マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. いつもの紫外線対策にもうひと手間プラスで光老化もブロック!

いつもの紫外線対策にもうひと手間プラスで光老化もブロック!

カテゴリ:
美容・健康

日焼け対策は5月から

美容医療のHP規制消費者委員会、トラブル増加で異例の再建議

 GWの頃は、帽子にサングラスといった軽い日焼け対策をしている女性が目につきましたが、1週間も過ぎれば「日傘、サングラス、手袋・・」といった完全防備のお姿に変身。

それもそのはず5月の紫外線量は6月とほぼ同じ。
日焼け止め剤のCMも最近良く流れていますよね。
5月の心地よい日差しについつい無防備にならないようご注意を!

紫外線対策をきちんとして光老化をブロックすることが大切

紫外線を浴び続けておこる「光老化」は、シミが増え、シワが深くなり、肌のハリを失い、皮膚が厚く硬くなり、乾燥して肌全体にくすみの症状が現れます。
つまり、加齢による老化とは違い、「光老化」は紫外線対策をきちんとしているかどうかで、これからのあなたの肌年齢に差が出てくるわけですね。

もちろん完全防備とはいかなくても、「メイク下地で日焼け止めを塗っています」という方がほとんどです。
実は大切なのはその後。

「メイク直ししていますか?」
「お昼休憩のときに。」「夕方仕事が終わるまでしません。」「朝メイクしたらそのままです。」

メイク直しをしない女性が多いことに驚かされます。
そう、私たちはヘアメイクのお仕事ですからモデルさんや新婦さん撮影の間やお色直しなど常にメイクを直すお仕事。時間が経つと皮脂や汗でベースメイクが崩れてしまい、日焼け止めの効果もなくなります。
仕事柄メイク直しは当たり前ですが実はこれ大切な紫外線対策なのです。

メイク直しをすることで紫外線をブロック

日焼け止めは2~3時間おきに塗り直し方が効果的と言われますが、メイクを落として日焼け止めから直すのはちょっと無理。
軽く汗を拭きとり、パウダーファンデをブラシで軽くのせることで日焼け止め効果とベースメイクの透明感が戻ってきます。

この方法でメイク直しをすれば一日中紫外線をブロックできますね。
デスクワークだから大丈夫と安心している方も要注意!紫外線A波は窓ガラスを通り抜けるので、室内や電車の中でも気をつけましょう。

そして、一日肌を紫外線から守ってくれて耐水性の強い日焼け止め剤は、専用クレンジングやオイルクレンジングでしっかり洗い落してください。
洗顔後はたっぷりの化粧水と美容液、クリーム等で保湿してお疲れ肌をいたわってあげて下さいね。

斎原晶子

一人ひとりの魅力を引き出すヘアメークのプロ

斎原晶子さん(有限会社 スタジオクルール)

Share

関連するその他の記事

免疫力アップに必要な体温維持。ウィルス対策に最適な室温維持と暖房機器の使い方、運動など

ウィルス感染を防ぐには免疫力アップが重要になってきます。体温を維持するためにはどのようなことに気を付ければよいかについて解説します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

シニア向け脳トレのススメ 自宅でできる脳や体によい習慣3選

新型コロナウイルスの影響で外出機会が減っているシニア世代におすすめの自宅で手軽に楽しくできて脳や体にもよい習慣を3つ紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

細菌やウイルスから身を守る免疫力を高める方法とは?

寒い時期は、インフルエンザが流行します。この時期に、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや頭痛に悩まされる人は少なくないでしょう。免疫力を上げて病気に備えるコツを紹介します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

介護予防のキーワードは「楽しく集える場を作る」こと。高齢化社会のいま、取り組むべきこととは?

高齢化が進む中、自治体などによりさまざまな介護予防の施策が実施されています。参加者の伸び悩みが課題になる一方で、多くの地域住民が集まり、介護予防への意識喚起に成功しているところもあります。その理由と事例について解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す