まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

コラム

整えない人間関係は崩壊する

関係性コンディショニング

2017年1月6日 / 2018年10月15日更新

あけまして おめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします
 
ゼロ起業女性のコラムを書き始めた頃から
読んで下さっているあなたに、
感謝の気持ちでいっぱいです。



 
さて、
2017年の最初にコラムは、
コミニュケーションとか人間関係の話題。

組織の中でコミニュケーションがとれない
友人・知人とコミニュケーションがとれない
家庭内でコミニュケーションがとれない


セッション2


私も昔は組織の中で
コミニュケーションがとれない人間のひとりでした。
それが会社を辞めるきっかけで
独立することになったわけです。

気心知れた人なら良いが、
関係性が悪い人と長時間一緒に居ると苦痛です。


昔はなにかと顔に出る方だったので、
関係性が悪い相手と対面している時の
自分の顔は鏡を見なくても想像できます。

でも、想像できますが、
現実はどんな顔をしているかは分かりません。
だって、自分の表情は見えませんからね。

これを講座で話していると、参加者の方が
「鏡を見れば分かりますよ」
とおっしゃるんです。

これは分からないが正解。

実は、鏡に映っているあなたの顔は
鏡を見ることに意識を向けているので、
記念写真を撮られる時のような「作り顔」
になっているんです。

つまり、相手が見ているあなたの表情は、
あなたが想像している顔とはまったく違うんです。
あなたの怒った顔、イライラした顔は
自分で想像するよりおぞましいかもしれません(笑)

それを観ている相手は
どんな気持ちになるか容易に想像できるでしょ。


関係性が悪い相手と
コミュニケーションをとっている際、
必ずと言っていいほど、あなたの内的感情が
行動(表情・所作・言葉)に出ています。

それを見て認知した相手は
あなたと同じ感情になり行動になります。
これが関係性が悪くなる負のループです。


人間関係は、
通常のコミュニケーションを円滑にする方法とか
自己啓発の専門書を読んだくらいでは解決しません。

どういうことかと言うと
人間関係は絶えず変化しているからです。


例えば、
あなたが今、幸せと思うか不幸と思うか
同じ状況にも関わらず、捉え方ひとつで
一瞬で人生観や価値観が変わることがあります。

結局、人間関係は変化することを前提に
絶えず関係性を整えておく必要が
あるということです。


2017年は、よりいっそう
あなたの行動に繋がる記事を
書いていきますので、これまで同様
よろしくお願いします。



 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
ゼロ起業女性の強みと専門性を引き出し継続収入を得るコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

小橋広市

小橋広市(こばしひろ)

小橋広市プロのその他のコンテンツ

Share