マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 犯罪抑止のためアニメ・漫画規制は必要か?

犯罪抑止のためアニメ・漫画規制は必要か?

カテゴリ:
法律関連

人気討論番組の「ロリコン・暴力アニメ規制は必要か?」が物議

犯罪抑止のためアニメ・漫画規制は必要か?

最近、テレビの人気討論番組で「ロリコン・暴力アニメ規制は必要か?」というテーマが取り上げられ物議を醸しています。少女誘拐監禁事件の被疑者の部屋の壁に美少女アニメのポスターが貼られており、これらのアニメが犯罪を誘発したのではないかということから、犯罪抑止のためにはアニメや漫画に対する規制が必要かどうかが議論されました。

規制賛成派の人たちは「アニメや漫画を見て、そこに描かれている行為を真似しようと思うことが、犯罪動機の形成に大きな影響がある」と述べて、アニメと犯罪の因果関係を指摘します。確かに、アニメや漫画を見た人が、社会的には許されないとわかっていても「自分もやってみたい」と思う誘惑に駆られる可能性はあるのだと思います。しかし、だからといって、そのような危険なものは何でもかんでも規制してこの世から葬り去れば良いという考えが果たして妥当かという観点も欠かせないでしょう。

法で規制することには、よほど慎重でなければならない

法学教育の初めのころに「法と道徳」というテーマが取り上げられることがあります。不道徳なことであったとしても、それを法で規制することの意味について考えさせるものです。そして、結論として「法は最低限の道徳」という考えが示されます。不道徳であっても、社会に害悪を及ぼすようなものでなければ法で規制することには慎重であるべきという考えです。多くの規制反対論者が述べるように、普通の人はそのようなアニメや漫画を見たところで犯罪には手を染めません。このようなアニメや漫画が犯罪の誘引になる可能性は否定できないとは思いますが、それを法で規制することには、よほど慎重でなければならないと思います。

私自身は、このような表現も「表現の自由」によって保護されるべきだと思っていますが、犯罪を誘発するような醜悪な表現に自由を与える必要はないという論者もいます。しかし、この反対論の前提には、特定の表現に対する否定的な評価があります。「ものごとに対する評価はきわめて相対的なもの」ということも知っておかなければなりません。人類の歴史上、社会の大半から非難された考えや表現が後の世界の変革をもたらしたという例は数多くあります。だからこそ、自分が受け入れ難いと思うような表現にも「表現の自由」は与えられるべきなのです。

アニメや漫画はきっかけに過ぎない

話を少女誘拐・監禁の事件に戻しますが、私は、このような事件を起こす人の共通点は、社会からの疎外感と自己肯定感の欠如ではないかと考えています。自分を大切に思う気持ちがあれば、罪を犯した結果、自分に破滅が待っていると想像すれば思い留まることができるのではないでしょうか。

社会から疎外され、自暴自棄になって、最後は欲望の赴くまま行動して罪を犯してしまう。その動機は、ロリコン・暴力アニメや児童ポルノ漫画といったものによってもたらされるのではなく、より内面的な要因によるものだと考えます。

事件類型は異なりますが、秋葉原の無差別殺傷事件も、現実の職場だけでなく、心のよりどころとしていたネットの世界でも相手にされなくなって、自暴自棄になって起こしてしまったことです。他人や社会とうまくコミュニケーションをとれない人に対して、現実と向き合う機会を与えられないことに根本の問題があるのであって、アニメや漫画はきっかけに過ぎないと私は考えています。ですから、このような事件を起こしてしまう人は、アニメや漫画の刺激を奪ったとしても、場合によっては、より深刻な事件を起こしてしまうかもしれないのではないかと思ってしまいます。

このような事件を防ぐために行うべきことは、アニメや漫画の規制よりも、社会から阻害され、社会を敵視するような気持ちに陥る人を作り出さない施策なのではないかというのが私の結論です。

弁護士と中小企業診断士の視点で経営者と向き合うプロ

舛田雅彦さん(札幌総合法律事務所)

Share

関連するその他の記事

「やまゆり園」事件、判決で「主文後回し」が意味することとは

入所者と職員ら45人を殺傷した「やまゆり園」事件の裁判。青沼潔裁判長は、結論である主文を後回しにして、判決理由を先に読み上げました「主文後回し」となるのは、どのようなケースなのでしょうか。また、意味することとは。弁護士の小野寺雅之さんに聞きました。

小野寺雅之

小野寺雅之さん

刑事事件の弁護と被害者救済のプロ

マスクの「転売ヤー」が1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金対象に「国民生活安定緊急措置法」とは

転売目的でマスクを買い占め、インターネット上で高額で販売する「転売ヤー」の行為が社会問題となっています。高額転売は違法なのでしょうか?弁護士の半田望さんに聞きました。

半田望

半田望さん

市民の法律問題を一緒に解決する法律のプロ

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

政府が1月31日に、東京高検検事長・黒川弘務氏(62)の定年延長を閣議決定したことが、大きな議論となっています。検察官の定年延長に至った背景や問題点について、弁護士の田沢剛さんに聞きました。

田沢剛

田沢剛さん

法的トラブル解決の専門家

新型コロナウイルス感染症が拡大。「感染隠し」を筆頭とした会社と社員の間に生じるトラブルとは?

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。感染症に罹患したとき、それを隠して勤務する、体調が悪いことを知りながら業務を続けさせるといった「感染隠し」などの職場トラブルには、法的にどのような問題があるのでしょうか。弁護士の中村有作さんに聞きました。

中村有作

中村有作さん

損害賠償と労務関係のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す