マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. これから就職する人へ 面接前に「ブラック企業」を見分ける方法

これから就職する人へ 面接前に「ブラック企業」を見分ける方法

カテゴリ:
ビジネス

ブラック企業とはどういう企業のこと?

「ブラック企業」って何ですか?最近セミナーなどで、よく質問があります。
「ブラック企業」とは、元々は反社会的団体とのつながりを持っている会社のことを指していました。
が、今では、特に労働集約産業で、若者を大量採用し、長時間労働を強要し、次々と離職させるいわゆる「従業員の使い捨て」によって、急成長した企業を指すのが一般的です。

ブラック企業に陥りやすい要素をもつ労働集約産業

私も長年労働集約産業である小売業で労務管理に携わっていました。
コンプライアンス遵守の企業であったため、悪意の違法行為が行われることはありませんでした。

一方で、従業員が長時間労働をせざるをえない状況になることは度々ありました。
店の営業時間も長く、品出しなど売場を管理する作業も膨大で、繁忙期などには、お店の正常な運営のために、一見すると「ブラック企業」なみの長時間労働をせざるをえなくなってしまうのです。

「忙しい時だけ人を増やせばいい」とよく言われます。
しかし、会社の事情に合わせて都合よく働いてくれる人は、世の中にそう多くいませんし、社会保険加入など法律上の課題もあります。
労働集約産業には「ブラック企業」に陥りやすい所以があるのです。

面接前にブラック企業を見分ける方法

だからと言って、従業員を食い物にする「ブラック企業」を容認するわけにはいきません。
最近は、厚生労働省による企業名の公表も行われていますが、先ずは働く側が「ブラック企業」を選ばないことです。
では、どうすれば「ブラック企業」を見分けることができるのでしょうか?

第一に、従業員数に比べて、採用予定人数がやたらと多い企業は使い捨ての可能性が高いです。
現在の従業員が100人の企業で30人の新規の募集があるというのは、新しく営業所を開設するという理由でもないかぎり、非常に不自然です。
すぐに辞めることを前提に大量募集していることが疑われます。

また、初任給が、同業種に比べて高すぎるのも怪しいです。
採用しても、人が定着しないので、高い初任給を掲げてとにかく人を集め、残業手当なしの長時間労働を強いている恐れがあります。

それから仕事の内容がよくわからないのも要注意です。
「〇〇スタッフ」「○○アドバイザー」「〇〇アテンダント」など、カタカナ語で表されている職種は、具体的な仕事の内容を必ず確認をする必要があります。

私個人的には、「誰にでもできる簡単なお仕事です」という表現もよくないと思っています。
「誰にでもできる」=「誰でもいい、他にかわりはいくらでもいるから、いつ辞めてくれてもいいよ」とい企業の意図が感じられるからです。

入社してブラック企業と判明したならすぐに縁を切る勇気を

もちろん、求人票だけではわからない、会社に入ってみないとわからないということもたくさんあります。
万一、自分が入った会社に「ブラック企業では?」という疑いを持ったならば、すぐに専門機関・専門家に相談しましょう。
そして、「ブラック企業」であることが判明したならば、すぐに縁を切る勇気が大事です。

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

小倉越子さん(小倉越子社会保険労務士事務所)

Share

関連するその他の記事

東京や大阪で広がる「在宅勤務」 新型コロナウイルスきっかけのテレワーク、メリットとデメリット、今後の行方は?

東京都の会見を受け、日立製作所などテレワークをさらに進める大手企業も出ており今後も拡大する傾向にあります。テレワークのメリット、デメリットは?収束後にも定着するのでしょうか。社会保険労務士の三谷文夫さんに聞きました。

三谷文夫

三谷文夫さん

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

新型コロナウイルス感染拡大を理由に解雇は不当か。休業の場合は?

コロナウイルス感染拡大を理由に解雇や休業を通知された場合、不当と言えるのでしょうか。2018年のリーマンショック時に活用された雇用調整助成金とは。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

中小・小規模事業主が活用できるコロナウイルス対策の助成金、資金繰り支援まとめ

新型コロナウイルス感染症拡大に対する自粛モードが広がり、多くの中小企業が影響を受けています。そんな中、国主導の中小企業支援策として資金繰り支援、助成金などが動き始めています。 さまざまな支援策がある中、これだけは押さえておきたいポイントをお伝えいたします。

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

「コロナよりも怖いのは人間だった」商品不足でドラッグストアの店員が疲弊。『カスハラ』の実態と対応策

SNSには、ドラッグストアやスーパーなどの店員からの「コロナよりも怖いのは人間だった」という悲痛な書き込みが増えています。過剰な要求やクレーム、迷惑行為などのカスタマー・ハラスメント対策について、社会保険労務士の室岡宏さんに聞きました。

室岡宏

室岡宏さん

「心のストレッチ研修」で人材を定着させる社会保険労務士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す