マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 仕事始め、できる大人の挨拶マナー

仕事始め、できる大人の挨拶マナー

カテゴリ:
ビジネス

新年の挨拶、これまでをリセットするつもりで

仕事始め、できる大人の挨拶マナー

仕事始めは、年末年始休暇が終わり新年初出社の日。新しい年を迎え、新たな気持ちで仕事に向かう第一日目です。「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」といわれますが、ビジネスシーンにおいても同様。一年の仕事を有意義にするには、仕事始めにしっかりと計画を立てることが重要です。

さて、そのような重要な意味を持つ仕事始め、まずは気持ちの良い挨拶でスタートしましょう。昨年は、職場の人間関係が上手くいかなかった人、それが原因で仕事がスムーズに流れなかった人、また、逆に良い出会いがあった人、人間関係に恵まれた人、さまざまなケースがあるかと思います。

しかし新年は、どのような状況の人にも等しく訪れてくれます。このタイミングでリセットし、残念だった人は挽回する気持ちで、また、良かった人はさらなる向上を目指して、相手に良い印象を与える挨拶を心がけましょう。

仕事始めの挨拶、5つのチェックポイント

では良い印象を与える仕事始めの挨拶、どのような点に気を付けると良いのでしょう。次の5点を挙げてみました。

□身だしなみ
相手に与える印象では、見た目が大きく影響します。身だしなみは基本です。その中でも、挨拶の際に相手の視線が集中するのは顔。目元・口元・髪は入念にチェックして。

□先手必勝
挨拶は先にした方が、その効果が大きくなります。どんな時にも、自分から先に挨拶することを心がけて。

□笑顔
良い印象を与えるためには、笑顔は何にも勝る助けです。仕事始めに暗い表情では台無しです。普段よりも口角を上げ、笑顔を意識して。

□語先後礼
挨拶の文言を口にしながらお辞儀をしてはいけません。「語先」言葉が先で、「後礼」お辞儀が後です。言葉とお辞儀は別アクションと心得ましょう。丁寧な印象を与えるには、お辞儀をする際頭を下げる時は素早く、上げる時はゆっくりと。

□おへその向き
歩きながらや通りすがりにする挨拶は、相手を軽く考えている印象を与えるので注意しましょう。挨拶をする時は必ず立ち止まり、相手の視線をとらえます。そして自分のおへそを相手にまっすぐに向けているか注意。

1年のスタートは、マナーを守った気持ち良い挨拶で

新年の挨拶は、松の内に済ませるのがルールです。松の内は、関東と関西で時期にずれがありますが、関東では1月7日まで、関西では1月15日までとされます。この時期はビジネスシーンにも反映されますが、新年に初めて訪問する商談先では、1月中旬頃までを目途にすると良いでしょう。

挨拶には、挨拶のマナーがあります。「マナーよりも気持ちの問題だから、様々な決まり事は無意味」という風潮もあるようですが、それは間違いです。マナーは、相手への敬意や思いやりの気持ちを最も効果的に表現できる方法です。

大人の社会人であるならば、決まり事を守ることも社会人としての矜持を持つことと知り、どこでも通用する気持ち良い挨拶で1年をスタートさせましょう。

城戸景子

外見とマナーを仕事の即戦力にするイメージコンサルタント

城戸景子さん(STUDIO STELLA)

Share

関連するその他の記事

ウーバーイーツで話題のギグワーカーは自由な生き方を後押しできるか?

ここ数年「ギグワーカー」という働き方を選択する人が増えています。まだまだ耳慣れないギグワーカーとはなんなのか、起業支援キャリアカウンセラーの新井一さんに聞きました。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ(運営・ペッパーフードサービス)」の店頭に張られた一瀬邦夫社長直筆の「お願い文」がネット上で話題になっています。なぜ炎上を招いてしまったのでしょう?ブランディングの点から解説します。

堀田周郎

堀田周郎さん

企業や個人が気づいていない魅力を引き出すブランディングのプロ

イトーヨーカドー、パルコなど元日の計画休業を発表。働き方改革による業績への影響は?

働き方改革の一環で、年々元日の計画休業を実施する企業が増えています。イトーヨーカドーやパルコなども2020年より実施を発表しています。年始商戦による業績への影響はないのでしょうか?

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

大阪府庁がPC強制終了で残業削減、働き方改革で「ジタハラ」?メリットはあるの?

大阪府が残業抑制のために終業時間後の午後6時30分に、職員のパソコンの電源を自動的に切るしくみを来年度中に導入すると発表しました。「ジタハラ(時短ハラスメント)」が生まれる可能性はないのでしょうか。社会保険労務士の影山正伸さんに聞きました。

影山正伸

影山正伸さん

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す