まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

逞しくなく腕を上げられますか?

ボディコントロール

2018年6月22日 / 2018年9月26日更新

逞しくなく腕を上げられますか?

腕を真上に上げたら
実際に太い訳ではないのに
首が埋まっていたり、肩が盛り上がったり
やたら腕が逞しく、ごつく見える人は結構おられる。

例えばこんなふう。

逞しく見える腕、肩
スッキリ見える腕、「肩
上の写真。
かなり逞しく見えている。
肩甲骨、脇が横に広がっている。
肩口から腕にかけて皺が入っている部分は
固まっている。

下の写真。
腕は横に広がらず、真上に上がっている。
肩口の皺が少ない。
肩甲骨が上の写真より中心に近いところにある。

どうしてこんなに違うか?
鎖骨を引き続ける意識があると肩は上がりにくく
無駄な力が入りにくい。
脇の下が外に開いた状態で上げていくと
腕は真上には上がらない。
肩は持ち上げられて肩口や二頭筋に力が入るのでごつくなる。

肩甲骨と腕の付け根が合致した幅の中で
肩甲骨から送り出すとはみださないで腕は楽に上がる。

加えて肩甲骨下から腰のあたりの状態も違う。
鎖骨を引き続けて送り出すと
そこから連動するのだ。
意識ひとつで体は全く違ってくる。

参考:肩甲骨をどう引くか
    肩甲骨を引いて腕を楽に伸ばす

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ