マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 消費者不利な約款、民法改正案で無効へ

消費者不利な約款、民法改正案で無効へ

カテゴリ:
法律関連

消費者を害する約款を無効とする民法改正案

消費者不利な約款、民法改正案で無効へ

2月24日、法制審議会が法務大臣に対し、1896年(明治29年)から改正されてこなかった「契約」に関する民法の規定(債権法)を、現代社会に合わせて大幅に見直すべきとし、民法改正案の答申をしました。改正案の内容は多岐にわたりますが、消費者を害する約款を無効とすることも盛り込まれています。

「約款」というのは、企業が多数の消費者との契約をスムーズに処理するため、あらかじめ画一的に定められた契約に付された要件のことです。イメージとしては、インターネットで買い物をする際、最後に「同意する」にチェックを求められることがありますが、そこに書かれているのが約款です。契約の内容を補充することを目的としています。

約款は広く使われているにもかかわらず、民法規定が存在しない

約款は広く使われているにもかかわらず、市民生活の基本条項を定めた民法には規定がありませんでした。改正案では、約款について明文化し、契約の際に約款の内容を消費者に表示すること、表示した時には、約款の条項についても合意したことと見なすとしています。ただし、表示さえしていれば、どのような約款でも契約当事者である消費者が拘束されるわけではありません。

約款は言葉が難解で、項目も多く、細かい文字でびっしりと書かれていることなどから、消費者が理解できないまま契約をしていまい、解約時の違約金の支払い、事業者の責任の範囲をめぐってトラブルになることも少なくありませんでした。

今後、事業者は約款の見直しを迫られることに

そこで、改正案は消費者保護のため、消費者を著しく害する約款は、それを消費者に表示していたとしても、条項を無効とすると規定しました。たとえば、解約できる期間を極端に短くする約款、商品の発送後に破損が生じても一切責任を負わないとする約款などは無効とされるでしょう。

これまでの裁判例などでも、消費者の利益を一方的に著しく害する類の約款は、消費者契約法や民法の一般原則(信義則)などの解釈を通じ、無効とされることも少なくありませんでした。したがって、情勢に大きな変化は生じません。しかし、民法に約款と消費者保護のルールが明記されることによって、事業者は約款が消費者に理解しやすいものとなっているか、また、消費者を一方的に害することのない内容となっているかの見直しを迫られることになりそうです。

中村伸子

家族関係のトラブルを解決する法律のプロ

中村伸子さん(あおぞら法律事務所)

Share

関連するその他の記事

「やまゆり園」事件、判決で「主文後回し」が意味することとは

入所者と職員ら45人を殺傷した「やまゆり園」事件の裁判。青沼潔裁判長は、結論である主文を後回しにして、判決理由を先に読み上げました「主文後回し」となるのは、どのようなケースなのでしょうか。また、意味することとは。弁護士の小野寺雅之さんに聞きました。

小野寺雅之

小野寺雅之さん

刑事事件の弁護と被害者救済のプロ

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

転売目的でマスクを買い占め、インターネット上で高額で販売する「転売ヤー」の行為が社会問題となっています。高額転売は違法なのでしょうか?弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

政府が1月31日に、東京高検検事長・黒川弘務氏(62)の定年延長を閣議決定したことが、大きな議論となっています。検察官の定年延長に至った背景や問題点について、弁護士の田沢剛さんに聞きました。

田沢剛

田沢剛さん

法的トラブル解決の専門家

新型コロナウイルス感染症が拡大。「感染隠し」を筆頭とした会社と社員の間に生じるトラブルとは?

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。感染症に罹患したとき、それを隠して勤務する、体調が悪いことを知りながら業務を続けさせるといった「感染隠し」などの職場トラブルには、法的にどのような問題があるのでしょうか。弁護士の中村有作さんに聞きました。

中村有作

中村有作さん

損害賠償と労務関係のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す