マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 遺贈寄付(レガシーギフト)~想いを叶えるためにやっておきたいこと~

遺贈寄付(レガシーギフト)~想いを叶えるためにやっておきたいこと~

カテゴリ:
くらし
キーワード:
相続税

遺産を寄付することへの関心が高まっている

野村資本市場研究所の推計によると、国内で相続される資産総額は年間50兆円強あるものの、遺言も相続人もないことから最終的に国庫に入ってしまう財産は、年間400億円にのぼります。

そんな中、遺産を寄付したいという、「遺贈寄付(レガシーギフト)」への関心が高まっています。
遺贈寄付(レガシーギフト)」を望まれる方は、おひとりさまの方、お子様がいないご夫婦、社会貢献に役立てたい方などが多く、今後も希望者が増えると予想されます。
実際に「遺贈寄付(レガシーギフト)」を利用するにはどうしたらいいのか、そのポイントと注意点を考えます。

遺贈寄付をするためにしておくべきこと

遺産を寄付するために、まずやっておきたいことは、情報収集です。
昨年、NPOや法律の専門家などが集まって、「遺贈寄付(レガシーギフト)」の普及に向けた「全国レガシーギフト協会」という団体が設立されました。
同協会は、「いぞう寄付の窓口」というインターネット上のサイトを立ち上げ、「遺贈寄付(レガシーギフト)」に関する情報発信をしています。ご自身の想いに合った遺贈をするために、あらかじめ情報収集をしておきましょう。

遺産を寄付するために、次にやっておきたいのは、遺言書の作成です。
遺言書は主に、ご自身で書く「自筆証書遺言書」と、公証役場で公証人という法律のプロが作成する「公正証書遺言書」の2つがあります。

「自筆証書遺言書」には、お金がかからない、すぐに作成できる、といったメリットがありますが、全部自分で書かなければならない、遺産の寄付を実行する前には、「自筆証書遺言書」の内容を確定させる裁判上の手続、「検認」をしなければならないなどの厳格なルールがあり、形式不備などがない有効なものを作成するにはハードルが高いと言えます。

「自分の財産を確実に、かつ余計な手間がかからないように、寄付したい」その想いをかなえるためには、「公正証書遺言書」を作成することをおすすめします。
「公正証書遺言書」の作成は、遺言者の口述により公証人が作成し、公文書として保管できることから、紛失や偽造などの心配はありません。
また、「自筆証書遺言書」と異なり「検認」を受ける必要もありません。
安心で確実な遺言書を作成するには、おひとりで悩まれずに、遺言書などの法律文書を取り扱う司法書士、弁護士などの法律の専門家に相談しながら作成するようにしましょう。
また、遺産を寄付するにあたって、相続税などの税務上の取り扱いにも注意しなればならないので、税理士などの専門家にも相談しましょう。

遺贈寄付のことを遺言執行者に伝えることが大切

遺産を寄付するために、最後にやっておきたいのは、「遺贈寄付(レガシーギフト)」のことを、ご家族や遺言の内容を実現する「遺言執行者」となる方に伝えておくことです。
「遺産を寄付したい」という内容の遺言書を作成しただけでは、想いを叶えることはできません。
将来的に相続人となる方や、「遺言執行者」となる方にその想いを伝えておかなければ、実際に社会貢献に取り組む団体などに遺産を寄付してもらうことができません。

また、「「遺贈寄付(レガシーギフト)」のことを話したいとは思うけど、直接口に出していうのはむずかしい」などの場合は、エンディングノートや手紙などにご自身の想いを記しておくことも一つの方法ではないでしょうか。
遺言書を作成し、ご自身の想いを伝えること…それが真に円満な「想族」の実現につながります。
遺産を寄付することで、社会貢献したいというお気持ちを持つのは、とても素晴らしいことです。
いろいろな団体や専門家の力を借りて、ご自身の想いを叶える「遺贈寄付(レガシーギフト)」を実現しましょう。

山口里美

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

山口里美さん(司法書士法人コスモ)

Share

関連するその他の記事

親の財産にかかる税金、死後の相続手続きをスムーズにするための準備とは

相続が発生すると、一般的には相続財産を相続人で遺産分割協議を経て分割しますが、相続にまつわる税金や手続きはどうなるのでしょうか?

泉田裕史

泉田裕史さん

黒字体質の会社をつくる税理士

自分のお葬式やお墓選び 元気なうちにできることとやっておくべきこと

お盆に帰省、お墓参りをして、自身の葬儀やお墓のことについて思いを馳せる事も増える時期です。生前の内に準備できること、やっておくべきことを解説します。

二上昌弘

二上昌弘さん

墓石から供養まで安心して任せられるお墓ディレクター

賃貸アパート増加の背景と問題点について

相続税対策などの理由から賃貸アパート建築が増加中。人口減が続いている日本において、需要予測や立地条件を見極めないと、後々空室率悪化に悩むことに。

屋形武史

屋形武史さん

住宅の将来価値を最大化する取得・活用をナビするFP

賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方

相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。

杉山夏子さん

お金の安心・安全を守るファイナンシャルスタイリスト

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す