マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 法律関連
  4. 高齢者運転でまた悲劇 「生活の足」…進まぬ免許自主返納

高齢者運転でまた悲劇 「生活の足」…進まぬ免許自主返納

カテゴリ:
法律関連

増え続ける高齢運転者による交通事故

7959954cfc090c894fba7b71fcde37c5_m

最近、高齢運転者による交通事故のニュースをよく耳にします。
統計的にも、交通事故の件数自体は年々減少傾向にあるにもかかわらず、高齢運転者による交通事故は増加しているそうです。
こういった、高齢運転者による交通事故が社会問題となっています。

こういった問題に対し、法整備はどうなっているのでしょうか。
まず、2009年の道路交通法の改正により、70歳以上の運転者については、免許更新時に高齢者講習を受講しなければいけないようになりました。
また、75歳以上の運転者については、免許更新時に認知症の検査を受けなければいけないことになりました。
さらに、2015年改正では、認知症の疑いのある運転者に医師の診断が義務付けられ、その結果、認知症を発症している場合、免許の停止となり得ることとなりました。

こういった法整備については、やらないよりはましかもしれませんが、高齢運転者の交通事故を予防する効果は薄いと個人的には思います。なぜなら、高齢運転者が交通事故を起こす原因は認知症だけではないからです。
高齢者になると、判断スピードや運動能力の低下が顕著になり、素早くブレーキを踏んだり、ハンドルを適切に操作して危険を回避することが難しくなることも、交通事故の原因となっていることは明らかでしょう。

運転免許証の自主返納をしやすくする環境整備が必要

このように、高齢運転者による交通事故が社会問題となっていても、運転免許証の自主返納はなかなか進んでいません。
それはやはり、「足」を奪われることへの抵抗が要因だと思われます。
都市部にて生活されている方には実感が沸きにくいかもしれませんが、実際に地方で生活をしていると、公共の交通機関が整備されておらず、「車ナシには生活できない」というのが実情です。

移動手段を失うということは、単に趣味や娯楽を奪われるだけにとどまらない切実な問題であることを認識していただく必要があります。国家レベルだけではなく、地方公共団体としても、バスや特別に廉価なタクシーの利用等、車の運転を諦められる環境づくりが求められていると感じます。

また、高齢者用の三輪車や電動カートなど車に代わる乗り物の普及や、それに伴う道路の整備等にも力を入れるなど、高齢者が運転免許証を自主返納しやすい社会をつくることも必要でしょう。

河野晃

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

弁護士

河野晃さん(水田法律事務所)

Share

関連するその他の記事

相続登記の義務化と手続きの簡略化で所有者不明土地の問題解決へ。放置物件の有効利用は進むか?

法改正で放置物件の処遇がスムーズになり、問題の解消が期待されます。現在、地方に空き家を所有している人、これから相続問題を考える人にとっては、どのような意味があるのでしょうか。司法書士・行政書士の能登ゆかさんに聞きました。

能登ゆか

能登ゆかさん

相談者の心に寄り添う司法書士

あっせん団体「ベビーライフ」廃業で問題に。特別養子縁組とは?海外に比べ養子制度が浸透しないワケ

特別養子縁組の制度とはどのようなものでしょうか。海外へのあっせんや出自情報の管理など、今後の課題は。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「同性婚の不受理は違憲」歴史的と言われる判決のポイントは?同性婚をめぐる法整備への第一歩となるのか?

同性婚をめぐる全国初となる判決が、3月17日に札幌地裁で出されました。裁判の争点や、判決のポイントを弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

銀行の認知症対応が柔軟に 家族が認知症になったら預貯金は引き出せる?お金の管理はどうすればいい?

家族が認知症になると、医療費や介護費など、お金のことも大きな問題となります。認知症に備え、家族が考えておきたいお金の対策を司法書士の池内宏征さんに聞きました。

池内宏征

池内宏征さん

次世代に負担ない相続対策「家族信託」の専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す