マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 法律関連
  4. 高齢者の犯罪が増加?そのわけは

高齢者の犯罪が増加?そのわけは

カテゴリ:
法律関連

この20年で4倍に増えた高齢者の犯罪

9b946db3ff8aeff0354b5e310af89187_m

高齢者というと詐欺などの犯罪の「被害者」のイメージが強い方もいらっしゃるのかもしれません。
しかし、実は「加害者」側の高齢者がここ20年で約4倍に増えています。どのような背景によるものなのか、データをもとに考えてみましょう。

法務省が公表した平成27年の犯罪白書によると、平成7年には全体の刑法犯の3.9%が65歳以上であったのに比べて、平成26年では18.8%にまで増加しています。
人数で見ても4倍近くの増加です。確かに全体の高齢者人口比率も増えてはいるのですが、そちらは平成7年から平成26年までの間に14.6%から25.9%の伸びですから、犯罪の増加は顕著であると言えそうです。

再犯率も高い高齢者の犯罪

それでは、高齢者の犯罪にはどういった特徴があるのかを見てみましょう。犯罪白書によれば、出所した年から2年の間に再び刑務所に入ってしまう人(2年以内累積再入率)のおよそ4人に1人が高齢者、5割弱が50歳以上となっています。
つまり、短期間の間に繰り返してしまう人が多いというわけです。

実際に犯したものを見ると、窃盗が一番多く(73%)、その中でも万引きが60%弱を占めています。
女性の場合は特に顕著で約8割が万引きによる犯罪です。とはいえ、傷害や暴行などの犯罪もここ最近は急増しているようではあります。

社会とのつながりの薄さが犯罪の引き金になることも

一度社会に復帰できたにもかかわらず、窃盗、万引きを繰り返してしまい、再度刑務所へ入所してしまうケースは、実際の刑事弁護でも目にすることが少なくありません。
それまでのコミュニティに関わらない暮らし方から、福祉などの地域サポートのエアポケットに入ってしまった結果、必要な支援を受けられなかった人もいます。
また、老老介護などの環境の下で、軽度の認知症を見過ごされてしまい、万引きにつながってしまったというケースもありました。

罪を犯した高齢者の社会復帰は民間の支援も重要

私は、罪を犯してしまった人の社会復帰のポイントは住まい、仕事、人とのつながりの復活だと思っています。
犯罪を犯す、犯さないにかかわらず、私が実際にお会いする高齢者の多くは、「高齢者」というには気力も体力もしっかりした方々が多いように思います。
しかし、一方、その方がその気力や体力に応じた仕事を見つけ、生活を継続していくことはとても難しい時代となってしまいました。

年齢から就職先に面接する機会すらなく、年金受給額は少なくなるばかり。
昔ならば子どもの手や資力を頼る高齢者もいらしたでしょうが、経済情勢からそういうこと自体も難しくなっています。
若い人であっても出所後の社会復帰には見えない壁が立ちはだかるところ、高齢者の場合にはより一層高い壁に挑戦しなければなりません。
自治体だけの公の力だけでなく、民間のネットワークによっても、高齢者の社会復帰を手助けできる仕組み作りが急務と言えます。

白木麗弥

身近な相談相手として、問題を解決できる女性弁護士

弁護士

白木麗弥さん(ハミングバード法律事務所)

Share

関連するその他の記事

相続登記の義務化と手続きの簡略化で所有者不明土地の問題解決へ。放置物件の有効利用は進むか?

法改正で放置物件の処遇がスムーズになり、問題の解消が期待されます。現在、地方に空き家を所有している人、これから相続問題を考える人にとっては、どのような意味があるのでしょうか。司法書士・行政書士の能登ゆかさんに聞きました。

能登ゆか

能登ゆかさん

相談者の心に寄り添う司法書士

あっせん団体「ベビーライフ」廃業で問題に。特別養子縁組とは?海外に比べ養子制度が浸透しないワケ

特別養子縁組の制度とはどのようなものでしょうか。海外へのあっせんや出自情報の管理など、今後の課題は。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「同性婚の不受理は違憲」歴史的と言われる判決のポイントは?同性婚をめぐる法整備への第一歩となるのか?

同性婚をめぐる全国初となる判決が、3月17日に札幌地裁で出されました。裁判の争点や、判決のポイントを弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

銀行の認知症対応が柔軟に 家族が認知症になったら預貯金は引き出せる?お金の管理はどうすればいい?

家族が認知症になると、医療費や介護費など、お金のことも大きな問題となります。認知症に備え、家族が考えておきたいお金の対策を司法書士の池内宏征さんに聞きました。

池内宏征

池内宏征さん

次世代に負担ない相続対策「家族信託」の専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す