マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. リクルートスーツを脱いで就活、お手本はクールビズ

リクルートスーツを脱いで就活、お手本はクールビズ

カテゴリ:
ビジネス

秋田市の国際教養大学が「脱リクルートスーツ宣言」

リクルートスーツを脱いで就活、お手本はクールビズ

2016年に卒業する大学生の就活開始時期が、従来よりも遅くなりました。それに伴い、面接試験がピークを迎えるのは8月です。これを受け、秋田市にある国際教養大学では「面接に失礼のない格好であれば、あえてリクルートスーツを着用しなくてもよい」という方針を発表しました。就活における、いわば「脱リクルートスーツ宣言」は、一部の企業からも賛同を得ているとのこと。これからの動向が注目されます。

「脱リクルートスーツ」は「何を着れば良いかわからない」につながる

ただし学生にとって「リクルートスーツでなくてもよい」のが、負担軽減につながるとは言い切れないのも事実です。「何を着ればいいのかわからない」といった問題が予想されるからです。

先日、ある大手百貨店の人から次の話を聞きました。売り場に配属された新入社員の男性は、毎日スーツを着用していました。ところがある日、先輩社員から「もう少しカジュアルにしてきてもいいよ」と言われたところ、「ジーンズでいいですか?」と尋ねたとのこと。社会人経験の浅い新人にとって、ビジネスシーンにおけるカジュアル服の定義は難しいようです。学生であればなおさらのことでしょう。「スーツを着ていれば間違いがない」という安心感を手放すことが、負担になるとも考えられます。

ビジネスシーンであることを忘れず、クールビズスタイルを参考に

ではリクルートスーツを選択肢からはずすとき、どのようなコーディネートが良いのでしょうか。大事なことは「スーツでなくて良い=くだけた服装」ではないということです。ビジネスシーンであることを忘れずに、「就活生らしさ」「清潔感」「企業に対する礼儀」を損なわない服装を整えましょう。ここ数年で急速に浸透した、クールビズスタイルのビジネスパーソンを参考にすると良いでしょう。ポイントは次のとおりです。

◆革靴
革靴を基準にしましょう。靴が決まれば、おのずとそれに合う服装が決まります。
NG=運動靴、サンダル、ブーツ

◆シャツ
白シャツでえりのあるものを選びましょう。
NG=色や柄のシャツ、ポロシャツ、Tシャツ、スウェット、パーカー

◆ジャケット
紺のジャケットはマストアイテムです。
NG=チェックやストライプの柄物、白やパステルカラー

◆パンツ、スカート
男性はセンタープレスのあるパンツ、女性はタイトスカート、ボックスプリーツスカートで、紺や薄いグレーが良いでしょう。
NG=センタープレスのないパンツ、色や柄のパンツ、スカート

◆ワンピース(女性の場合)
女性の夏スタイルには、半袖の紺ワンピースがおすすめです。ジャケットを合わせれば、面接コーディネートが簡単に完成する優れものです。

最難関は、面接会場でのアウェイ感の克服

「リクルートスーツでなくてもよい」といった就活が、今後普及していくかどうかはまだわかりません。服装を整えることは、相手への敬意を表すだけでなく、自分の意識をビジネスに向ける意味もあるからです。

また、面接会場で会う企業担当者や就活生のほとんどがスーツスタイルの現状、アウェイ感を克服できるかどうかが懸念されます。自分の服装が気になり、本来の実力を発揮できないのであれば本末転倒です。

そうならないためには、限度をわきまえたビジネスカジュアルの服装を守り、意識を高く持つこと。そして企業と大学の双方が「リクルートスーツでなくても良い」ということを周知徹底するサポート姿勢が求められるでしょう。

城戸景子

外見とマナーを仕事の即戦力にするイメージコンサルタント

城戸景子さん(STUDIO STELLA)

Share

関連するその他の記事

ドラマ「ハケンの品格」が復活 令和時代の派遣社員、待遇は改善される?

4月から、正規雇用者と非正規雇用者の待遇格差を改善する「同一労働同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)」が施行されます。派遣社員の待遇はよくなるのでしょうか。キャリアコンサルタントの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

広がる「黒字リストラ」 年齢が問題ではない?対象になるのはどんな人?

2019年「黒字リストラ」を実施する企業が増加。2020年も、この流れは続くようです。企業の動向と働く側が意識しておくべきことは。特定社会保険労務士の北村滋郎さんに聞きました。

北村滋郎

北村滋郎さん

新時代を生き抜くための人生と経営をアドバイスするプロ

ウーバーイーツで話題のギグワーカーは自由な生き方を後押しできるか?

ここ数年「ギグワーカー」という働き方を選択する人が増えています。まだまだ耳慣れないギグワーカーとはなんなのか、起業支援キャリアカウンセラーの新井一さんに聞きました。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ(運営・ペッパーフードサービス)」の店頭に張られた一瀬邦夫社長直筆の「お願い文」がネット上で話題になっています。なぜ炎上を招いてしまったのでしょう?ブランディングの点から解説します。

堀田周郎

堀田周郎さん

企業や個人が気づいていない魅力を引き出すブランディングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す