マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 仕事でEQ(心の知能指数)が求められるのはなぜ? 

仕事でEQ(心の知能指数)が求められるのはなぜ? 

カテゴリ:
ビジネス

EQが必要とされるわけ

IQ(知能指数)が高いからと言っても仕事で成功するとは限りません。
むしろEQ(心の知能指数)の高い方が仕事をしていく上では有効であると言われています。
なぜEQ必要なのでしょうか?
考えていきたいと思います。

まず、EQが仕事で必要となってきたのは昔からではありません。
人間が求められる能力が変化する過程で必要となってきたのです。
人間は生まれた瞬間から時間を生きています。
生まれたら、未来を生きていくしかない宿命的なものを背負っています。
しかし、他の動植物のように早くから自立できるように成長のプログラミングがされているわけではありません。
そして人間の場合、何を持って自立とするかはいろいろな意見がありますが、とりあえず「仕事」ができるということに限定したとしても、現代社会では自立するまで20年から30年かかるとされています。

産業構造の変化に伴い必要とされる能力は変化してきた

昔は自立するまでにそこまで時間はかかりませんでした。
産業構造を見ても、第一次産業(農・林・水産業)のころは自然に関する知識・経験・体力は必要でも、全般的な高い知能は要求されませんでしたので子どもも10歳となれば立派な働き手でした。
第二次産業(生産業)のころになると、高度成長のため生産能力をあげるのに社会が知力を必要としだし、教育のレベルが上がり始めました。
技術力・科学力をあげる方に力点が置かれていたこともあって、高い知力が要求されてもいた時代であったと思います。
そして、高い知力を持つ人が技術力・科学力の向上に貢献し、さらに生産能力は上がっていきました。
一方で、高い知力を持たない人は労働力の提供という形で働いていました。
当然、高い知力を持つ人は高い報酬を得、そうでない人の報酬は低いという時代でした。
IQの高さが必要とされた時代はまさにこの頃なのです。

しかし、第三次産業(サービス産業)から第四次産業(消費産業)と移り変わっていくにしたがって、第二次産業で必要とされていた高い知力が必ずしもそれだけでは十分ではなくなってきました。
人間社会の要求に応えなければならない「仕事」の世界では、移り変わった時代に合わさなければならないのも事実です。
サービスなり消費は、個々の欲求・価値観に応えなければなりませんから、他との差別化があって成り立つもので、同じ内容のことをしていては成り立たない厳しさが要求されます。
あらゆる情報が飛び交う社会になっており、当然情報戦にもなり、高い感性・想像力・創造力が要求されることにもなります。
ですから、パターン化された高い知力は必ずしも必要とされなくなり、むしろ邪魔になるケースも増えてきました。
そして、そのような社会では心の柔軟性を持った感性豊かな人材が求められるようになってきました。
そして、それらを兼ね備えていることがEQの高さにつながっているので、現代ではEQが必要とされているのです。

EQを高めていくにはどうすれば良いか?

それではEQを高めていくにはどうすれば良いのでしょうか?
EQを高めていくには学力のみでなく、世界を広く深く知っていくための認識力が必要です。
認識を高めていくためには、いろんな対象と「関係」を取って拡げていく必要があります。
その関係の最初の出会いが母親でありあるいはそれに代わる人で、そこを基地として家・学校・地域・サークル・社会へと関係を拡げ紡いでいくうえで柔軟性を養っていきます。
知識はひとりでも拡げていけますが、関係を拡げて紡ぐことはひとりではできません。
「認識力」と「関係力」の両輪が伸びていくことは精神世界、心の世界を発達させていくことでもあります。
これらを伸ばしていくことでEQは高くなっていくのです。

EQは情動指数といい、「自己認識力」「自己統制力」「動機づけ」「共感能力」「社会的スキル」という5つの能力で構成されています。
精神と心の発達に伴ってそれぞれの力は伸びていくものでしょう。
情動=感情は人と関わることによって豊かになっていくものです。
そのためにまずは自分自身が、情動のもとである自分の身体と感覚機能の五感(触覚・視覚・味覚・聴覚・臭覚)が心地よく働いているのかを、そして働くように関わっているのかを見直し、磨いていくことが重要です。
そして、1人より誰かと関わることによって安心感と共にこれらの感覚は鋭さと柔らかさを増していきます。
感覚機能が十分に働くようになると心身の働きは軽やかになり、安心感が加わって希望が湧いて行動的になってきます。
それが想像力・創造力の基にもなり、情動の発達にもつながっていくと思います。

結局、EQを高めることは仕事で有利に働くだけでなく、人生を有意義に過ごしていく意味においても大切になっていくのです。

須田泰司

日本臨床心理士資格認定協会の認定プロ

須田泰司さん(京口カウンセリングセンター)

Share

関連するその他の記事

イトーヨーカドー、パルコなど元日の計画休業を発表。働き方改革による業績への影響は?

働き方改革の一環で、年々元日の計画休業を実施する企業が増えています。イトーヨーカドーやパルコなども2020年より実施を発表しています。年始商戦による業績への影響はないのでしょうか?

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

大阪府庁がPC強制終了で残業削減、働き方改革で「ジタハラ」?メリットはあるの?

大阪府が残業抑制のために終業時間後の午後6時30分に、職員のパソコンの電源を自動的に切るしくみを来年度中に導入すると発表しました。「ジタハラ(時短ハラスメント)」が生まれる可能性はないのでしょうか。社会保険労務士の影山正伸さんに聞きました。

影山正伸

影山正伸さん

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

精神障害や発達障害がある人の働き方を支援するべく行政、企業ともにさまざまな取り組みを行っています。発達障害を持った人と仕事をしていく上でどのようなことに気を付けるべきかについて紹介しています。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

「生理バッジ」導入の百貨店に賛否 「生理をオープン」にすることは働きやすさにつながる?

大手百貨店で導入された女性の販売員が生理中であることを示す「生理バッジ」。多くの批判を受け、取りやめを決定しました。女性が働く環境づくりにおいて、どんな効果があるのでしょうか。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す