マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

ガニ股、足裏の違和感、腰痛を楽にしたい!

2020年6月1日 公開 / 2020年7月3日更新

テーマ:ボディコントロール

コラムカテゴリ:スクール・習い事

ガニ股、足裏の違和感、腰痛を楽にしたい!

「右足の踏み方を治したいんです」
と連絡があり
右足だけの問題ではないんですが、とお話はしたものの
時間がないということで
できる範囲で、1時間のレッスンをしました。

(最初の状態)
歪み、きつさのある立ち姿
(途中経過)
右側のみ改善
上の画像は最初の状態。
左右どちらもいい状態ではありません。
いわゆるガニ股状態です。
痛いと言われる反対側の方が気になりました。
背骨も伸びていませんし
腰に痛みもあるということ。

順を追って全身のバランスを変えたいのですが
とにかく時間があまりないので
足裏の踏み方、引き込み方をレクチャーしました。

下の画像は右側だけ足裏をしっかり使うことをやってみた後。
足裏自体は固まってはおらず、単品ではよく足裏は使えるのですが
土踏まずを伸ばす感覚はおありでなかったので
これにかなり時間がかかりましたが
なんとかできるようになられて
引き込みもやってみると
それだけでも右足裏の違和感と右腰の痛みはなくなりました。

足裏の踏み方で脚の形はどれだけ変わるか知っておこう(2018年2月1日)
骨盤幅に脚を収納してスッキリと長く使える脚に(動画あり)(2018年8月18日)

(両方の練習後)
両方やってみた後
やはり、気になる左側の方が充分に戻ってくれません。
体全体、体幹部分をよい状態にしないと
その時だけのことになってしまいます。

個人差はありますが、体全体を整えていかないと
少しずつでも楽になる方向には行ってくれません。
今月実際にご一緒にレッスンすることになりました。

体が親しみ慣れた長年の習慣を変えるのは
一筋縄ではいきません。
一度でも体は劇的に変わりますが
自分でできるようになるには、どんな人でも時間がかかります。

体は子供の成長と同じです。
教えられたことを1回でできる子供はそうそういません。
何度も繰り返し教えられて、少しずつできるようになるものです。
体を意識することは、一夜で身につくことではありません。

「体を意識する」と言うことを
されない人が圧倒的に多いのです。
意識の習慣化が、無理なく正しく自分のものになるまで
自分の体に目を向けて、意識することが当たり前になるまで
繰り返していくことが大切です。

痛みのない体は一夜にしてならず。
ご一緒にできることをやってみたいと思います。

体幹を作るあらゆる要素を含んだ「美しい」正座は究極のストレッ(2020年2月7日 )
新規講座の告知は、間もなく。今しばらくお待ちください。
2020年6月 月1クラス再開いたします!
月1クラス・WS
定期クラス再開いたします!新規受講者募集!
パーソナルwebレッスンは継続して参ります。
登録希望・お問合せ
お問い合わせから「パーソナルwebレッスン登録希望」と
お送り下さいませ。
これからご登録頂く方については
ひとまず登録させて頂き、準備が整いましてから、他の企画も合わせ
ご案内、申込フォームをお送りいたします。
オンラインレッスンをお受けいただいた方のご感想(2020年5月15日 )

うまさきせつこHP他

HP
せつこのゆったり自分コントロール

ワークショップ
          

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこモダンバレエ研究所)

Share

関連するコラム

うまさきせつこプロのコンテンツ