マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 「親子のコミュニケーションに料理」が今注目のワケ

「親子のコミュニケーションに料理」が今注目のワケ

カテゴリ:
くらし

親子のコミュニケーションは年々減少

74891eceedb061e54fe8bcc8b67a3b94_m

近年、生活環境の変化により、親子のコミュニケーションがとりにくくなっています。
昔お父さんとの遊びと言えば、外でのキャッチボールだったのが、今は一人でゲーム。
食事についても、サザエさんの時代は家族そろっての食事が当たり前だったのが、今は、子供は学校から帰ったら塾や習い事、お父さんは残業というように、みんなそれぞれ忙しくなり、家族で一緒に食事をとる時間も少なくなっているのが現状です。

子どもの孤食にはいろいろ問題が

最近注目されている食育でも、家族がマチマチの時間にそれぞれ食事をとる「孤食(こしょく)」という食事形態については問題とされています。
子供が一人で食事をとり、親子でのコミュニケーション不足になることにより、子供が情緒不安定になったり、嫌いなものでも食べなさい!と言われないので、好きなものばかりを食べて栄養が偏って体調不良になったり、子供のちょっとした表情の変化によるいじめ問題に気付けなかったりするとも言われています。

親子で楽しみながら料理することでコミュニケーション力アップ

親子のコミュニケーション力をアップするには、やはり食事をともにすること。そして、一緒に料理をするとさらにコミュニケーションがアップできます。
私の料理教室でも、親子での「お魚クッキング」や「パン講座」、「クリスマスケーキ作り」の講座などの依頼が様々なところからあり、人気の講座です。
また、幼稚園や保育園のお父さんの会では、子供に作ってあげられるお料理をお父さんが学ぶというちょっと斬新な企画をされる園もあります。

料理には、失敗したり成功したりしながら、一種のアトラクション的な要素も交えながら、最終的には完成形というゲームでいう「ゴール」があるので、ゲーム感覚的な部分でも親子で楽しめる面白いところがあると思います。
料理には、人と人とのつながりを作ったり、おいしいものを食べることによって幸せな気持ちになったり、身体を健康にしてくれたりと良いことづくしです。

イクメンパパなども近年では注目されています。お父さんと子供で海や山、川などへお出かけするのも良いですが、お料理をコミュニケーションのツールとするのも良いかもしれませんね。

瀬尾三礼

料理の楽しさを伝えるプロ

瀬尾三礼さん(総合カレッジSEO)

Share

関連するその他の記事

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す