マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 親から子へ 虐待のスパイラルはどうしたら止められる

親から子へ 虐待のスパイラルはどうしたら止められる

カテゴリ:
くらし

正しい子供の育て方がわからない親は多い

毎日のように、子供・保護者に触れていると、子供よりむしろお母さんのほうが気になることが多いように感じます。

もちろん、最初は子供のことで話をしていくのですが、絡まった紐を一つ一つ解くように話を進めていくとお母さんの成育歴に行きつくことがよくあります。
お母さんが話をしていく中でそのことに気づき、子供の悩みの原因が自分の成育歴にあるとわかり、堰を切ったかのように号泣することもよくあります。

自分が子供の頃、厳しく育てられ、時にはしつけという名の虐待をされていた。
今、自分も同じことを子供にしている。
子供に手をかけるのがいけないこととわかっていても止められない。
そもそも誰からも教えてもらっていないので、正しい子供の育て方がわからない。
一般的にはこのように悩んでいるお母さんが多いのではないでしょうか?

虐待されて育つとしつけと称して虐待してしまいがちに

虐待と言う言葉がここ数年でクローズアップされています。
自分の育ってきた環境を振り返ると、「あぁ!今で言う虐待をされていたんだ」と振り返るお母さんもたくさんいます。
しつけと言う言葉で、今まではすまされ、手を挙げられるのも普通にされてきたのだと想います。
そのような環境で育ってきて母親になった今、子供とどう向き合ったら良いのか、褒め方、叱り方がわからないようです。

ここのところ、3歳の子供の虐待事件が多いように思えます。
これには理由があって、3歳というのは自我が出てきて、一番親の言うことを聞かない年齢なのです。
親が若くして子供をつくり、また本人も小さいころ両親からしつけという名の虐待を受けていた場合、生まれてきた子供が3歳になり自我が出て来て自分の言うことを聞かないときに、同じようにしつけと称して虐待をしてしまうのです。
死亡事件になっていないだけで、このような虐待を受けている子供たちがたくさんいると私は確信しています。

周りの大人一人ひとりが子供を救済する役割がある

行政もあらゆる機関で取り組んでいるのだと想いますが、やはり仕事が縦割りで縛りもあるということで、とてももどかしく感じます。
行政での会議のなかで「よくあることだから」そんな言葉を耳にしたことがあります。私は耳を疑いました。
行政も民間も関係なく、周りにいる大人たちが一人の人間として、自分で何もできない子供たちを救済する役割、責任があるのだと強く想っています。

以前テレビで、子供が入るシェルターの様子が紹介されていました。
そこで未成年の子供が「家には帰りたくない」「自分も将来親になったら、子どもに同じ事をしそうだ」と話していました。
それを聴いていて、胸が苦しくなりました。

虐待された子供が親になり、またその子供を虐待する負のスパイラル。
いつ止まるのでしょうか?
とても重要なことなのに、学校でも教えてもらえないのは非常に問題があると想います。
対症療法ではなく根本の解決策を考えていかないと、悲劇は繰り返されることになるでしょう。

いじめ・家庭問題に苦しむ子どもとママのカウンセラー

大崎清美さん(心サポートセンターKotodama)

Share

関連するその他の記事

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

営農型太陽光発電ビジネスコンサルタント

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す