マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 法律関連
  4. 知っているにも関わらず!性病隠しての性交渉は罪?

知っているにも関わらず!性病隠しての性交渉は罪?

カテゴリ:
法律関連

過去に最高裁での裁判例が存在

知っているにも関わらず!HIV隠しての性交渉は罪?

ロイター通信などによれば、先日、HIVへの感染を公表した米俳優チャーリー・シーンさんが、元交際相手の女性からHIVの感染を知らされずに性的関係を持たされたなどとして、損害賠償を求める訴訟を提起されているとのことです。

HIVやいわゆる性病に感染していることを知りながら、それを隠して性行為を行った場合、日本の法律では法的責任が問われるでしょうか。この点が争われた刑事事件に関しては、実は最高裁判所の裁判例があります。昭和27年というかなり古い裁判例ではありますが、この事件では病気治療のためとして被害者の承諾を得て性交類似行為をした結果、淋病を感染させたという事案で、傷害罪と性病予防法違反の成立が問題となりました。

傷害罪の成立には2つのポイントが存在

最高裁判所は傷害罪が他人の身体の生理的機能を毀損(きそん)するものである以上、その手段を問わないとした上で、いわゆる「暴行によらずに性病という病毒を他人に感染させる場合」にも成立するとしました。そして、この事件では被告人が性病を感染させる懸念があることを認識しながら性交類似行為を行い、それにより他人に病毒を感染させた以上、当然に傷害罪が成立すると判断しています。

この最高裁判所の判例は現在も変更がないと思われるため、日本の法律では自分がHIVや性病に感染していることを知りながら性行為などを行い、結果として他人に性病を感染させた場合には、傷害罪が成立し刑事的に処罰される可能性が高いといえます。ただし、ポイントが2つあります。1つは、傷害罪が成立するためには本人が性病に感染していることを「認識」している必要があること、もう1つは実際に他人に性病などを「感染」させた場合である必要があることです。

精神的苦痛に関する慰謝料が認められる可能性も

自分が性病に感染していることに気付いていない場合には、理論的には過失傷害罪の成否も検討されますが、感染に気付くべきだったという注意義務の違反(過失)というものはなかなか観念しにくく、また立証の困難さを考えても現実にこれを処罰することは難しいと思われます。また、結果的に相手を感染させなかった場合には、本人が他人に感染させる可能性を「認識」していても犯罪は成立しません。

以上は刑事事件の問題ですが、自分が性病に感染していることを認識しながら、これを隠して避妊具などを装着せずに他人と性交渉を行った場合には、不法行為(民法709条)が成立し、民事上の損害賠償責任を負う可能性があります。冒頭で紹介したニュースは、この民事上の損害賠償を請求するものとなります。

民事上の損害賠償が争われた場合には、結果的に性病に感染しなかったとしても、特にHIVのように感染後にAIDS(エイズ)を発症した場合など、生命に重大な影響を及ぼす可能性がある場合には、HIV感染を隠して性行為をさせられたこと自体から、精神的苦痛に関する慰謝料が認められる可能性は十分にあると考えられます。

永野海

交通事故と債務問題のプロ

弁護士

永野海さん(中央法律事務所)

Share

関連するその他の記事

相続登記の義務化と手続きの簡略化で所有者不明土地の問題解決へ。放置物件の有効利用は進むか?

法改正で放置物件の処遇がスムーズになり、問題の解消が期待されます。現在、地方に空き家を所有している人、これから相続問題を考える人にとっては、どのような意味があるのでしょうか。司法書士・行政書士の能登ゆかさんに聞きました。

能登ゆか

能登ゆかさん

相談者の心に寄り添う司法書士

あっせん団体「ベビーライフ」廃業で問題に。特別養子縁組とは?海外に比べ養子制度が浸透しないワケ

特別養子縁組の制度とはどのようなものでしょうか。海外へのあっせんや出自情報の管理など、今後の課題は。弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「同性婚の不受理は違憲」歴史的と言われる判決のポイントは?同性婚をめぐる法整備への第一歩となるのか?

同性婚をめぐる全国初となる判決が、3月17日に札幌地裁で出されました。裁判の争点や、判決のポイントを弁護士の片島由賀さんに聞きました。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

銀行の認知症対応が柔軟に 家族が認知症になったら預貯金は引き出せる?お金の管理はどうすればいい?

家族が認知症になると、医療費や介護費など、お金のことも大きな問題となります。認知症に備え、家族が考えておきたいお金の対策を司法書士の池内宏征さんに聞きました。

池内宏征さん

次世代に負担ない相続対策「家族信託」の専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す