マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 夏休み 親子で一緒に料理を作ってコミュニケーション

夏休み 親子で一緒に料理を作ってコミュニケーション

カテゴリ:
スクール
解決!アスクミー JIJICO

今年の夏休み 親子で料理を作ってコミュニケーション

夏休みに入り、親子でレジャーや旅行を楽しまれる方も多いと思いますが、今年の夏休みは親子で料理を楽しむのはいかがでしょうか。

料理は共同で作業することができるので、コミュニケーションを取ることができます。料理には、沸騰したり焦げたりと、いろんな冒険のような出来事が次々に起こります。子供にとっては面白い実験のようなものです。そして、おいしい料理を味わうことは、喜びにもつながります。

料理を作ることで子どもはいろいろなことを学ぶことが出来る

また、料理には包丁や火などを使うことで危険も伴いますが、危険とはどんなことなのかを体感しつつ、いろんなことを学ぶことができます。

子供は大人が思った以上に危険を知っていますから、必要以上に心配することはありません。今まで包丁で手を切った子供はほとんどみたことがありませんから。包丁がだんだん上手に使えるようになると、手先が器用な子供になります。そして、火加減を調節したり、失敗しないように色々なことに気をつけたりと、段取りから一連の料理工程は頭を使うことが多く、頭の回転が良くなります。

また、何かを作り上げることでの達成感も生まれます。当校での子供クッキングでも、いつも子供たちが料理を仕上げた後の満足そうな顔。特にクリスマスケーキの時期は一人一台土台に生クリームをしぼって自分オリジナルのケーキに仕上がるのですが、ちょっと生クリームが変な形に絞られていても自分が作った!!という自信満々のいい笑顔が見られます。

夏野菜を使った料理にチャレンジ!

この時期は、できれば夏野菜を使った料理にチャレンジしてみてほしいです。

最近、冬にも夏の食材、夏にも冬の食材がスーパーに並んでいるので、食材の旬がいつなのか分からなくなってきています。いちごの旬は春なのですが、子供たちに「イチゴの旬はいつだと思う?」と聞くと「冬。」という答えが返ってきます。クリスマスの時期にケーキの乗っているイチゴを見ているからではないでしょうか?

その季節に旬の食材を味わうことは、新鮮さや栄養面でも、身体や環境にとっても、良いこと尽くしです。夏に夏野菜を食べることで、身体をひんやりと冷やしてくれます。クーラーの温度をガンガンに冷やすのではなく、食べ物でひんやりさせる効果があります。そういったことを子どもに経験してもらうためにも、夏野菜を使った料理に挑戦してみてください。

料理は子供たちの好きなスパゲッティやカレーにすると良いと思います。夏野菜をたっぷり使って作ってみてください。スパゲッティはトマトソースになすやズッキーニなどを加えたり、又はなすとピーマンなど細かく切ってみじん切りにしてミートソースにすると子供達でも食べやすくなります。または、冷たいそうめんにせん切りしたきゅうりやトマト、錦糸卵などをたっぷり乗せた具だくさんのそうめんもおすすめです。

手作り料理は、親子での会話も増えると思います。
「今日のこれおいしいね。」「ここ失敗したね。」など、成功しても失敗してもいろんな会話が生まれます。ぜひこの夏は、親子でワイワイ言いながら、料理を楽しんでみてください。

瀬尾三礼

料理の楽しさを伝えるプロ

瀬尾三礼さん(総合カレッジSEO)

Share

関連するその他の記事

アーティフィシャルフラワーでしめ縄つくり。タッセルで簡単DIY

2020年の元旦まであと少し。正月を迎えるにあたってしめ縄の準備を考えるころです。市販のしめ縄では家庭やお店に似合わない…そんなときはアーティフィシャルフラワーを用いたラグジュアリーなしめ縄を手づくりしてみませんか?

四本純子

四本純子さん

花の魅力を最大限に生かすアレンジ、ブーケの専門家

英語学習方法変更でライティングとスピーキング重視に

2019年3月文部科学省は、英語学習方法の改善を発表しました。これにより英語学習のライティングとスピーキングが重視されることになりましたが、どのような影響があるのでしょうか?

里見郁子

里見郁子さん

英会話レッスン&留学のプロ

勉強ができない子に共通する5つの行動パターンとは?

子供が自発的に勉強するためには、どう勉強させるかよりも子供の行動を変えさせることのほうが効果的です。勉強ができる子の行動パターンをマネさせることで勉強に対する前向きな取り組みが期待できます。

石垣友規人

石垣友規人さん

勉強嫌いの子を前向きにする学習アドバイザー

中学校の定期テスト廃止を考える

中学校で定期テストを廃止する学校が増えています。その代わりに小テストを数多く実施し、子どもたちの学習習慣を定着化させる狙いがあるようですが、思惑通り進むかは疑問です。子どもを落ちこぼれにさせないために親は何が出来るのか、考えてみたいと思います。

石垣友規人

石垣友規人さん

勉強嫌いの子を前向きにする学習アドバイザー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す