して他はすべて駆除され、2015年のベストライセンス株式会社からの商標出願8130件はすべて駆除されました。
2016年出願分については、約半数以上が駆除されつつありますが、この中にピコ太郎さんのPPAP等が含まれています。
しかし、まもなく特許庁によって、駆除されるのは時間の問題でしょう。

しかし、2014年の出願で駆除された出願の中には、その子、孫、ひ孫と第5世代以上まで分割出願して生き延びているものもあります。又、一旦駆除されたものも新たな出願として再出願しているものも有りますので、注意が必要です。

U氏は無駄な出願であることが分かっているはずである

弁理士登録時に5件の商標登録がU氏に許可されていますが、弁理士登録が抹消された後、表1に示したように、我が国の出願件数の1割となる大量出願をしたのにも関わらず、登録抹消直後の2013年に出願した2件しか登録されていません。
この2件は、名義変更され、現在はベストライセンス株式会社の登録商標に移管されています。

U氏は2010年頃から2014年頃まで大阪でベストフレンド弁理士試験受験ゼミナール解説講師をし、ベストフレンド知的財産検定対策ゼミナールも開設していたようです。
なお、「Best Friend」は、「弁理士資格取得講座における教授」等を指定役務とするU氏の5件の登録商標の一つです(商標登録第5610323号)。

特許庁は、2016年5月17日付けにて、U氏のしているような「手続上に問題のある出願は、出願の却下処分を行っています」との趣旨の注意書きを出しています。
特許庁は、「出願された商標が、出願人の業務に係る商品・役務について使用するものでない場合や、他人の著名な商標の先取りとなるような出願等は、商標登録されることはありません」との注意書きも出しています。

世界的に著名なPPAPが商標登録されることがないことは、弁理士資格取得講座の教授をしていたU氏が十分に理解しているはずであります。
PPAPが商標登録される確率は限りなく0%に近いのです。

鈴木壯兵衞

青森の新産業創出を支援し知的財産を守るプロ

鈴木壯兵衞さん(そうべえ国際特許事務所)

Share

関連するその他の記事

プロレスラー木村花さん急逝 SNSの誹謗中傷に対して法的にできることとは

女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで、5月23日に死去したことをきっかけに、ネット上での中傷が大きな議論を呼んでいます。法的に対処できることとは。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

ボビー・オロゴンさんが妻への暴行容疑で逮捕、外出自粛で増加のDVから逃れる方法は

全国の配偶者暴力相談支援センターに寄せられた4月のDVの被害相談が、前年同月と比べて約3割増え、1万3272件(5月22日発表、速報値)であったと発表しました。DVが心身に与える影響は。逃れるためにできる対策は。弁護士の中村伸子さんに聞きました。

中村伸子

中村伸子さん

家族関係のトラブルを解決する法律のプロ

コロナ感染で労災に認定される?全国で緊急事態宣言下でも出勤することの不安

新型コロナウイルスへの感染リスクがある中、通勤し、人と接しながら働き続けることに不安を感じている人は多いはずです。仕事をすることで新型コロナウイルスに感染した場合、労災として認められるのでしょうか。弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

4月1日施行された「配偶者居住権」とは? 相続税が激変する法律がスタート。手続きなど

2020年4月1日から、改正の柱の一つである「配偶者居住権」と「配偶者短期居住権」がスタート。「配偶者居住権」とはどのような権利なのでしょうか。相続について知っておきたいポイントを、弁護士の滝口耕司さんに聞きました。

滝口耕司

滝口耕司さん

遺産相続の問題をあらゆる観点から解決に導くプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す