マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 女性のプログラミング分野への進出が進む!その背景と今後の展望は?

女性のプログラミング分野への進出が進む!その背景と今後の展望は?

カテゴリ:
ビジネス

男性的な仕事のイメージであったSEやプログラマーに近年女性が進出

最近「プログラミング女子」という言葉が流行っているようです。
これは女性でコンピューターのプログラムを書く人たちのことを指しているようですが、何だか専門的でかっこいいイメージがある言葉ですね。

プログラムというのは、コンピューターを動かすために必要な手順が書かれたもので、あらゆるソフトウェアの元となるものです。
どのコンピューターも基本的にプログラムに従って動いているので、プログラムがなければメールソフトも、ゲームも、はたまたWindowsなどのOSですら動作しません。
あらゆるものにITが使われてきた昨今、プログラムを設計したり書いたりする仕事であるSEやプログラマーの需要はとても多くなってきています。

しかしながら、今まではSEやプログラマー、エンジニアというと男性的なイメージを持たれることが多かったのですが、近年女性の進出も増えてきています。
私も長年IT業界に携わっており、多くのSEや技術者、プログラマーを見てきましたが、最近は現場で女性のプログラマーやディレクターを見かけることが多くなってきました。
一般的に抱かれるイメージとは違って決して男性にしかできない仕事ではないのです。

プログラミングは実は女性のほうが向いているかもしれない

プログラミングは力仕事ではありませんし、どちらかというと考えることが多いのでとても脳を使う仕事です。
その難しそうなイメージからか、世間一般では「プログラマーは理系の仕事であり、理系出身でないとなれない」と思われていることも多いようですが、私はむしろプログラミングというのは文系に向いている仕事ではないかと思うのです。

プログラムというのは、何かの目的をコンピューターに担わせるとき、時系列で処理をしたり、ところどころでその先の判断について人間に訊ねたりするといった手順を記述していくものですから、書いていくときには物事の流れをきちんと理解しておくことが重要です。
そして、プログラムを書くときに自分で計算をする必要は、実はほとんどありません。
計算自体はコンピューターが行うため、そのやり方を書いてやるだけでいいのです。
ですから、計算は苦手でもプログラムを書くことはできますし、むしろ一般的に女性の方が物事の整理や論理的に考えることが得意と言われていますので、本来プログラマーには向いているのかもしれません。

これからは女性のプログラマーが普通の時代に

私のような昔からパソコンを触っていた人間からすると、人間が直接命令を記述していくのがプログラミングというように思えるのですが、最近では様々なツールが出ていて、言語によっては画面上のアイコンやキャラクターをマウスで動かして、それらの動作を定義していくだけでコンピューターが自動的にプログラムを書いてくれるようなものもあります。
これらのツールを使えば、視覚的な操作で自動的にプログラムができるので、複雑な命令を自分で覚える必要もありませんし、子供たちでもプログラムを学んでいくことができます。
このようなツールの発達により業務自体の負担が減ったことも女性が進出しやすくなった要因の一つと言えるでしょう。

2020年から我が国においても小学校からプログラミングが必修化されるとの発表がありました。
年々多忙化していく小学生にプログラミングをも教える時間が果たしてあるのかどうか、という不安はありますが、これも今後ITがますます広がっていく中でプログラマーが不足することを懸念している、という背景があるようです。

今まで慣習的に何となく男の職場というイメージがあったプログラマーですが、今後は仕事の多様性や女性の積極的な社会参加もあり、女性のプログラマーも必然的に増えていくことでしょうし、数年後には他の職種と同様、プログラマー職に関しても男女が普通に机を並べて仕事をしている時代になっていると予想されます。
その頃になれば、もう「プログラマーは男の仕事だ」などというのは完全に過去の話となりますね。

目代純平

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

目代純平さん(チェックフィールド株式会社)

Share

関連するその他の記事

トヨタ社長の「終身雇用難しい」発言からも伺える、バブル世代の行く末!?

トヨタをはじめ、日本を代表する大手企業の経営者による、終身雇用の見直しの可能性を示唆する発言が、大きな話題となりました。終身雇用はなくなっていくのでしょうか。また、時代を見据えたバブル世代の心構えとは。

影山正伸

影山正伸さん

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

「#令和の就活ヘアをもっと自由に」P&Gの就活キャンペーンにみる企業の変化、令和の就活はどう変わる?

2021年春以降の卒業予定学生も大いに関心を持って見ていた今年の内定式。 会社説明会や面接の解禁日などを定める、いわゆる〝就活ルール〟が変わるなど、就活事情も大きな転換期にきているようです。 令和の就活事情について、ライフキャリアカウンセラーの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?

台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。

小川芳夫

小川芳夫さん

ファシリテーションの活用を支援するコンサルタント

人手不足解消に期待される「特定技能」制度の課題とは?

人手不足解消のために始まった「特定技能」制度。企業の期待も外国人の期待も大きいが、外国人の就労と企業の求人ニーズが結び付いていないことが現在の課題ではないか。

小倉越子

小倉越子さん

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す