マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 法律関連
  4. ピコ太郎は「PPAP」が本当に使えなくなるの?

ピコ太郎は「PPAP」が本当に使えなくなるの?

カテゴリ:
法律関連

ピコ太郎さん安心してください

ピコ太郎は「PPAP」 鈴木壯兵衞0203_01 (2)

商標権の発生には特許庁による審査が必要です。特許庁の審査官が登録査定をし、その後、登録料を納めるという手続をへて、登録されて始めて商標権の効力が発生します。

PPAPは「審査待ち」というより、特許庁による「駆除待ち」の段階というのが正しいでしょう。
ベストライセンス株式会社の代表のU氏は、2013年に弁理士登録(登録番号10625)を抹消されています。
「弁理士会の秩序又は信用を害するおそれのある会員」として、弁理士法の規定による退会の処分を受けたのです。
この退会処分後の2014年頃から表1のように大量の商標出願をしていますが、その殆どは登録されず、駆除されつつあります。

2014年のU氏の商標出願6376件はすべて駆除され、特許庁(独立行政法人工業所有権情報・研修館)の検索サイトJ-PlatPatの情報としては存在しません。
2015年のU氏の商標出願6656件は、2件を残して他はすべて駆除され、2015年のベストライセンス株式会社からの商標出願8130件はすべて駆除されました。
2016年出願分については、約半数以上が駆除されつつありますが、この中にピコ太郎さんのPPAP等が含まれています。
しかし、まもなく特許庁によって、駆除されるのは時間の問題でしょう。

しかし、2014年の出願で駆除された出願の中には、その子、孫、ひ孫と第5世代以上まで分割出願して生き延びているものもあります。又、一旦駆除されたものも新たな出願として再出願しているものも有りますので、注意が必要です。

U氏は無駄な出願であることが分かっているはずである

弁理士登録時に5件の商標登録がU氏に許可されていますが、弁理士登録が抹消された後、表1に示したように、我が国の出願件数の1割となる大量出願をしたのにも関わらず、登録抹消直後の2013年に出願した2件しか登録されていません。
この2件は、名義変更され、現在はベストライセンス株式会社の登録商標に移管されています。

U氏は2010年頃から2014年頃まで大阪でベストフレンド弁理士試験受験ゼミナール解説講師をし、ベストフレンド知的財産検定対策ゼミナールも開設していたようです。
なお、「Best Friend」は、「弁理士資格取得講座における教授」等を指定役務とするU氏の5件の登録商標の一つです(商標登録第5610323号)。

特許庁は、2016年5月17日付けにて、U氏のしているような「手続上に問題のある出願は、出願の却下処分を行っています」との趣旨の注意書きを出しています。
特許庁は、「出願された商標が、出願人の業務に係る商品・役務について使用するものでない場合や、他人の著名な商標の先取りとなるような出願等は、商標登録されることはありません」との注意書きも出しています。

世界的に著名なPPAPが商標登録されることがないことは、弁理士資格取得講座の教授をしていたU氏が十分に理解しているはずであります。
PPAPが商標登録される確率は限りなく0%に近いのです。

鈴木壯兵衞

青森の新産業創出を支援し知的財産を守るプロ

弁理士

鈴木壯兵衞さん(そうべえ国際特許事務所)

Share

関連するその他の記事

相続登記の義務化と手続きの簡略化で所有者不明土地の問題解決へ。放置物件の有効利用は進むか?

法改正で放置物件の処遇がスムーズになり、問題の解消が期待されます。現在、地方に空き家を所有している人、これから相続問題を考える人にとっては、どのような意味があるのでしょうか。司法書士・行政書士の能登ゆかさんに聞きました。

能登ゆか

能登ゆかさん

相談者の心に寄り添う司法書士

あっせん団体「ベビーライフ」廃業で問題に。特別養子縁組とは?海外に比べ養子制度が浸透しないワケ

特別養子縁組の制度とはどのようなものでしょうか。海外へのあっせんや出自情報の管理など、今後の課題は。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「同性婚の不受理は違憲」歴史的と言われる判決のポイントは?同性婚をめぐる法整備への第一歩となるのか?

同性婚をめぐる全国初となる判決が、3月17日に札幌地裁で出されました。裁判の争点や、判決のポイントを弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

銀行の認知症対応が柔軟に 家族が認知症になったら預貯金は引き出せる?お金の管理はどうすればいい?

家族が認知症になると、医療費や介護費など、お金のことも大きな問題となります。認知症に備え、家族が考えておきたいお金の対策を司法書士の池内宏征さんに聞きました。

池内宏征さん

次世代に負担ない相続対策「家族信託」の専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す