マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. ビジネス
  4. 首相が明言!シリコンバレーに200社進出支援の狙い

首相が明言!シリコンバレーに200社進出支援の狙い

カテゴリ:
ビジネス

日本の中小企業200社をえりすぐり、シリコンバレーに派遣

首相が明言!シリコンバレーに200社進出支援の狙い

サンフランシスコのシリコンバレーといえば、ハイテク産業の中心拠点です。今を時めくAppleや、Google、YahooといったIT企業が、この地に本社を構え全世界に革新的な製品を創出するなど、ベンチャー企業の活動が活発な地域です。そのサンフランシスコの近郊に、優秀な人材を数多く輩出しているスタンフォード大学があります。

今年4月30日、この大学の公開シンポジウムで講演した安倍晋三首相の発言が、翌日のマスコミ報道に大きく取り上げられました。「日本には技術を持つが、地域でくすぶっている中小企業がたくさんある。5年で200社をえりすぐり、シリコンバレーに送り込む」と話し、中小・中堅企業をシリコンバレーに派遣し、海外展開の支援に乗り出す意向です。

日本の企業組織文化や、産業人材のグローバル育成を狙う

発言が注目された理由は、ものづくり企業のイメージが強い「中小企業」という言葉と、ITハイテク産業のイメージの強い「シリコンバレー」の組み合わせに、いささかの驚きを感じる点、そして、国の政策として200社という具体的な数字が提示された点ではないかと思います。

またその裏に「日本の宝である中小企業を米国に持っていけば、日本の産業が空洞化するのではないか」との感触もあるかもしれません。さて、このニュースをもう少し詳しく見ると、安倍首相は講演の中で正確には次の3つのことを述べているようです。第1は、5年で200社をえりすぐって、シリコンバレーに送り込むこと。第2はベンチャーに挑戦するヒト、大企業などで新事業に挑戦するヒト、ベンチャー投資に挑戦するヒトを毎年100人募集し、30人を選抜してシリコンバレーに送りこむこと。第3は、日米の大・中堅・中小・ベンチャー企業によるビジネス・マッチングの大規模イベントを、東京とシリコンバレー双方で開催すること。

すなわち、シリコンバレーというハイテク産業地域に焦点を当てて、企業、ヒトの交流を通して、最終的には日本の企業組織文化や、産業人材のグローバル育成を狙うというもののようです。実際、経産省ではこの5月から、前述の第2のプロジェクト「グローバル起業家等育成プログラム」として、100人の募集を行っています。

シリコンバレー流が日本の企業文化にマッチするかどうかに注目

シリコンバレーはベンチャー企業のメッカですから、革新的なアイデアを初期の段階から事業として育成する体制や、投資家・事業アドバイザーなどの支援者、起業家育成プログラムが充実しており、その環境を利用して日本の企業や産業人材を教育し、日本の産業に資するように国として支援しようということでしょう。

ただ日本の企業文化を、シリコンバレー流に教育することが、現在の中小企業の発展に資することかどうかに関してはさまざまな意見があるようです。つまり、米国流が独自性のある日本の企業文化、人材育成方法に根付くかどうか。この点は、今後、注目していきたいと思います。

馬場孝夫

企業で「技術」と「経営」の融合を進める専門家

技術経営コンサルタント

馬場孝夫さん(ティーベイション株式会社)

Share

関連するその他の記事

転職希望者が前月比105.4%増加 リモートワークや在宅勤務などウィズコロナ時代の転職とは

これから転職を考える上で、知っておきたい転職市場の「今」や、ウィズコロナ時代に求められる人材について、転職エージェントの森本千賀子さんに聞きました。

森本千賀子

森本千賀子さん

人と企業をつなぐオールラウンダーエージェント

副業先の残業時間を事前申告する新ルールが9月スタート。働く人への影響は?副業を報告しなかった場合はどうなる?

副業を行う上で企業側・労働者側、それぞれが気を付けるべきポイントについて、社会保険労務士の鈴木圭史さんに聞きました。

鈴木圭史

鈴木圭史さん

労務リスクの改善の専門家

リモートワークでモチベーションが上がらないのはなぜ?営業スキルも向上させる雑談の効果とは

ビジネス上のモチベーションや営業スキルにも関わる〝ちょっとした雑談の効果〟とは、どのようなものでしょうか。ビジネスコーチングの講師、松本瑞夫さんに聞きました。

松本瑞夫

松本瑞夫さん

個人の特性に応じた人財育成をサポートするプロ

通勤定期代の支給を廃止、実費精算へ。社会保険料への影響も?テレワーク時の在宅勤務手当はどうなる?

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、在宅勤務などのテレワークが普及し、通勤定期代の支給を廃止する企業が増えています。通勤手当をはじめ、テレワークにかかわる費用負担について、社会保険労務士の仲原一衛さんに聞きました。

仲原一衛

仲原一衛さん

ハラスメント対策、労務トラブル対応に強い社会保険労務士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す