マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. グノシー、赤字14億円 どう見る?

グノシー、赤字14億円 どう見る?

カテゴリ:
ビジネス

グノシー累計500万ダウンロードを突破。利用者は急速に拡大

「グノシー赤字14億円」どう見る?

ネットで一日の情報を届けるニュースアプリ「グノシー(Gunosy)」。パソコンでも利用可能で、利用するにはユーザー登録が必要ですが、Facebook、Twitterなどのアカウントでもアクセスが可能となっています。

コンセプトは、「無料であなたにあった情報を毎日推薦してくれるアプリ」。Facebookアカウント、Twitterアカウントなどから、ユーザーの興味のあることを分析し、情報や最新の記事を提供してくれます。

グノシー社のHPによると、創業は2012年11月と創業からまだ2年も経過していませんが、2014年6月末には累計400万ダウンロード、8月末には累計500万ダウンロードを突破し、利用者は急速に拡大しているようです。また、利用者層は、20歳代から40歳代のビジネス層が中心で、女性の利用割合が43%というのも特徴かと思われます。

グノシー社の分析によると、ユーザー像として
1、ジム通い、本、資格取得にお金を使う人が61%
2、年収500万円以上の人が過半数
3、車を所有している人が67%
4、ファッション、美容など最新情報に興味がある人が65%
などとなっており、新しい情報収集や自己啓発に積極的な人が多いことがうかがえます。

グノシーは、どのようにして収益を上げていくのか?

「ニュース配信は無料」という中で、「会社として、どのようにして収益を上げていくのか?」と疑問に思う人も多いかもしれませんが、2014年10月より「Gunosy Native? Ads」という有料広告のサービスを開始するようです。「ユーザーの行動パターンから、ターゲットとなり得るユーザーへダイレクトに広告を発信する」もので、費用対効果の高い広告出稿が可能とされています。

また、「Gunosy Career」では、煩雑な情報入力、履歴書作成、エージェントとのやり取りもせず、SNSアカウントに登録すれば、匿名で求人募集をしている会社にエントリーしてくれるサービスも提供しています。これは、成約に対して収益を生み出す仕組みのようです。

新事業が新たな収益源として軌道に乗ると収支はさらに良くなる

会社の決算ですが、公表された第2期決算公告によると、売上約3.6億円で、経常損失が約13.6億円だったとのことです。各種ニュース報道によると、テレビCMなどの広告費用に投資したことによるもので、決算直前の5月には月商2億円程度だったそうです。

これが維持できれば、第2期での原価(約8700万円)と販管費(約16億2900万円)の合計が17.1億円だったことを考えると、経費も捻出可能かと思われます。これは月商が2億円を毎月維持できると仮定した場合、年商は24億円となり、決算公告だけではわからない部分もありますが、単純に毎月の経費が月2億円以内に収まれば、損益上はトントンになると考えられるからです。

また、前述の通り新しいサービスも開始し、新たな収益源として軌道に乗ると、さらに売上は増えるものと推測されます。

泉田裕史

黒字体質の会社をつくる税理士

泉田裕史さん(泉田会計事務所)

Share

関連するその他の記事

東京や大阪で広がる「在宅勤務」 新型コロナウイルスきっかけのテレワーク、メリットとデメリット、今後の行方は?

東京都の会見を受け、日立製作所などテレワークをさらに進める大手企業も出ており今後も拡大する傾向にあります。テレワークのメリット、デメリットは?収束後にも定着するのでしょうか。社会保険労務士の三谷文夫さんに聞きました。

三谷文夫

三谷文夫さん

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

新型コロナウイルス感染拡大を理由に解雇は不当か。休業の場合は?

コロナウイルス感染拡大を理由に解雇や休業を通知された場合、不当と言えるのでしょうか。2018年のリーマンショック時に活用された雇用調整助成金とは。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

中小・小規模事業主が活用できるコロナウイルス対策の助成金、資金繰り支援まとめ

新型コロナウイルス感染症拡大に対する自粛モードが広がり、多くの中小企業が影響を受けています。そんな中、国主導の中小企業支援策として資金繰り支援、助成金などが動き始めています。 さまざまな支援策がある中、これだけは押さえておきたいポイントをお伝えいたします。

鈴木崇史

鈴木崇史さん

店舗ビジネスの起業・融資・補助金・事業承継の認定専門家

「コロナよりも怖いのは人間だった」商品不足でドラッグストアの店員が疲弊。『カスハラ』の実態と対応策

SNSには、ドラッグストアやスーパーなどの店員からの「コロナよりも怖いのは人間だった」という悲痛な書き込みが増えています。過剰な要求やクレーム、迷惑行為などのカスタマー・ハラスメント対策について、社会保険労務士の室岡宏さんに聞きました。

室岡宏

室岡宏さん

「心のストレッチ研修」で人材を定着させる社会保険労務士

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す