マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 外食業界で24時間営業の見直し広がる その理由は?

外食業界で24時間営業の見直し広がる その理由は?

カテゴリ:
ビジネス

人手不足から外食業界で24時間営業の見直し広がる

大手ファミリーレストランなどが24時間営業をとりやめて話題になっています。
とりやめの理由は、深夜の客数減少もありますが、従業員が集まらないことも大きいようです。
深夜は、どんな業態でも従業員が採用できないのでしょうか。

私が人事労務管理を担当していた大型ショッピングセンターも、開店当初は24時間営業をしていました。
深夜の時間帯に、新規に従業員の募集をすると、大抵は採用予定人数よりも多くの応募があり、採用に困ることはありませんでした。

深夜時間帯の勤務を希望する人

深夜の時間帯を希望する人は、どんな人なのでしょうか。
意外と多いのが、子どもがまだ小さい人です。
夜は他の家族が家にいるため、子どもを家に置いて外に出かけることが可能です。
他には、昼間は家業を手伝っていたり資格試験の勉強をしたりしていて、空いている時間に働きたい人などがいました。

深夜に働くことの魅力は、何といっても高い時給です。
深夜10時から翌朝5時までは、法律上25%の割増賃金を上乗せして支払いますが、私が人事労務を担当していた店では時給自体も昼間の時間帯よりも高く設定していました。
例えば、昼間の時給が1,000円とすると、夜間は1.200円とし、さらに1.25倍すると1,500円になるので、効率的にお金を稼ぐことができます。
車通勤を認めていたため電車の心配もありません。
仕事内容は、お客の少ない時間帯のため商品補充などの作業が中心で、接客応対は少なくて済むなどの理由から人気があったのだと思います。

労働条件・労働環境次第で深夜時間帯の従業員確保は可能

しかし、開店から数年後、ほとんどお客の入らない時間帯は店を閉めようということで、営業時間を短縮することになりました。
このとき、深夜の時間帯に勤務していた人たちに勤務時間変更のお願いをしましたが、大半の人が難色を示し、中には「深夜に働きたいから」と退職していく人もいました。

ファミリーレストランなどの飲食店と違い、大きな店では深夜の時間帯にも従業員がたくさんいます。
少数の従業員に責任と負担を課すことなく、昼間の時間帯と同じようにチームで仕事をすることができます。
大きな店なら、急に休みが必要になっても代わりの人員を手配することができますが、従業員数人のお店ではそう簡単に休むことはできません。
また、大きいお店では、24時間警備員が駐在し巡回もしていますが、警備員が配置できないような小さなお店では防犯上の不安もあります。
駅近くの立地で、従業員のための駐車場が確保できないとなると、通勤も難しくなります。
働く人が少ない時間だからこそ、労働条件・労働環境を整えれば、人は集まると思います。

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

小倉越子さん(小倉越子社会保険労務士事務所)

Share

関連するその他の記事

東京や大阪で広がる「在宅勤務」 新型コロナウイルスきっかけのテレワーク、メリットとデメリット、今後の行方は?

東京都の会見を受け、日立製作所などテレワークをさらに進める大手企業も出ており今後も拡大する傾向にあります。テレワークのメリット、デメリットは?収束後にも定着するのでしょうか。社会保険労務士の三谷文夫さんに聞きました。

三谷文夫

三谷文夫さん

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

新型コロナウイルス感染拡大を理由に解雇は不当か。休業の場合は?

コロナウイルス感染拡大を理由に解雇や休業を通知された場合、不当と言えるのでしょうか。2018年のリーマンショック時に活用された雇用調整助成金とは。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

中小・小規模事業主が活用できるコロナウイルス対策の助成金、資金繰り支援まとめ

新型コロナウイルス感染症拡大に対する自粛モードが広がり、多くの中小企業が影響を受けています。そんな中、国主導の中小企業支援策として資金繰り支援、助成金などが動き始めています。 さまざまな支援策がある中、これだけは押さえておきたいポイントをお伝えいたします。

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

「コロナよりも怖いのは人間だった」商品不足でドラッグストアの店員が疲弊。『カスハラ』の実態と対応策

SNSには、ドラッグストアやスーパーなどの店員からの「コロナよりも怖いのは人間だった」という悲痛な書き込みが増えています。過剰な要求やクレーム、迷惑行為などのカスタマー・ハラスメント対策について、社会保険労務士の室岡宏さんに聞きました。

室岡宏

室岡宏さん

「心のストレッチ研修」で人材を定着させる社会保険労務士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す