マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 高校生に選挙権を行使させるのに、本当にアニメが必要なのでしょうか?

高校生に選挙権を行使させるのに、本当にアニメが必要なのでしょうか?

カテゴリ:
法律関連

地方自治体が作成したアニメ広報

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられる今夏の参院選を控え、東京都選挙管理委員会による啓発アニメが批判されています。
アニメのキャラクターが「18歳から選挙権!」と連呼するだけで中身が低俗であるというのがその理由です。

また、奈良市も「エンジェルは選挙権がお好き」と題するアニメーションも、幼稚であると批判の対象となっているようです。
親しみやすくするためにアニメを活用するという手法は、どうも裏目に出ているように思います。

与党が作成したパンフレット

自民党は、コミック漫画による選挙権の啓発冊子を作成していますが、上記の地方自治体のアニメに比較すると、真面目な雰囲気があるように思います。
しかし、公明党の作成したゆるキャラ「コメ助」を使ったゲームアプリは、正直なところ小学生向けという感じです。

この違いは何かと考えてみますと、今の高校生はLINEのスタンプのようなキャラクターを好んでおり、これを取り入れれば広報を見て選挙に行ってくれるというような安易な発想があるように思います。
いずれにしても政策を考えることを訴えるのではなく、とにかく投票して欲しいというメッセージを伝えているだけなので、これで本当に高校生が動くかどうか解りません。

高校生だって真面目に選挙権のことを考えている

日本の各県には、高校生フェスティバルという私立高校の高校生を中心とする団体が存在しています。
いわゆる進学校ではない中堅の高校の在校生が参加しているようですが、政治問題に対して真面目に取り組んでいます。
高校の授業料の格差、沖縄基地移転、交通遺児、大学の奨学金そして18歳選挙権など、自主的に講演会を企画して啓蒙活動を繰り広げています。
4月に名古屋で開催された講演会には、500名が参加したと報道されています。

彼らは高校生に向けてメッセージを発信し続けていますが、今回の地方自治体や与党のように、アニメや漫画に頼っているわけではありません。
彼らは今まで選挙権が無かったため自分達の意見を直接政治に反映させることはできなかったのですが、今後は直接訴えることができるということでモチベーションが上がっているようです。

高校生の投票率はどこを目指すのか?

大人だって全員が選挙権を行使しているわけではありません。
平成26年12月に行われた第47回衆議院議員総選挙では20歳代の投票率が32.58%、30歳代の投票率が42.09%となっています。

近年、SEALDsという学生中心のグループの活動がマスコミに取り上げられています。
大学生が主要なメンバーではありますが、学生が政治に積極的に参加をするという姿は高校生にも新鮮で、大きな影響を与えているように思います。

私は、地方自治体や与党が妙なアニメ広報をしなくても、自分たちの意見が反映されるチャンスと認識すれば、高校生たちは積極的に投票場に向かうのではないかと思います。
やはりテレビCMやインターネットの公告で、「選挙で高校生の意見が政治に反映される!」ということをもっとアピールすべきではないかと思います。
そうすれば、少なくとも20代の投票率32%は、簡単に超えるのではないかと期待をしています。

仕事で役立つ実践的なマインドマップ活用法を教えるセミナー講師

田村敏明さん(TLI-JAPAN)

Share

関連するその他の記事

ゴーン氏 犯罪人引渡し条約の締結がない国に逃亡 今後の行方は

年の瀬に世界をかけめぐった、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏が国外逃亡したというニュース。出国先であるレバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでおらず、日本の司法権が及ばないことから、身柄の引き渡しは困難を極めます。今年の4月に予定されていた初公判を含め、今後どうなるのでしょうか。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

名古屋・小5いじめで同級生が10万円以上要求 「恐喝」に当たるのか?

愛知県名古屋市の小学5年生の男児が、同級生6人から繰り返し現金を要求され、あわせて10万円以上を支払っていたことがわかりました。同級生の行為は「恐喝」に当たるのでしょうか。法的な責任は?弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか

学校ごとに細かく制約が定められている校則。髪型や服装だけでなく、「本当に必要なのか」と合理性が疑わしい〝ブラック校則〟について、見直す動きが始まっています。法律家の立場から見た学校ルールづくりについて、河野晃弁護士に聞きました。

河野晃

河野晃さん

自然体で気軽に相談できる法律のプロ

織田信成さんがモラハラ被害を提訴。モラハラとパワハラの違い、職場のハラスメント対策とは

プロスケーターの織田信成さんが、関西大学アイススケート部の監督として在任中に、女性コーチからモラハラ行為を受けたとして大阪地裁に提訴しました。近年、相談件数が増えているという職場でのモラハラ行為。どのように対処すればいいのでしょうか。モラハラの問題に詳しい、弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す