マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 「争族」の種に「相続登記」放置リスク

「争族」の種に「相続登記」放置リスク

カテゴリ:
くらし
キーワード:
相続税

数代前の名義のまま放置されている不動産も

「争族」の種に「相続登記」放置リスク

毎年2月は「相続登記はお済みですか月間」とされており、今年も2月1日から28日まで、司法書士会でキャンペーンが実施されています。

相続登記とは、不動産の名義人が亡くなった場合に、相続人に名義を変更する登記のことをいいます。相続税の申告期限が被相続人が亡くなった日の翌日から10か月以内と定められているのに対し、相続登記には期限が定められておらずペナルティも無いため、一般的に放置されていることが多いようです。それどころか、数代前の名義のまま放置されている不動産も珍しくありません。

相続登記の放置リスクは、被相続人が亡くなってから、時間が経過すればするほど、権利関係が複雑化することから生じます。

相続人の範囲が広がり、面識のない人と遺産分けの話をする羽目に

具体的には以下のようなことが考えられます。

(1)相続人の調査が大変に。
相続人を特定するために、すべての被相続人が生まれてから亡くなるまでの間の戸籍を取得しなければなりません。しかし、あまりに古い戸籍は廃棄処分されてしまいます。すると、必要書類が揃わないばかりか、相続人を特定できないリスクも生じます。当法人で最も多く調査したケースは、なんと84名に上りました。これでは戸籍を集めるだけで数か月もかかってしまいます。

(2)相続人間の話し合いが不可能に。
長い間、相続登記を放置すると、その間に次々と相続が生じることがあります。すると、相続人の範囲が広がり、「親戚だけど会ったこともない人」と、遺産分けの話をしなければならなくなります。財産に関する話は、普段、顔を合わせている者同士でもまとまらないもの。面識がなければ、財産分けの話はさらに難航します。

「登記はいつでもできるから後回しで良い」はトラブルの始まり

一般的に、期限のない相続登記をするのは「登記をする必要に迫られるから」ですが、上記のようなことが原因で、相続人の特定や話し合いに、想像以上の時間を要することとなります。すると「不動産の売却期限に間に合わない」「相続登記に時間がかかりすぎて、金融機関から融資を受けられなくなった」という事態も頻繁に起こります。「登記はいつでもできるから後回しで良い」と安易に考えてしまうことが、トラブルの始まりです。

登記申請に期限はありませんが、「速やかに相続登記をすること」が、家族間での無用なトラブルを防ぎ、大切な資産を守ることにつながります。

山口里美

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

山口里美さん(司法書士法人コスモ)

Share

関連するその他の記事

親の財産にかかる税金、死後の相続手続きをスムーズにするための準備とは

相続が発生すると、一般的には相続財産を相続人で遺産分割協議を経て分割しますが、相続にまつわる税金や手続きはどうなるのでしょうか?

泉田裕史

泉田裕史さん

黒字体質の会社をつくる税理士

自分のお葬式やお墓選び 元気なうちにできることとやっておくべきこと

お盆に帰省、お墓参りをして、自身の葬儀やお墓のことについて思いを馳せる事も増える時期です。生前の内に準備できること、やっておくべきことを解説します。

二上昌弘

二上昌弘さん

墓石から供養まで安心して任せられるお墓ディレクター

賃貸アパート増加の背景と問題点について

相続税対策などの理由から賃貸アパート建築が増加中。人口減が続いている日本において、需要予測や立地条件を見極めないと、後々空室率悪化に悩むことに。

屋形武史

屋形武史さん

住宅の将来価値を最大化する取得・活用をナビするFP

賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方

相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。

杉山夏子さん

お金の安心・安全を守るファイナンシャルスタイリスト

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す