マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. ビジネス
  4. 首相が明言!シリコンバレーに200社進出支援の狙い

首相が明言!シリコンバレーに200社進出支援の狙い

カテゴリ:
ビジネス

日本の中小企業200社をえりすぐり、シリコンバレーに派遣

首相が明言!シリコンバレーに200社進出支援の狙い

サンフランシスコのシリコンバレーといえば、ハイテク産業の中心拠点です。今を時めくAppleや、Google、YahooといったIT企業が、この地に本社を構え全世界に革新的な製品を創出するなど、ベンチャー企業の活動が活発な地域です。そのサンフランシスコの近郊に、優秀な人材を数多く輩出しているスタンフォード大学があります。

今年4月30日、この大学の公開シンポジウムで講演した安倍晋三首相の発言が、翌日のマスコミ報道に大きく取り上げられました。「日本には技術を持つが、地域でくすぶっている中小企業がたくさんある。5年で200社をえりすぐり、シリコンバレーに送り込む」と話し、中小・中堅企業をシリコンバレーに派遣し、海外展開の支援に乗り出す意向です。

日本の企業組織文化や、産業人材のグローバル育成を狙う

発言が注目された理由は、ものづくり企業のイメージが強い「中小企業」という言葉と、ITハイテク産業のイメージの強い「シリコンバレー」の組み合わせに、いささかの驚きを感じる点、そして、国の政策として200社という具体的な数字が提示された点ではないかと思います。

またその裏に「日本の宝である中小企業を米国に持っていけば、日本の産業が空洞化するのではないか」との感触もあるかもしれません。さて、このニュースをもう少し詳しく見ると、安倍首相は講演の中で正確には次の3つのことを述べているようです。第1は、5年で200社をえりすぐって、シリコンバレーに送り込むこと。第2はベンチャーに挑戦するヒト、大企業などで新事業に挑戦するヒト、ベンチャー投資に挑戦するヒトを毎年100人募集し、30人を選抜してシリコンバレーに送りこむこと。第3は、日米の大・中堅・中小・ベンチャー企業によるビジネス・マッチングの大規模イベントを、東京とシリコンバレー双方で開催すること。

すなわち、シリコンバレーというハイテク産業地域に焦点を当てて、企業、ヒトの交流を通して、最終的には日本の企業組織文化や、産業人材のグローバル育成を狙うというもののようです。実際、経産省ではこの5月から、前述の第2のプロジェクト「グローバル起業家等育成プログラム」として、100人の募集を行っています。

シリコンバレー流が日本の企業文化にマッチするかどうかに注目

シリコンバレーはベンチャー企業のメッカですから、革新的なアイデアを初期の段階から事業として育成する体制や、投資家・事業アドバイザーなどの支援者、起業家育成プログラムが充実しており、その環境を利用して日本の企業や産業人材を教育し、日本の産業に資するように国として支援しようということでしょう。

ただ日本の企業文化を、シリコンバレー流に教育することが、現在の中小企業の発展に資することかどうかに関してはさまざまな意見があるようです。つまり、米国流が独自性のある日本の企業文化、人材育成方法に根付くかどうか。この点は、今後、注目していきたいと思います。

馬場孝夫

企業で「技術」と「経営」の融合を進める専門家

技術経営コンサルタント

馬場孝夫さん(ティーベイション株式会社)

Share

関連するその他の記事

オンラインゲームで対戦する「eスポーツ」がリアルスポーツ以上に白熱? 経済や教育、国際理解にも一役

娯楽のみに止まらないeスポーツの魅力とは?プロチームWE-R1チーフプロデューサーでもある司法書士の寺本俊孝さんに聞きました。

寺本俊孝

寺本俊孝さん

eスポーツ事業におけるサポートを行う専門家

新卒でも広がる「リファラル採用」 企業のメリット・デメリット、応募者が注意したいことは?

広がるリファラル採用の企業にとってのメリット・デメリット。紹介する側・される側が注意したいこととは。社会保険労務士の三谷文夫さんに聞きました。

三谷文夫

三谷文夫さん

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

テレワークで若手社員のストレスが増加傾向に。メンタルダウンを防ぎ、モチベーションを高める社員育成の方法とは?

上司と部下が直接顔を合わせる機会が減る中、若手社員のメンタルダウンを防ぎ、組織のパフォーマンスを向上させるためには、どのような取り組みをすればよいのでしょうか。ライフキャリアカウンセラーの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

電通が一部社員を個人事業主に 業務委託で働くメリット・デメリット、起業との違いは?

正社員の一部を個人事業主に切り替える動きは、今後も広がるのでしょうか。業務委託契約で働くメリット・デメリットは?起業コンサルタントの新井一さんに聞きました。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す