まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

つながる長い脚はピンポイントでなく

ボディコントロール

2018年7月3日 / 2018年9月21日更新

つながる長い脚はピンポイントでなく

脚がまっすぐに伸びない
歪んでいる
パンパンに力が入る

こういった脚になる時
足裏は均一に踏めていない。
痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ
痛い足裏均等に踏むためのストレッチ2
足裏の踏み方で見える差
などでも書いているが
今日は踵をどんな意識で押しているか。

ピンポイントで押した踵
点から線、面にした踵
足裏から踵を押したところを撮って見た。
上はおそらく赤い点あたりをピンポイントで押している。
「踵を押す」
と言っても、踵をどう押すのか、曖昧になんとなく
押している人は多いのではないかしら。

何となく押した時には
足裏は部分に力が入っている。
この場合は足裏の外側が強く押されてたくさん前に出て
足首の内側が縮んでいる。

下の画像。
曖昧な点でなく
赤い点線で示した踵のヘリを
体幹からつなげてすくいあげるように押してもらった。
足裏はほぼまっすぐ押されて
足首も縮まず、均等に押された。
土踏まずも伸びて足指まで、つながりがある。
結果的に黄色い点線のところまで
点から線、面の感覚で踵が押せるようになる。

踵を押してつま先を伸ばす
踵を押して面の感覚があるままで
土踏まずを伸ばし、つま先を伸ばしていくこともできるし

踵を押してルルベ
踵を押して、足首やふくらはぎに負担をかけずに
ルルベすることもできる。
感覚をしっかりつかんでもらうために
低い位置でルルベしてもらっているが、
もっと低く踵が床から1センチくらいのところでもいい。

大事なのは感覚を自分のものにすることで
その場だけ高いルルベをすることではない。
踵を押す感覚がつかめて後
坐骨からつながるルルベ、ポワント
につなげていけばいい。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ