マイベストプロ大阪
新谷千里

高利益を出すスーパーマーケットにするコンサルタント

新谷千里(しんがいちさと) / 経営コンサルタント

有限会社サミットリテイリングセンター

お電話での
お問い合わせ
06-6654-6640

コラム

『ローコストオペレーション』で、大いに稼ぐ‼

2019年7月23日 公開 / 2020年5月20日更新

テーマ:スーパーの業務改善

コラムカテゴリ:ビジネス

あなたの会社の営業利益は、高いでしょうか?

中小のスーパーマーケット企業(ほんの一部の優良企業を除き)の営業利益が、低位であることが現実です。
要するに、「あまり儲かっていない」のです。そして、競争環境の厳しい中で「ジリ貧」の会社も少なくありません。

その原因は、企業によって様々ですが、業務改善コンサルタントとして、私が気付く一つの共通点があります。
それは、企業全体として、オペレーション力が低く、EDLC(エブリデイ・ロー・コスト)の体質になっていないことです。

OXカートの効果的活用・相武台.png

低い人時生産性

営業経費で、ダントツに高いのは人件費です。概ね、売上対比10%以上あります。

オペレーション力が低いということは、人時生産性が低いこととほぼイコールです。
中小企業の生産性が低い一番の原因は、この人時生産性の低さです。

人時生産性をアップ出来れば、会社の収益は勿論のこと、従業員の給与も、確実にアップさせることが可能となります。
今業界で問題になっている、人手不足や人件費の高騰などの課題も解決できる方向に向かいます。

低い人時生産性の改善策を探るには、先ずは現場に焦点を当てて、生産性を低下させている『作業』や『仕組み』を見付ける必要があります。
現場の問題を解決しないで、人手不足を解決できる可能性は、限りなく低いと言えるでしょう。

営業利益を下げる原因を知る

スーパーマーケット企業にとって、人件費は最大の営業経費です。
オペレーション力が低いと、人件費率は、確実に上がってしまいます。

その他にも、販売促進費や水道光熱費などの経費全体についても、費用対効果を考えない使われ方をしている場合も多く見かけます。

例えば、集客力の無いチラシは、それ自体も無駄な経費ですが、バックエンド(粗利益を上げる仕組み)の無いチラシ(販促企画)は、特売品の売りっぱなしで、粗利益を確実に下げることになります。
そして、品出しやPOPの張替えなど、特売の準備のための作業工数を多くし、結果として投入人時を多くしてしまいます。
更に、数量管理が出来ていなければ、残品の移動や値引き作業なども引き起こし、更に人投入時を増やし、人件費は各自にアップして、粗利益も低下することにもなります。

この様に、営業利益を下げてしまう原因が、現場には多く隠れています。

売上が伸びにくい環境では、今までの『やり方』事態を見直す時期に来ているのです。
特に、人件費事態と投入人時は、重要な管理課題であるのです。

一番の問題は、問題に気付いていないこと⁉

特に深刻なことは、「オペレーション力が低い」ということは、先述しました。

オペレーションとは、現場の作業と仕組み(物流やPOS、レイアウトや在庫管理など)を合わせたものです。

実際、人時売上高と人時生産性の実績数値を見るまでもなく、店内作業や在庫管理など、実地調査をしていると多くの課題が、簡単に見付かります。

そして、「そのことに気付いていない」経営層が、圧倒的に多いことにも驚かされます。
目先の売上や粗利益だけに目が行き、コストのことに無頓着過ぎます。

営業戦略とオペレーションを合わせて考えることが、売上が伸びない時代に営業利益を確実に確保、拡大するには、特に重要です。

早期の業績改善のために投資をする

現場の課題の事例を幾つか取り上げましたが、正直社内では、なかなか課題と適切な解決策が、見付けられない企業が、多く有ります。

その意味から、第三者機関に頼んで、調査とアドバイスを受けることが得策でしょう。
費用は掛かりますが、費用対効果から考えれば、間違いのない選択になるでしょう。

一度、生産性の高い仕組みに改善してしまえば、(永久にとは言えませんが)その後の成果は確実に継続することになります。キャッシュフローが改善して、営業利益も、確実に蓄えられることになります。

会社の資産を強化する⁉

オペレーション力は、会社の『資産』です。

訓練されたオペレーションは、何年たってもさび付くことなく、多くの利益を生み出してくれます。
また、一度改善の勘所を掴んだチームは、将来的にも確実に、大小の改善活動を繰り返せるチームとなるでしょう。

そして、オペレーションの改善には、店舗改装などの様な大きな資金と比べたら、低くて済み、費用対効果は抜群の効果が期待できます。

多くの企業に於いて、既存店の売上が伸びにくい(低下する)環境です。
中長期に成長できる体質になるために、ローコストオペレーションの確立を、真剣に考えてみることを強くお奨めします。




もし、あなたが、

生産性を上げて、確実に業績を向上させたい時は、是非、サミットリテイリングセンターへご連絡ください。
100社以上の業績を大幅に向上させた、他社では教えてくれない『メソッド』が当社には有ります。

「お気軽に、「お問い合わせ」してみませんか…。勿論無料です(笑)」

サミットリテイリングセンターへのお問合せ、ご相談は、⇒こちらからどうぞ

        

この記事を書いたプロ

新谷千里

高利益を出すスーパーマーケットにするコンサルタント

新谷千里(有限会社サミットリテイリングセンター)

Share

関連するコラム

新谷千里プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里

有限会社サミットリテイリングセンター

担当新谷千里(しんがいちさと)

地図・アクセス

新谷千里のソーシャルメディア

facebook
Facebook