マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

脇を引き込むとは?

2019年12月6日 公開 / 2020年1月23日更新

テーマ:ボディコントロール

コラムカテゴリ:スクール

脇を引き込むとは?

私のコラムやレッスンでよく出てくる

「脇を引き込む」

というキーワード。
どういう意味?と思われる方もあると思います。
腕から体幹につながる流れを作るという意味なのですが
腕を自由に使う、体幹を安定させて素早い動きや
強い力を出す、安定した状態にするためには
腕を肩甲骨から背骨につなげて体幹全体と連動させてやって
体幹でコントロールしてやらなければ
不安定で、腕ならば腕だけでしか使えません。

材木2本を釘で止めただけなのと
一方にへこみ 凹 を作って
一方にでっぱり 凸 を作ってはめ込んだ状態とでは
どちらが安定するか?と言えば理解できるでしょうか。
その準備が

「脇を引き込む」
「股関節を引き込む」

ということです。
(引き込めていない脇)
引き込めていない脇
(引き込んだ脇)
引き込んだ脇
上の画像は
肩を足方向に押し付けて、赤丸印のところで詰まり
肩甲骨が固まって腕や肩が盛り上がっています。
自分ではすごくがんばっている感覚がありますが
体幹とつながらず、腕は腕、胴体は胴体と滑らかな動きになりません。

下の画像は脇の下を背骨方向に向けて肩甲骨が
背骨周りの筋肉から呼び寄せるように引き寄せられています。
流れは肩甲骨と肋骨の間を通って背骨につなげ
安定した肩甲骨ができると背骨が連動する、というつながりができています。

うちにいらした皆さんには、これを誘導して伝え
実際に感覚を感じてもらうので、理解されますが
お会いしたことのない人には?で
ようわからん!と思われるワードです。

随分以前にyoutubeで100万回以上のアクセスを頂いた
肩甲骨をはがす2(2013年12月2日)
では、肩甲骨は良く動くけれど、充分ではないと
つながりを考えて来て、今は骨をゴリゴリではなく
インナーの
最小限の力で効果のあることをできるつながりの感覚を
多くの人たちに覚えていただいています。

うまさきせつこHP他

HP
せつこのゆったり自分コントロール

ワークショップ
          

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこモダンバレエ研究所)

Share
関連するコラム

うまさきせつこプロのコンテンツ