マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 管理職によるセクハラ、厳しい判決の背景

管理職によるセクハラ、厳しい判決の背景

カテゴリ:
法律関連

最高裁では一審判決を正当との判断を下した

管理職によるセクハラ、厳しい判決の背景

先日、大阪市の水族館に勤務する課長代理の職にあった2人が、女性従業員に対してセクハラ行為を行ったとして、それぞれ会社から30日ないし10日の出勤停止の懲戒処分などを受けました。それに対し、2人は処分の無効確認を求める訴えを起こしました。一審の大阪地裁は訴えを棄却しましたが、大阪高裁はこれを認容。これに対して会社は上告していましたが、最高裁では一審判決を正当(会社の処分は正当)との判断を下したのです。

なお、セクハラの具体的内容は、約1年あまりにわたり、女性従業員に対して他人の性生活や自分の性器の話をしたり、「30歳は22、3歳の子から見たら、おばさんやで」「(給料が足りないから)夜の仕事とかせえへんのか」などと話したというものです。

最高裁は処分が懲戒権の濫用には当たらないと判示

高裁が加害者らの請求を認容した理由は、「1.女性従業員が明確な拒否の姿勢を示さなかったので、許されていると誤信していた」「2.処分の前の事前警告や注意がなかったため、懲戒解雇の次に重い出勤停止処分は酷に過ぎ、処分は権利濫用」とのことでした。

これに対して最高裁は、1について「被害者は不快感や嫌悪感を持ちながらも職場の人間関係悪化を懸念して抗議しにくい」、2については「加害者らは管理職であり、会社のセクハラ方針や同研修などの取組を当然に認識すべきであったこと、多くが第三者のいない状況において行われていたので、警告などを行う機会がなかった」などとし、加害者らに有利に斟酌(しんしゃく)し得る事情はないと判断。企業秩序や職場規律に看過し難い有害な影響を与えたため、処分は懲戒権の濫用には当たらないと判示したのです。

指導的立場にあった管理職ということで厳しい判断となった

今回の最高裁判決は、管理職によるセクハラ行為に対して厳しい判断を下したものといえます。セクハラ行為には、性的な要求が受け入れられない場合に不利益を課す「対価型」と、職場の就業環境を害する「環境型」がありますが、今回のセクハラは後者に該当します。

この場合、一般的には高裁判決が主張するように、懲戒処分は注意や警告などを経ても言動が是正されない場合に認められるものです。しかし、本件では会社がセクハラ研修をしっかり行っており、その中で他の従業員に対して指導的立場にあった管理職がセクハラを行ったということで、加害者(管理職)にとっては厳しい判断となったものと思われます。

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江さん(山下江法律事務所)

Share

関連するその他の記事

織田信成さんがモラハラ被害を提訴。モラハラとパワハラの違い、職場のハラスメント対策とは

プロスケーターの織田信成さんが、関西大学アイススケート部の監督として在任中に、女性コーチからモラハラ行為を受けたとして大阪地裁に提訴しました。近年、相談件数が増えているという職場でのモラハラ行為。どのように対処すればいいのでしょうか。モラハラの問題に詳しい、弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

「女性メガネ禁止」に疑問 職場で見た目重視のルールはどこまで強制できるのか

SNS上で大きな議論が巻き起こった「女性従業員のメガネ禁止」。「身だしなみ」の名のもと、企業が服装について細かく規定することは、問題がないのでしょうか。社会保険労務士の大竹光明さんに聞きました。

大竹光明

大竹光明さん

人事労務コンサルティングの専門家

「こども六法」が話題 いじめは法律の力で対処できるのか

いじめの解決に役立つようにと、子ども向けに法律をわかりやすく解説した「こども六法」(山崎聡一郎著、弘文堂刊)が、ベストセラーとなっています。法律を学校問題の解決にもっと役立てようという動きが広がっています。

片島由賀

片島由賀さん

逆風を追い風に変える弁護のプロ

オリンピックの禁煙対策。世界基準に追いつかない日本の法律規制

オリンピック・パラリンピックを翌年に控えて日本の禁煙対策は十分とは言えません。今からでもオリンピック関係施設の禁煙について見直すべきではないでしょうか?

村井敏夫

村井敏夫さん

独自の消臭トータルケアで悪臭を解決する臭気判定士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す