マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 「際立つ清潔感」が理想 男の夏の着こなし術

「際立つ清潔感」が理想 男の夏の着こなし術

カテゴリ:
ビジネス

「色」「素材」「香り」は、夏の着こなしの強い味方

「際立つ清潔感」が理想 男の夏の着こなし術

本格的な夏がやってきます。これからの季節、着こなしの課題は「いかに清潔感を保つか」です。とりわけビジネスマンにとって、清潔感は信頼されるイメージ作りの基本。夏だからこそ「際立つ清潔感」が理想です。そのために、次の3つの力を借りることをオススメします。

■色の力
人が認識する情報の多くは視覚によるものですが、その中でも色の影響は絶大です。誰かを指すときに、「赤い服の人」という言い方をするのは、そのためです。清潔感をイメージさせる「爽やかさ」や「涼しさ」を表現する色は、「青」と「白」。青は沈静色で、温度を低く感じさせます。淡色の水色から濃色の濃紺まで、青の明るさを変えたバリエーションで、スーツとネクタイを合わせましょう。

コーディネートには、白の分量を多くすることを意識してください。例えば、パリッとした真っ白なシャツや、えりとカフ部分のみ白いクレリックシャツ、ネイビーに少し太めのペンシルストライプが入ったスーツ、青地に白のドットのネクタイなどは夏向きのアイテムです。

■素材の力
高温多湿の日本の夏には、素材を変えるのも知恵のひとつです。自分が涼しく過ごせるだけでなく、人の目にも涼しげに映る効果があります。スーツやシャツに、積極的に夏の素材を取り入れましょう。「サマーウール」が一般的ですが、クールビズの範囲内であれば「麻」「綿」「シアサッカー」のスーツやジャケットがオススメ。素材の特徴であるハリ感やシャリ感は、ワンランク上の夏の着こなしを演出します。

■香りの力
五感のひとつ、嗅覚からの情報は、与えたいイメージを「念押し」するのに有効です。清潔感のある着こなしの仕上げに、香りの力を利用しましょう。夏は汗をかくことが多いため、自分では気づかないまま不快な匂いを発していることがあります。すれ違ったときや隣に座ったときに良い香りがすると、好感度がアップします。「爽やかさ」をキーワードに香りを選ぶと良いでしょう。色でいうと「青」や「緑」をイメージする、柑橘系、ウッディ系、アクア系が良いと思います。

「清潔」だから「清潔感がある」わけではない

例えば、毎日お風呂に入り、洗濯したてのものを着ていても「髪が伸び放題」「服がヨレヨレ」「糸が出ている」なら、それは「清潔」であっても「清潔感がある」とは言えません。

清潔感というイメージに必須なのは、身だしなみに手を抜かないこと。「まめにヘアカットする」「折り目をキープする」「アイロンをかける」「靴をピカピカに磨く」など、普段以上の気づかいが夏のビジネスマンの着こなしを支えることを忘れずに、これからの季節を過ごしましょう。

城戸景子

外見とマナーを仕事の即戦力にするイメージコンサルタント

城戸景子さん(STUDIO STELLA)

Share

関連するその他の記事

ドラマ「ハケンの品格」が復活 令和時代の派遣社員、待遇は改善される?

4月から、正規雇用者と非正規雇用者の待遇格差を改善する「同一労働同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)」が施行されます。派遣社員の待遇はよくなるのでしょうか。キャリアコンサルタントの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

広がる「黒字リストラ」 年齢が問題ではない?対象になるのはどんな人?

2019年「黒字リストラ」を実施する企業が増加。2020年も、この流れは続くようです。企業の動向と働く側が意識しておくべきことは。特定社会保険労務士の北村滋郎さんに聞きました。

北村滋郎

北村滋郎さん

新時代を生き抜くための人生と経営をアドバイスするプロ

ウーバーイーツで話題のギグワーカーは自由な生き方を後押しできるか?

ここ数年「ギグワーカー」という働き方を選択する人が増えています。まだまだ耳慣れないギグワーカーとはなんなのか、起業支援キャリアカウンセラーの新井一さんに聞きました。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ(運営・ペッパーフードサービス)」の店頭に張られた一瀬邦夫社長直筆の「お願い文」がネット上で話題になっています。なぜ炎上を招いてしまったのでしょう?ブランディングの点から解説します。

堀田周郎

堀田周郎さん

企業や個人が気づいていない魅力を引き出すブランディングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す