まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

座骨と脛骨直下をしっかりつなげられますか?

ボディコントロール

2018年4月19日 / 2018年8月16日更新

座骨と脛骨直下をしっかりつなげられますか?

昨日のコラム簡単に座骨と脛骨直下とつなげる方法
でしていること、感じられたでしょうか?

「?」と思った方は、多分足首を曲げているだけ。
繋がる状態には出来ていません。
痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ
をよく見て、再トライしてみましょう。


2番に立つ時、足のポジションだけを考えていないでしょうか。
座骨を中心に寄せてみた状態で坐骨を中心に寄せる感覚シミュレーション
そこから脚、足裏の方向を考えて立ちます。

坐骨から(体幹から)脛骨直下を押す状態で
床を踵で突き刺すように立ちます。
体幹から送り出せた状態でない時、脛骨直下を押せていない状態では
腿に力が入ります。


つながりをキープした状態であると
下に沈むことはなく、骨盤の下をかいくぐるように
踵から膝裏、股関節へと中心に向かう力と
送り出す力が双方向に働いて張りが出ます。


ルルベする時にも
脛骨直下を押し続けたまま、土踏まずが伸びて
母趾、小趾も踏める状態で
板のような足裏でなく、アーチのあるまま
つながります。
鏡に映る反対側の脚につながりがあって
しっかり伸びているのがわかります。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ